最近の記事

2018年09月24日

2018年J2第34節 ジェフユナイテッド千葉-横浜FC「いつもの場所で、いつもは変わる。」

いつもこの場所だった。千葉と初対戦となった2007年春。菅野と小村が試合後言い争いになる位完敗したのが始まりだった。私たちは千葉のお得意様だった。フクアリではこれまで9度の対戦で3分6敗。まるで勝てないことが日常茶飯事のような成績だった。いつもの場所は、敗戦を覚悟しなければならない場所だった。昨年に至っては、アディショナルタイムに千葉・近藤に逆転ゴールを決められて昇格プレーオフ進出を許した。宴の中から聞こえる歓喜の歌声を背にして引き上げなければならない苦しい試合だった。横浜にとって、千葉と対戦するいつものフクアリは鬼門でしかなかった。

このゲームはそうした空気が変わっていた。ボールを千葉に持たせてゲームをコントロールしていたのは横浜だった。千葉は攻撃に迫力がない。深い位置まで侵入しようとしてはいるが、相手を抜き切らないままクロスも突破もしてこない。千葉・溝渕が前半早めに指宿に上げたクロスからチャンスを作られたが、それ以外はほぼシャットアウト。入って来ないので、武田も齋藤も積極的にプレッシャーを掛けてボールを奪いに行き、ミスを誘う。
千葉は食いついてきたら突破しようとする姿勢はあるが、コースを限定してプレスをしている状態では縦にボールを付ける意識が高くなく横に展開はするが、横浜はスライドして対応していれば怖さは感じなかった。

横浜の攻撃はやや迫力に欠けたが、それでもイバはセンターバックとの戦いでほぼ勝ち、ボールを収めて味方を引き出した。とはいえ、分厚い攻撃をするタイミングでは千葉も多くの選手が自陣に帰陣しており、そこから速い攻撃は叶わなかった。

続きを読む
posted by おかき at 15:03| Comment(1) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

)2018年J2第33節 横浜FC-水戸ホーリーホック「距離感」

早朝、私は北爪のマンションにいた。話していたのは、横浜に移籍してきての話だったり、体調管理だったり、チームの状況だったり。8時頃になっただろうか、彼は「これから練習に行かないと」と試合当日だから行われるはずのない練習を口実に家を出ることになった。だから自分も仕方なく彼の家を出ることに。自身の車に乗って出ていく北爪。そしてそこにいてタクシーをあたふたと探す自分。そこで目が覚めた。夢だったが、今日の試合北爪がいないのを暗示していたのだろうかターンオーバーと思われた福岡戦を欠場した北爪は、この水戸戦でも姿を現すことはなかった。

この日の横浜はその北爪が不在どころか、福岡戦に出場していた野村もカルフィン・ヨン・ア・ピンも不在。代わって永田とブルーノ・メネゲウが出場。どちらも今年リーグ戦初スタメン。期待は大きかったが、それは直ぐに萎んでしまう。ブルーノのポジショニングは非常に奇妙で、不思議な状態。4-3-2-1の2シャドーなのか、4-4-2のサイドなのか守備はほとんどしない。左サイドは武田が走り回ることになる。さらに永田も厳しい。怪我をかばっているのか、相手との距離感が合ってないからプレスしているようでしていない。ゲーム勘がないといえばそうなるのか、守備では特に相手にしつこくついて回る激しさは消え失せ、遅れてカバーに回るのでは苦しい。

1失点目、2失点目とも全て左サイドを崩されてのもの。形はほぼ同じで、左サイドに長いボールを展開されて、サイドを広げられてバイタルエリアにボールを入れられて走りこんできた選手がフィニッシュするだけ。横浜は前半ここが常にガラガラでスペースを与え続けてしまった。後ろの選手は3トップ気味の水戸の選手、特にジェフェルソン・バイアーノの迫力にしり込みしたかラインを下げていた。前半最初のうちは、水戸のミスにも助けられていたが、前半31分に水戸・伊藤のゴールで失点すると前半38分にもほぼ同じ形でやられてしまう。距離感がまるであっていない。

それでも前半34分、武田の敵陣浅い位置からのアーリークロスにイバが合わせて同点にするあたりで流れが変わるかと思ったが、水戸に与えた2点目でゲームはまたしても追いかける展開になってしまった。

続きを読む
posted by おかき at 02:22| Comment(0) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

2018年J2第26節 アビスパ福岡-横浜FC「唇を噛みしめて」

博多駅で小倉に向かう特急に飛び乗って座席を確保した時、タイムアップの笛が鳴ると同時に飛び出してきた自分を少し責めていた。激しいゲームを戦い抜いた選手を称えないままスタジアムを後にしてきたからだ。そのタイミングで飛び出さないと、北九州空港すぐにあるホテルに到着するのは、日をまたいでしまうことになるので仕方ないが、ちょっとだけ唇を噛んだ。

早く出てきたことを後悔するほど、このゲームは激しいものとなった。前半の序盤は福岡ペース。サイドからガツガツ攻め込んでくる。この試合システムを4-4-2にした横浜は両サイドの藤井、武田が守備に走りまわらされる。中央では横浜キラーという福岡レオミネイロがゴールを窺う。
ただ、この時間も長くは続かなかった。齋藤が守備でアジャストすると福岡のサイドバックからのボールを遮断。福岡のサイドがボールを持って前を向く時間が短くなった。福岡はロングボールを蹴るが、カルフィン・ヨン・ア・ピンがこれを身体を張って跳ね返し続ける。2列のブロックがしっかりと機能して相手の侵入を許さない。
福岡は、ディフェンスラインのパス回しに難があると見るや前線からボールを回すが、これを上手くいなしてボールを前に進める横浜。ただ、横浜も福岡の守備に阻まれてミスを犯し、カウンターの様な形でボールを失っては攻められ全員で必死に戻ってボールを奪い返す展開が続く。

北爪が欠場した事で、攻撃の多くはイバとレアンドロ・ドミンゲスの突破に任せ、カウンター気味の鋭いアタックは時折福岡ゴールを脅かした。

後半、横浜は野村を投入。少しだけ攻撃にシフトをする。これにより行ったり来たりしてお互いのゴール前でのチャンスが生まれていく。

横浜はペナルティエリア内で放ったイバのシュートや野村のミドルシュートがブロックされれば、福岡・ドゥドゥのクロスに合わせたヘディングはGK南がパンチングで凌ぎ、コーナーキックから福岡・古賀の放つシュートには、藤井、スンジン、田代が体を投げ出すようにしてブロックしてお互い激しい闘志を前面に出してゴールを割らせない。

横浜は瀬沼、戸島と前線でポイントになれる選手を続々と入れてより前線に重心をかけて1点を奪いに行くが、ややオープンとなった一進一退の展開もそのままスコアレスドローでタイムアップ。

勝ち点1を得るにとどまった。ただ、タフなゲームとなった昇格争いのライバルに勝ち点3を献上しなかったのは意義がある。システム変更で多少戸惑いやズレもあったが最後まで体を張って凌ぎ切った。欲を言えば勝ちたかったが、それは相手も同じ。
昇格争いのライバルと引き分ければ上位に行かれることはない。ただし、それは残りの試合自分たちがすべて勝つという条件がつく。まだ大宮とも大分とも戦いは残る。本日負傷による田所の戦線離脱も発表になった。

ここからが本当の堪えどころ。まだまだ唇を噛みしめるタフな戦いは続きそうだ。

posted by おかき at 19:52| Comment(0) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

2018年J2第32節 東京ヴェルディ-横浜FC「痛い」

痛い痛い痛い。試合開始5分の北爪のオウンゴールよりも、自分のカメラが故障したこと。なのでこの試合は写真は一切なし。それどころか修理に出すので数週間は離脱。修理してしっかりして戻ってきたらそれでよいのだけど。カメラは修理すれば戻ってくるが、試合の中のオウンゴールは残りの時間で自分たちで取り戻さなければならない。

前節の様に失点しても気落ちすることなく横浜は東京Vに立ち向かっていった。ただ、5-3-1-1と4-3-3のシステムでかち合った時、横浜は佐藤謙介がボールを持てる時間もあるが、思っている以上にスペースがない。上位同士の対決ということもあり、点が入っても両者は落ち着いていた。ヴェルディは前線からのプレスはそこそこにして、ブロックをしっかりと作る。特に東京Vは守備の際に、横浜の左サイドはある程度やらせても、右サイドはガッチリと詰める。北爪の快速は封じられ、クロスでチャンスを作る武田は、敵陣深くには入れるがクロスでチャンスを作れたのはレアンドロ・ドミンゲスのミドルシュートまで結びついたものだけだった。

後半開始から、横浜は4-4-2にシステム変更してこれが当たる。前半は東京Vの3トップをCB3人で対応し、さらにサイドは相手のWBを見るというよく言えばマッチアップの面白さ、悪くというとストレスのたまる展開で横浜は数的に余る佐藤のところでボールは保持できたがそこから決定的なボールは少なかった。後半は4バックに変更して、3トップの頭を2枚で対応して、残り2人をボランチ2人で見る形は相手に前を向かせなくして、横浜がゲームの主導権を握った。北爪もボールを持って抜け出し、藤井が追い越してというシーンも出てきた。

続きを読む
posted by おかき at 14:40| Comment(0) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする