最近の記事

2018年01月08日

第23回さくらボウル 東京ワンパック-神戸大学ルークス

ひさしぶりのさくらボウルである。ここ3、4年ほどは正月を海外で迎えることも多く、さらに仕事初めではなく仕事初め直後の土日に帰国するという一見豪奢な生活をしており、さくらボウルの情報が全く追えていない。武庫川が5連覇をした辺りで止まっている。

一番の驚きは、話によるとさくらボウルは、昨年からライスボウルの前座になったということだ。以前だとライスボウルが終わり、95%以上の観客が家路に付こうとする中で閑散とした空気の中での試合だったが、富士通の関係者や富士通のファンも多くいたし、ワンパックのファンが結構いたのも驚いた。神戸大学側もオレンジ色のシャツを着て、トランペットを吹く方もいる。よくない表現かもしれないが、場所取りで来た方にも興味を持って過ごせる時間を提供できたかもしれない。

IMG_8413.JPG

次はライスボウルの中のパンフレットの紹介をもう少し何とか増やしてほしいな。選手名がわからない。あのパスキャッチしたの○○番か、何ていう人だろう。来年も来るかな。という楽しみもない。電光掲示板にリストに載せてもらえるだけでも良いのだが。。。

さて、ゲームは神戸大学の一方的なものとなった。東京ワンパックのレシーブで始まったゲームだったが、最初の攻撃シリーズをインターセプトで攻守交代すると、神戸大学はその攻撃シリーズでタッチダウンで先制。さらにその直後の攻撃でもインターセプトリターンタッチダウンを決めて神戸大学が13-0と突き放した。

IMG_8490.JPG

神戸大学のQBは運動量、そして速さが備わっていて東京ワンパックは止められない。アメフトやタッチフットは戦術が大きいとは言え、ブロックがしっかりしてスピードですり抜けられると止められない。サッカーでもそうだが、戦術は重要だけどそれを遂行できるかどうかは個人の能力によってくる。どれだけ最高の指揮官が頭で考えてもそれを実行できるかどうかはまた別のこと。
前述したインターセプトリターンタッチダウンを決めた#23熊澤も速く、この2枚がセットしたタイミングは恐怖でしかなかった。QBスクランブルか、ディープターゲットへのロングパスにワンパックは振り回されてしまった。

ワンパックは攻撃に活路を見出したいが、#77森下へのパスはヒットして前進できるがそれ以外、良い形でボールを前に進められない。QBはランが苦手なのだろうか、パッシングばかりでは苦しい。また、QBはほぼ中央にいるばかりで自分で角度を作るとか、投げられなくても流れていくというプレーはあまり見られなかった。QBはリターナーもしていることがあったので、脚力に問題があるとは思えなかったけども。ワンパックは攻撃の幅が狭かった。

IMG_8506.JPG

後半に入っても神戸大学の勢いは変わらず。ワンパックは第3Qにタッチダウンを1本返すもそれまで。着実に追加点を加えた神戸大学が勝利し、さくらボウル4連覇を成し遂げた。さくらボウルに出てくる大学は、武庫川か神戸大学という強豪で部員も30名近くいるので層が厚い。シュガーボウルやファイナルタッチを含めたら何連勝しているのだろうという強さ。

IMG_8619.JPG

個人的には、QBの力の差もあったけど、ブロックは神戸大学が速くて強いのが印象に残った。プレッシャーが速いので、QBはどうしても投げ急いだり、窮屈な体勢から投げようとするので距離や正確さが得られなくなる。球技において速さ、スピードは武器。アメフトみたいに激しいラッシュができないタッチフットだからこそ身体能力がモロに出る。戦術でそれを出させないようにワンパックも試行錯誤していたが、どうにも止められなかった。若いしスタミナは切れない。そう考えると阪神ライオッツが同点とはいえ優勝したのはすごいなぁと感心。

IMG_8679.JPG

惜しむらくは、スタジアムの開場が10時で、試合開始10時10分とか止めません?(笑)開門前から人が並び、広い東京ドームで座席に座るだけで10分近くになっていたし。それとフットボールパークイベントは良いけど、3塁側だけに配置するのも、ワンパックの選手が近いところで挨拶できなかったし。家族や知り合いを見つけられなかったとワンパックの選手たちが試合後嘆いておりました。ま、それはともかくそろそろ自分は社会人の単独優勝が見たいなと思いました。
posted by おかき at 18:18| Comment(0) | アメフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

2017年J2第42節 ジェフユナイテッド千葉-横浜FC「進化なくして昇格なし」

10位でシーズン終了。これが現実である。昨年は8位。順位の上では昨年を下回っているが、勝ち点も勝利数も得点数も失点数も昨年を上回っている。一時期は首位に立つことができた。それでも自動昇格どころか昇格プレーオフに進めない現実を受け止めなければならない。千葉の勝利を見届けながらそう感じていた。


前節と同じスタメンでゲームに臨む。試合開始から1分。ロングボールに飛び出したジョンが千葉・キムからボールを奪取すると、入れたグラウンダーのクロスを千葉・溝渕が触ってオウンゴールに。横浜が難なく先制した。前節で昇格の可能性がなくなった横浜と、勝利して松本が引き分け以下だと東京V-徳島のどちらかが勝利すれば昇格プレーオフに滑り込める千葉。


千葉は勝ちたい、勝たなければならない。千葉は攻勢に出る。受け身になる横浜。両サイドバックは前節からの急造若手2人で、千葉はここを集中的に攻めてくる。本来右サイドバックの新井と、本来ボランチの石井は対面の相手のスペースをケアをするので精一杯。高いラインを敷いて大きなサイドチェンジに千葉・町田、ラリベイが絡み千葉の攻撃を中々食い止められない。サイドのジョンと野村を左右交代させてからやや静まったかに見えた千葉の攻撃も、サイドを町田に突破されてしまう。ここで、クロスを選択せず右アウトサイドで乗せる様に放った町田のシュートは、GK高丘がクロスを想定して開けていたニアサイドを破る。不意を衝かれた高丘の反応が遅れゴールを割られてしまう。

猛攻を凌いでは、跳ね返し #yokohamafc #横浜fc #j2 #jleague #jef #フクダ電子アリーナ #jefunited

okakiさん(@okaki1104)がシェアした投稿 -



それでも、粘り強く横浜は守り続けた。サイドバックが機能しないので、サイドからの押し上げは出来ない。イバがこの試合、中々ボールを収めることが出来ず相手の攻撃を跳ね返すのがやっとの状態。これは後半も同じ。
千葉は、矢田、清武、指宿と攻撃に厚みを持たせて逆転の1点を奪いにくる。横浜は、石井を諦めて田所を左サイドバックに入れて、新井を右に。これでサイドからのクロスは落ち着かせたが、厚みを増した中央突破でピンチを迎える。後半29分にはカズを入れてジョンを右サイドバックにして5バック気味で厚みを持たせたが、如何せん横浜が自分たちで前線の厚みを失ってしまった。


ただ、相手のミスもありそれを跳ね返していたが、後半アディショナルタイムが2分過ぎた千葉のCKを千葉・近藤に叩き込まれて痛恨の失点。試合後には、東京V勝利を告げるアナウンスがあり千葉が昇格プレーオフに進出することになった。

続きを読む
posted by おかき at 22:57| Comment(2) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

2017年J2第41節 横浜FC-ファジアーノ岡山「あと一歩ではない。二歩足りない」

横浜サポーターは一様に声を失う。悲嘆する者、崩れ落ちる者、呆然とする者、三者三様にその光景を受け入れるしかなかった。勝利目前の後半アディショナルタイム2分岡山・篠原にゴールを割られてしまう。
同点では昇格プレーオフ進出の可能性がゼロになってしまう横浜は残された時間で逆転を狙う。そこにラストチャンスが訪れた。縦パスで抜けたレアンドロドミンゲスがGKと1対1に。それを押し込めば最高の逆転劇で千葉に乗り込める。ところが、J1で優勝経験もあるボール使いの名手がこの1対1を決めきれず、岡山GK一森に弾かれてしまう。そしてゲームはそのまま1対1で引き分けで試合終了。昇格プレーオフに進む事が出来なくなった。

#yokohamafc #横浜FC #j2 #jleague #佐藤謙介 #キャプテン #涙


「あと一歩」という声を試合後耳にしたが、果たしてそうなのだろうか。山口素弘監督が率いて昇格プレーオフに進んだ時も、決勝ではなく準決勝で奇策を用いて敗れている。このシーズンもよく戦ったと思うが、シーズンを象徴するかの様に前半は良い流れで先制点を挙げ、後半に失速しアディショナルタイムで息の根を止められた。今回は昇格プレーオフにも届いていない。

このゲーム前半、横浜はまずまずの展開を見せた。縦にロングボールを入れて、こぼれたボールに高い位置からプレッシャーをかけてくる岡山に苦戦しつつも、サイドへボールを動かして相手を広げ、中央ではレアンドロドミンゲスが岡山の守備を巧みに交わしてゲームメイクする。
そして迎えた前半34分、右に開いていた石井のクロスにイバがヘディングで合わせて横浜が先制。昇格プレーオフに臨むには最終節までに最低2点を取って勝利したい横浜には、喉から手が出るほど欲しかった先制点を奪った。

まだ未来はあると思っていた。
飛行機ポーズのように、イバの背中に載ってまだこの次も。

#yokohamafc #横浜FC #j2 #jleague #soccerjunky #岡山 #fagiano #その時はまだ #誰も知る由はなかった


ところが、後半ゲームは全く別の顔を見せる。岡山のサイドを使った攻撃に横浜は跳ね返すのが精一杯となる。後半開始から、ゲームの残り数分の様な展開。両サイドバックは前からボールを奪えない。タヴァレス監督は石井を高く評価しているが、主戦場のボランチで良かったのは先週の事で、サイドバックはまた別の事。このゲームを通じてよかったのは、アシストしたクロス1本だけで守備は渡邉が下がってケアしていたから難を逃れていただけだった。
新井も右サイドバックがこれまでの主なポジションだったが、左サイドに回り野村との連動に苦労していた。左サイドの2人が右利きなので、預ける追い越す動きは少なかった。両サイドが苦しむとそれに引っ張られて中盤のジョン、野村も下がる悪循環を生んでしまう。
さらに藤井をジョンに代えて投入して、石井を前にしたが右サイドで守備的に構えてしまうだけで、裏を取って岡山の攻撃を押し下げることは出来なかった。その石井を結局後半44分に下げるのは、若い石井に引きずられたタヴァレス監督の采配の間違いを認めたようなものだった。

顔を歪めながら、苦しさに耐え

#yokohamafc #横浜FC #j2 #jleague #soccerjunky #石井圭太 #岡山 #fagiano


続きを読む
posted by おかき at 19:54| Comment(2) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

2017年J2第40節 横浜FC-ロアッソ熊本「諦めが悪いのが横浜の最大の力」

10月の5試合で勝ち点をたった3つしか挙げられなかった横浜FCは、自動昇格圏はおろか昇格プレーオフ圏からも後退しなくてはならなかった。しかも直近2試合はリードしたものを終盤に追いつかれ、勝ち点4がこの手からスルリと逃げていってしまった。昇格プレーオフに滑り込むには、現実的には残り全勝しかない。上位の結果待ちではあるが、まず自分達が勝たないと話にならない。

Jeon is goal hunter✨, Ibba is jeon hunter😂 #yokohamafc #横浜FC #j2 #jleague #roasso #熊本 #goal #三ツ沢

okakiさん(@okaki1104)がシェアした投稿 -




その2試合、前半開始5分と経たないうちに失点し、自分たちの首を絞めていたが、この日は逆に横浜のゴールでゲームの口火を切った。野村の左サイドからのシュートはクロスバーに弾かれるが、ジョンがそこに詰めてシュート。これを熊本GK・畑にセーブされるが、その跳ね返りを再び押し込んでゴールを挙げた。決して奇麗なゴールではなかったけど、コースが見えたらシュートを決める意識があって、それが決まらなくても決まるまで押し込む強い意識が先制弾を生んだ。

そこから横浜は耐える時間が続く。中里の警告の累積による欠場でポジションを得たのはゴルゴこと石井。今シーズン、初出場かつ初先発。ポジション取りが曖昧だった。本来ならアンカータイプの石井を底に起きたいが、この状況でそれは苦しいので佐藤が意識して彼をケアするとどうしても中盤2枚が並びスペースを与える苦しいサッカーとなった。
エクスキューズとして、このガチガチのスタメンとコンビネーションは今週になるまでほぼない、練習試合しか出てないゲーム勘と問題はあるが、そうもいってられない。ボールを奪う瞬間はよい、奪うところのコンビネーションや奪った後の前へボールを付ける意識に課題が多かった。技術はあってパスミスは少ないが、裏返すと脅威となるパスは出てこなかった。
バイタルエリアに侵入を許すと、前線と距離が出来てボールを収めるのが難しくなる。佐藤は懸命にバランスを取ろうと中盤を孤軍奮闘するが、それが相手にスペースを与える悪循環があった。
一方を食いつかされて、逆サイドからのクロスから何度もピンチを迎えたが熊本のミスに救われてゴールを奪われなかった。




この苦しい展開を楽にしたのは、得点王の一撃。コーナーキックをイバがヘディングであわせて2-0。1点差では苦しいゲームを2点差としてゲームは後半に。前からプレッシャーにくる熊本に合わせて、ブロックを低いところで組み横浜がカウンター気味にレアンドロにボールを預けてオープンスペースに展開して熊本に主導権を握らせない。




続きを読む
posted by おかき at 22:59| Comment(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする