最近の記事

2016年09月20日

2016年J2第32節 横浜FC-京都サンガF.C. 「三ッ沢には神がいる」

まるで何かに魅入られたかの様にPKを蹴るキロス。GK南はそれをすべて読み切ったかの様に止める。そのたった約10分後、今度はエスクデロにPKを献上するも、これまた南曰く「スカウティング通り」コースを読み切りこれもストップさせた。京都には有名な賀茂神社があるが、この日詣でをするべきは神社ではなく三ツ沢だった。

IMG_9671.JPG

前節町田戦は押し続けながら引き分けに終わってしまった。6位京都とは勝ち点差が7。この試合の勝ち負けでプレーオフ圏内に入る訳でもない。重要なのは、そういう目先のモチベーションが低くなりがちな時でもちゃんと勝ち点を積み上げて相手との差を小さくできるか。そこだけだった。

前半京都が高い位置からプレッシャーに来る。本来はここをイバを使って逃れたいところであったが、早い段階でイエローカードをもらってしまった為、中々打開策が見いだせない中でエスクデロのいる横浜の左サイドを集中的に攻略される。彼はボールを持ててフィニッシュまで行けるのでブロックを食い破られた。
しかし、京都・石丸監督が言うように、その先で上手くやろうとして京都は空回りしている感があってエスクデロを押さえると京都の前線は怖くなかった。山瀬も存在感がなかった。

IMG_9398.JPG

横浜は逆に津田が倒されてFKを得ると前半13分これをイバが左足で巻くように蹴ると、ゴールに吸い込まれていった。京都GK菅野も動けない鮮やかな先制ゴールだった。

IMG_9545.JPG

この後も横浜がゲームを支配したが、前半最後のプレーでペナルティエリア正面わずかに外のところでFKを与えてしまい、エスクデロのキックはゴールを襲うが、ここにいた永田がヘディングでこれをクリアして前半終了した。イバや南がすごかったが、永田の気の利いたポジショニングは横浜を失点から救った。

続きを読む
posted by おかき at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

2006年Xリーグレギュラーシーズン第2節 オービックシーガルズ-明治安田Penta Oceanパイレーツ

この試合の観戦の目的は、今年シーガルズに加入したQBジェリー・ニューハイゼルを見る為だ。最近Xリーグでは外国人QBが増えている。今年も富士通のコービー・キャメロン、IBMのケビン・クラフト、相模原ライズのデビン・ガードナーらは注目の的だろう。外国人QBがXリーグのレベルを一つ上に上げたと言っても過言ではない。

IMG_8915.JPG

視野の広さ、プレーコールの引き出しの多さ、フィジカル、パス技術。どれも日本人QBの多くを凌駕しながらもNFLにもかからないのだから、アメリカのアメフトの層の厚さを目の当たりにした。
そして、今年からシーガルズも外国人QBを招聘を決断。そのジェリー・ニューハイゼルを見る良い機会と思いきや、この試合はスタイルしただけでお休み。残念。

IMG_8910.JPG

試合は、そのジェリーを休ませるだけの余裕があった。開始早々にシーガルズがタッチダウンを奪うと第1Qにも#85萩山へのタッチダウンパスが通り追加点。14-0と余裕の展開になったが、第2Qになり、明治安田の反撃に遭い、ロングパスを通されて前進を許すと最後は15ヤードのタッチダウンパスを許して14-7。#37加藤の51ヤードのタッチダウンランで突き放す。

IMG_8950.JPG

続きを読む
posted by おかき at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

2016年J2第31節 FC町田ゼルビア-横浜FC 「魔境に潜んでいた落とし穴」

欲を言えば勝っておきたい試合だった。自分は、試合が終わった後のゴール裏から発せられたブーイングをそう解釈していた。審判に向けて発せられた「クソ審判」コールを聞くまでは。
主審のどうしようもないような、まるでいつかの家本主審の再来を呼び起こさせるジャッジを目の当たりにしても、特に後半は横浜は相手にまともにシュートすらさせないような良い内容だった。前半手こずった町田・仲川にも前を向かせない。町田・鈴木崇の抜けた中盤は、横浜がほぼ支配していた。サイドを時折突破されたが、それでも失点をする臭いすら感じなかった。

IMG_9223.JPG

前半38分のPKは重かった。選手などの話をたどって見ると、大崎がペナルティエリア外で相手選手を派手に倒したが反則ではなく、その流れでペナルティエリア内で佐藤がカードもないままひっかかった様に見えるプレーでPKを献上。大崎はプレーとは関係なく、主審を批判したとしてイエローカードという事なのだが、佐藤の与えたPKもどうも釈然としない。

IMG_9125.JPG

そのPK。一度は南が相手のフェイントにも体勢を崩さず弾いたが、キックよりも先に選手がペナルティエリアに侵入しており蹴り直しに。キッカーの町田・中村はフェイントをかけて右に蹴って止められたので、強く左に蹴ると思っていた。南もそれに反応したが蹴ったコースが良すぎた。ゲームを押し気味に進めていた横浜が先制点を許してしまった。PKになって内心胸をなで下ろしているのは一番激高していた町田・中島だろう。彼が主張していたファウルなら確実にペナルティエリアの外なのだから。

続きを読む
posted by おかき at 21:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

第96回天皇杯1回戦 横浜FC-山形大学「お膳立て」

まさにおあつらえ向きの試合だった。普段のリーグ戦ではない天皇杯1回戦。国際化を目指していく中で、インターネットでゲームが見られないというニーズに応えるべく始めたYoutubeのライブ配信の対象。そして格下になる大学生が相手の試合。試合の数日前にベトナムメディアがアインが出場すると報じた様に、出場の条件は見事に揃ったと言っても良い。

後は、スタメンとなった彼がどれだけ力を発揮するかという部分が焦点に移る。横浜においてもどの位彼が出来るのか皆興味津々だったはずで試合前のチャントで一番多かったのはアインだった。尤も発音が違うのか、それに反応する事はなかったが。

IMG_7612.JPG

試合では中里がアインをお膳立て。ダブルボランチでアインのケアをしていた。低いところでゲームを組み立てつつ、守備に重きを置いたポジショニングでバイタルエリアは最低限締めていた。

IMG_7822.JPG

アインは自分のやりたい様にやるだけだったが、ここで露呈したのは戦術理解の差だった。彼がボールを欲しいタイミングと周りがかみ合わない。公式戦で初めてなので仕方ないのだが、彼にボールを出してもそのポジションではその先の展開として選手の距離感が遠くなってしまうから味方はパスを出しづらい。そういう意味では、アインは一歩遅れていたのだ。
それでも、時折見せるドリブル突破とボールコントロールは、現役ベトナム代表としての質を伝えていた。

IMG_7593.JPG

無論彼の出来不出来でチームがジャイアントキリングを食らうほどの状態にはなく、山形大学の攻撃を跳ね返し、CKから大崎が先制点を挙げると前半35分にはオウンゴールで追加点を挙げた。

続きを読む
posted by おかき at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする