最近の記事

2019年04月22日

2019年J2第10節 横浜FC-ジェフユナイテッド千葉「潮目」

後半12分、左サイドに流れていた千葉・エベルトのバックパスが流れてゴール方向に向かう。左側にポジションをとっていた千葉GK佐藤が慌てて戻りゴールライン上でクリアするが、その先にいたのは戸島。自らゴールも狙えたが、ボールを呼んだイバに応えてパスをすると、イバはそれをダイレクトで千葉ゴールに突き刺して同点となった。この得点がこのゲームの潮目だった。ここから圧倒的に横浜に流れは傾いた。



前半一瞬の隙を衝かれる形でコーナーキックから横浜は失点したが、ボールを支配していたのは横浜だった。特に左サイドのウィングバックに入った中山が千葉ゲリアを圧倒。縦に抜けて良し、カットインして抜け出してシュートを放つなど千葉の守備陣に混乱を招いた。
その一方で、千葉の為田と北爪のマッチアップはスタメンを見て想定していた通り非常に激しいものがあった。千葉江尻監督がここに為田を配したのは北爪のカウンターを警戒して押し込んでおきたい意図があり、実際に千葉は為田と工藤が右サイドで起点になっていた。
それでも、横浜は千葉の脆弱な裏のスペースを有効に使って、その北爪が抜け出してシュートを放ったり、北爪のクロスに戸島がフリーで飛び込んでシュートを放つシーンもあった。ゲームとしてはまずまずの感触はあった。ただ、「リズムが良くない」と奥寺康彦取締役が言う様に、分厚い攻撃というよりもその場のアレンジになってしまっていた部分はある。隙はあるけど、連動性が低いから奪われるとそこでお終いという状況は多々あった。横浜は左サイドの中山がスピードでゲリアの裏を取れる事がわかってから、目に見えて左サイドの突破の回数が増えた。右サイドは耐えつつ、左サイドに活路を見出そうとしていた。



千葉の攻撃も為田のいるサイドを除くと脅威は少なく、佐藤寿人に抜け出されることもなければ、クレーベに弾かれてボールを支配されることもなかった。しかし、前半30分、千葉のコーナーキックから工藤に技ありのシュートを決められてしまい先制を許してしまう。自分たちの時間が長い中での失点をどれだけ早く切り替えられるか。

この流れを変えるべく、後半からイバが登場。これで前半から裏のスペースが空いていた千葉の守備陣をもっと後ろに下げさせられる。イバが作ったスペースを横浜は前を向いてゲームを支配出来た。




続きを読む
posted by おかき at 19:54| Comment(2) | 横浜FC2019観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

2019年J2第9節 大宮アルディージャ-横浜FC「最適かい?」

タヴァレス監督の目指しているサッカーってなんだっけ?とゲーム中考えていた。ゲームを見ていてもそれが何なのかイマイチ理解できないでいる。終盤のゴールを奪ったパワープレーは誰が見てもわかりやすいけど、それがタヴァレス監督の目指しているものではないはずだ。とはいえ昨年上位に躍進した原動力となった5-3-1-1のシステムもここ数戦は採用していない。昨年は堅守速攻で3ボランチと5枚の守備陣でボールを奪ったら、サイドバックは高い位置を取り、両サイドのボランチも攻撃に絡む、中盤の選手はタフネスさが求められるハードなサッカーだった。
今年は攻撃で得点が取れないと見るや、前線を3トップのような形にしてダブルボランチにしてゲームに臨んでいる。しかし、これは臨んでいるだけだ。言い様によっては、チームで一番バランスの取れた、もっともよい形を目指しているとも言えるが、結局のところ個人能力に任せてその最適解を探しているに過ぎない様に感じるのだ。



最適解を見つけられたら昨年の様な快進撃はまた来るのかもしれないが、サポーターもクラブもそれをいつまで待たないといけないのだろうか。最適解というのはあっても、怪我人や累積警告で選手は入れ替わる。その度に最適解を探していたらゲームにならない。まさしくそのゲームにならないのが今だと感じる。つまり、よくも悪くもこれがタヴァレス監督のサッカーである。戦術的な軸はどこにあるのだろうか。試合毎でよかった部分を次に生かす為に、2ボランチにしてみたり、4バックにしてみたりと指向性がはっきりしない。

前半途中から横浜が停滞し始めたのは、大宮の守備をかいくぐれなかったのと後ろからのつなぎが上手くいっていなかったから。ボールは常に佐藤謙介に集まり、ここから散らすことで横浜の攻撃は始まるのだが、受け手との距離があり、リターンされたボールを狙われてこの時間で何度かボールロストを強いらされている。守備でしっかりブロックを作って、出し手よりも受け手を先を見越してケアされると、横浜はゲームを作れなかった。カウンターを待っている相手をどう切り崩すか。
両サイドの選手も高くない。前線の3枚と佐藤だけではどう考えても攻略は難しい。両ウィングバックは背中のスペースへの侵入を恐れ縦にポジションをとれず。左サイドの袴田は左利きで左を止められると内に絞ってしまい、前を塞がれるとボールを戻してしまい左サイドは停滞した。

ロングボールはオフサイドになった。これは少し意外だった。もっと深いところで跳ね返すイメージをしていたが、大宮・高木監督は横浜で昇格をした時とは違い、細かなラインの上下でイバの動きを封じ込めた。イバがオフサイドラインの戦いをしている時にレアンドロ・ドミンゲスはパスを欲しがるばかりではパスは出てこない。そのイバとレアンドロ・ドミンゲスの間を駆ける斉藤の奮闘が空しい。



佐藤が試合後語った様に、「後ろ5枚そろっているのにもかかわらず長いボールがなぜか通ってしまう」。5人のラインが一列で相手を跳ね返そうとしているだけでは守備にならない。5枚も選手がいたのに、クロス1本が入って裏を取られるとその守備は無力化。前半29分、大宮奥井がクロスを上げると裏に抜けたファンマデルガドに通り伊野波が追いすがってボールを足に当てるも、彼のシュートは横浜ゴールを捉えたのだった。



この退屈な試合の流れは後半になってからも変わらない。それどころか後半9分、大宮のペナルティエリア付近の斉藤のFKは低くて跳ね返されると、大宮の選手が拾ってそのまま敵陣に。スルーパスから抜け出されるとこれまたカウンターで一目散に飛び込んできたファンマ・デルガドに2点目を決められてしまう。日本代表がワールドカップでベルギー代表にカウンターを食らって負けた時と同じ14秒。自陣付近にいた選手を除くと必死に戻って来たのは佐藤とキャラだけ。田代はファンマに追い抜かれているし、斉藤も足を緩めてしまっている。

2点差になっても横浜ベンチには動く気配もない。悠然と時間だけが過ぎていく。少しだけ余裕の出てきた大宮はプレッシャーが緩くなり横浜は前を向いてボールを捌ける時間が増えたが、それでもサイドの選手はまるで存在感がない。選手をどれだけ並べても、その選手同士がまるで機能していないのだ。



やっと重い腰を上げたのは、失点してから15分後の後半24分。北爪を入れ、そして26分には戸島を入れて2トップにして4-4-2とシステムを変更。後ろからフィードを蹴れない川崎をここで使う事の利点が見えなかったし、中盤では後ろで程フィードを蹴れない田代をボランチ起用も裏目。田代がセンタバックに下がり、ボランチを佐藤と伊野波にして横浜はやっと選手同士がつながり始める。サイドの深い位置に侵入し始める。

横浜としてはイバを下げて瀬沼を入れてロングボールで点を取る形に。とにかくしつこくサイドからクロスを入れる。大宮守備陣も前からのボールは怖くなかったが、サイドからのボールには隙があった。後半41分右サイドから大きな弧を描くクロスを佐藤が入れるとファーサイドに飛び込んだ戸島がヘディングでゴールを決めた。



これで1点差にしてなおもロングボールから同点を狙った横浜だったが、2点目は奪うことが出来ずタイムアップ。2-1で敗戦を迎えた。横浜はあまりにも無策だった。
昨年も選手やシステムを弄って最適な形を見つけた。ところが今年はどうだ。もうシーズンの1/4は終わりかけている。ここから昇格を目指せるのか。気になるのは、このやり方なら来年昇格しようがしまいが、監督が変わらないとチームの戦術的な上積みはないということははっきりした。だったらタヴァレスに固執する理由もない。過去の彼の監督歴を見ていると3年以上続くケースはほぼない。横浜としても、毎年シーズン頭から組み合わせを見つけるだけで何試合も浪費する監督は昇格に貢献しているとは言えないはずだ。これはシステムの問題ではない。様々な可能性やバランスを見て起用して結果的にマイナスになっている。戦術は万能ではない。どんな戦術もリスクはある。それに目を当て続けたら前を向けない。いいとこ取りはできないのである。

この敗戦で15位となった。いつもの横浜らしいこの順位は最適かい?違うだろう。負けて「いつもの」なんて言いたくない。「序盤と言えば序盤」「後で勝ち続ければいい。」そんな根拠も確証もないそんな言葉は今は受け入れられない。
posted by おかき at 20:13| Comment(2) | 横浜FC2019観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

2019年J2第8節 横浜FC-アビスパ福岡「オープナー」

とんと野球を見なくなってしまった自分に、今年気になるニュースが届いた。日ハムのオープナーとショートスターターの戦術である。詳細な狙いなどは省略するけど、前者は先発に抑えの投手を投げさせて相手の上位打線をきっちり抑えた後にロングリリーフの投手を投げさせることで、後者は先発は5回を投げて勝利投手の権利を得る得ないという前に短い投球回で下げてしまうことを言う。4月4日松山からオフィスに戻り、夕方ニュースを見るとハンカチ王子こと齋藤佑樹が序盤で捕まりそのままチームは敗戦。ただ、監督やコーチ陣は元々序盤で交代させる予定だったという話をしているようで、自分の中の好奇心が上記の戦術を調べるに至ったのである。



そう考えてみると、この日のキングカズこと三浦知良の先発はオープナーとしての役目を果たしていると言えなくもないのではないか。サッカーでも先発はその日の最高のメンバーでそのメンバーでいけるところまで行って、負傷や疲労、あるいは戦術的に上手くいっていないケースで控えの選手と交代させるのが一般的であるが、現在のチーム状況を考えると思い切って後半勝負で割り切る戦いをする方が有効的なのではないか。
カズ自身が岐阜戦で「最低限、五分五分の中で、0−0で渡せました。」と語った様にこの試合もそういう狙いがあったのではないかと感じている。運動量もなければスタミナもない。ただ、足元に入った時は最低限のプレーが可能である。となるなら、後半から流れを変える役割を求めるよりも、前半で彼を使って相手のスタミナを奪う事に意味があるのではなかろうか。イバのパフォーマンスが中々上がって来ない中で、後半フルスロットルで戦わせるにはと考えると、カズの動きはオープナーともいえる。

そのオープナーがフィールドから退いてからゲームの幕が開く。前半は両チームともにチャンスらしいチャンスを作れなかったが、カズが退くのが合図かの様に、福岡がPKを獲得。北爪が福岡・松田の足を引っかけたというジャッジだったが、これはやや辛め。この日の主審は、榎本一慶。何度も横浜はこの主審に苦杯を舐めさせられてきている曰くつきの主審で、横浜のサポーターにとっては「またか」どころか「いつものこと」位にしか感じないレベルのジャッジだった。

そのPKを福岡・ヤンが決めて福岡が先制。この後、横浜は一気に2枚替えで佐藤謙介と戸島章を投入。オープナーの王様が去った後、先制を許したら残り時間は約30分しかない。

後半16分で3人の交代を終えた横浜はゲームを支配した。佐藤が中盤でボールを捌き、中盤が安定した。安永、田代のコンビではどうしても田代が安永の面倒も見ているし、最終ラインにも声をかけ続けているのを見ているとちょっと役割が多すぎて田代が自身のプレー以外の事で疲弊してしまっている。チームが不安定なので、+αの事をする、しないといけないのは仕方ないが、あまりも酷だ。



そして佐藤が入って一番変わったのは、ボールが斉藤に集まり始めること。これには伏線もある。後半14分くらいの斉藤のグランダーのクロスをレアンドロ・ドミンゲスはフリーだったが芯で合わせられず。このシーンを見て風向きが変わり始めたと感じた。フィールドで圧倒的な能力を誇示してきた彼のあるまじきミス。毎試合の様に抗議でイエローカードをもらうシーンも、得点やアシストという結果を見せてきたから許されてきた。だが、あのミスは痛恨だった。



続きを読む
posted by おかき at 03:41| Comment(4) | 横浜FC2019観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

2019年J2第7節 愛媛FC-横浜FC「背番号23を見て思う」

背番号23をなぜつけているんだろうなぁと試合が終わった余韻を噛みしめながら考えていた。チームやクラブの指示なのか、あるいは本人の希望なのか。もっと少ない方が良いとかそういう話ではなくて。ある日本人選手の活躍になぞらえてこの番号にしたのなら中々面白いなと。

それは香川真司。セレッソでの活躍からドルトムントへ移籍して背負った背番号が23。セレッソ時代レジェンド森島から受け継いだ8より、自分は23のイメージの方が強くなってしまった。彼のプレースタイルと斉藤のプレースタイルは似ている。ボールの受け方、シュートへの意識、スペースの使い方抜け方、アジリティ、身体の使い方も小さいから故にかいくぐる術も似ている。一サッカーファンとして香川を見た時と同様のインパクトのあるゴールとその動きだった。その斉藤光毅のプロ初ゴールはチームを救う決勝点となった。



前節も「また」アディショナルタイムに失点、そしてこの試合でも「また」前半アディショナルタイムに失点。お約束となりつつあるこの病に横浜は支配され続けた。

逆に横浜は、キャラのロングボールをサイドに流れていた戸島が擦らすと、袴田がオーバーラップし左足でクロスを送ると、瀬沼が古巣相手に恩返し弾を泥臭く押し込んだ。古巣相手だからか派手に喜ばない瀬沼、接触で倒れている愛媛GK岡本、ファウルではないかと思い一瞬固まる観客。ゴールシーンだというのに、時間が止まっていたかのようだった。

リードした前半の大部分は苦しくはなかった。愛媛の山瀬と神谷、そしてそこに近藤が絡む攻撃は鋭さがあったが、本当に怖いと呼べるシーンは少なかった。しっかりとブロックを作っていくと、前線に蹴らない愛媛は彼らを飛ばすと中々思う様にゲームを作れずにいたからだ。袴田の軽い守備からピンチを迎えたがそれでも決定力のなさに救われていた。
しかし、前半アディショナルタイムの失点はこれまでと同じで失点の匂いのしなさそうなところからエアポケットに落ちてしまった様にズドンとやられる。愛媛・藤本にフリーでクロスに飛び込まれてしまい、GK竹重がパンチングをする寸前でヘディングでゴールを決められて1-1の同点に。この病はこの日も治らないのか。ハーフタイム控室に退いていく横浜のイレブンの空気は負けた訳でもなかったが重かった。



続きを読む
posted by おかき at 15:52| Comment(0) | 横浜FC2019観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする