最近の記事

2017年08月07日

2017年J2第26節 横浜FC-大分トリニータ「歩みを止めない」

試合終盤に見せた謙介の怒りの声がこのゲームを物語っていた。1-1の状況で、後半残り時間わずかで自陣からのカウンターだというのに、前線で彼を追い越していく、裏を取りに行く選手がいない。試合終了まであとわずかで、単純にベンチワークがこうした状況を招いてしまった。はっきり言って残念な試合だった。

IMG_3550.JPG

残念なのは試合開始からずっとだったのかもしれない。前半7分、大分の左サイドのクロスに合わせたのは大分・三平。小宮山もセンターバックの藤井もマークが緩く、大分はフリーでクロスを上げ、体を寄せられることもなく難しい角度のヘディングを横浜ゴールに叩き込んだのだった。この時のプレスの緩さが、試合終盤への伏線だった。この大分のサイド攻撃を横浜はほとんど止めることができなかった。

IMG_3435.JPG

それでも、前半19分、小宮山のパスに抜け出したジョンのクロスは大分DFに弾かれるが詰めていた佐藤謙介の右足のミドルシュートがゴール右隅を捉えて同点に。これで流れを取り戻したかに思えたが、それでも大分の攻撃の時間は続いた。

前半途中で中田監督は「集中しろ」と叫んでいたが、そういう問題ではなかったと思う。同点に追いついてからもジョンが下がってプレーしなくてはならなかったのはなぜか。一言でいえばディフェンスラインを下げすぎてしまった。特に小宮山は前からプレスにいけず、守備時はここがラインに組み込まれると右サイドは常にスペースが生まれてしまった。
ラインを上げるしか回答はなかったはずだが、後半より守備的に5バック的な構成にしたことで大分はサイドをよりワイドに使って横浜を揺さぶり続けた。

IMG_3570.JPG

続きを読む
posted by おかき at 01:18| Comment(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

2017年J2第24節 横浜FC-V・ファーレン長崎「事故も続けば日常になる」

とうとう失点してしまった。いや、またしても失点したと言った方が適切なのかもしれない。前半41分長崎・高杉のコーナーキックからのヘディングシュートは西河が頭に当てたものの横浜のゴールネットに突き刺さった。横浜の守備で不安があるとすれば、このセットプレー時の守備である。この試合でも何度か相手選手に抜け出されてシュートを放たれていた。高杉のゴールもファーサイドでほぼフリーでジャンプさせてしまっている。これでは。セットプレーからの失点は事故といわれやすいが、ここまで来るともはや日常に近い。

IMG_3023.JPG

前半6分佐藤から新加入レアンドロ・ドミンゲス、そこからイバへ、イバの落としたボールを野村がダイレクトで裏に抜けたジョンに。抜け出してこれもダイレクトでシュートを決めて横浜が幸先よく先制。これで勢いの出た横浜は佐藤が積極的にレアンドロ・ドミンゲスにボールを集めて、イバと縦の関係を築かせようと腐心する。ただ、レアンドロ・ドミンゲスは技術は高くともゲームを決められるほどチームに順応しておらず、セットされた守備の前には思うようにゲームメイクできていなかった。
ただ、横浜としてはボールを前線で奪われにくくなったので、ゲームを進めやすくなった。ところが、セットプレーの守備がそれを邪魔をする。前半11分のセンターライン付近からのボールでも長崎・ファンマに抜け出されてシュートを許しヒヤッとさせられた。

IMG_2918.JPG

横浜が追加点を奪えないまま、同点にされて前半終了。ゲームの流れも悪くはないが、優位ではない。

IMG_2990.JPG

続きを読む
posted by おかき at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

2017年J2第23節 横浜FC-FC岐阜 「チャンスは2度ある?」

左サイドを突破した中山からの折り返しにジョンが右足を合わせるが、ボールは左に逸れていった。決定機を外してサポーターは頭を抱えたが、このミスが次のプレーの伏線となっていた。後半17分GK高丘のゴールキックをイバが競らずスルーして、裏に飛び出していたジョンが先ほどのシーンと同じような角度からこれに再び右足を合わせた。今度は左に外さないように右足の甲のやや外側で預けるように蹴り、岐阜GKビクトルのニアサイドをぶち抜いた。同じようなプレーでのミスで、ボールタッチを修正して2度目の決定機をモノにした。

IMG_2602.JPG

2度の決定機といえば、前半主導権を握った岐阜が迎えたGK高丘との2度あった1対1を決めることができなかった。高丘は福村、古橋との1対1を悉くストップ。「自分が止め切れずに失点していたのが勝てなかった要因の一つだった」とGKのせいでもないような失点も自分の責任の一つと高い緊張感を持っているのが、高いパフォーマンスを誇っていることにつながっていると思う。

2度の大きな決定機を逃した岐阜は、徐々に攻勢を弱めていく。前半31分に阿部がイエローカードを受けたことでイバへ強いプレッシャーをかけにくくなった。イバが機能すると攻撃が回り出すのが横浜。前半ゴールは生まれなかったが、時間が経つに連れて横浜が前を向くシーンも増えていった。
後半、この流れがはっきりする。前半プレスにいって剥がされ続けたのでやや受けてたつことで岐阜の攻撃に手詰まり感が出始める。

IMG_2499.JPG
続きを読む
posted by おかき at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

2017年J2第20節 横浜FC-湘南ベルマーレ 「無情か無常か」

後半42分、小宮山は天を仰ぐ。ダイビングボレーシュートは枠の外へ外れていった。後半アディショナルタイムに、もう一度彼にチャンスが訪れた。ロングスローのこぼれ球に食らいついて身体を伸ばし頭に当てた。だが、これは湘南DFにクリアされてしまう。自身のオウンゴールを取り返す為に必死に身体を投げ出したが、ゴールは遠かった。無情にもタイムアップの笛が吹かれた。

IMG_2374.JPG

システムを4-4-2に戻した横浜は序盤から良い形でゲームを進めた。特に野村がサイドも中盤も上手くボールに絡みボールを動かし、佐藤、中里がボールを散らして左サイドを主体的に攻撃する。3バックの3トップ気味にくると想定していた湘南は、横浜を上手く捕まえることができず浸入を許した。ただ、そこは上位のチームで、形こそ崩されても最後の部分で自由にシュートを許すことはなく拮抗したゲーム展開だった。

IMG_2358.JPG

ところがである。前半35分、湘南・山根のクロスを小宮山がクリアしようとしたところ、横浜のゴールに叩き込んでしまった。オウンゴールである。意図としてはコーナーに出そうというもののはずだが、このゴールはしびれるゲームに大きな穴を開けてしまった。直接の因果関係はないが、小宮山はこの試合それまでに何でもないところでボールロストを2回しており、全体的に良い形だった横浜の中で唯一ゲームに入りきれていない印象があった。そのツケがオウンゴールという形でめぐってきたのなら残念だ。

IMG_2449.JPG

後半は横浜のシステムに対応した湘南がペースをつかむ。前半の横浜がそうやった様に左右に揺さぶり、中央を食い破る。プレスバックが運動量が落ちて効かなくなり横浜はサイドの選手を止められなくなった。

IMG_2406.JPG

続きを読む
posted by おかき at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする