最近の記事

2019年09月17日

2019年J2第31節 横浜FC-ヴァンフォーレ甲府「インビジブル」

後半29分カウンターの形から中山が抜け出して、GKと1対1になる直前だった。甲府リマが戻って、中山を手のひらで抑え込んで倒した様に見えたが、井上主審は反則を取らなかった。DOGSOの状況ではあるが、そもそも反則ではないという判定である以上、見えていなかったのか。井上主審は副審とコンタクトを取っている様に見えるが、副審も旗をあげていないので、審判団として反則ではないという事になる。

見えていないものを推測でジャッジしてはいけないのだが、とはあの状況で腕を入れていたのは、反対側のアウェイ側の自由席にいた甲府サポーターでも認識できているので、あるとすればその手が倒れる程のものではなかったということになるだろうか。中山が倒れる程プレッシャーをかけておいて、影響はなかったとするのも苦しい。見えていないと言えば、誤審でも許されて良い訳ではないはずだ。主審も副審も長い瞬きでもしていたのだろうか。

今、瞬きせず見ていて欲しいのは横浜の選手だろう。その旗手は松尾。前半8分レアンドロ・ドミンゲスのパスを受けて、加速してドリブルのまま甲府・小出を置き去りにしてラストパス。右サイドから飛び出してきた中山は難なくゴールネットを揺らすだけだった。横浜が幸先よく、昇格争いをしている相手に先制点を奪った。
もう一つ、イバの無駄走りが見えないアシストを生んだ。彼が松尾と並走していくことで、甲府はリマが彼へのパスコースを消しに内に絞った。甲府・佐藤もイバに追いすがった。そこで裏にいた中山をフリーにできた。巨漢FWは得てしてスピードに欠ける事が多いのだが、イバの場合はサボらずしっかり上がった事でマークを引き付けた。



ただ、そこからゲームは甲府が支配する事に。甲府ドゥドゥの神出鬼没なプレーに翻弄されてしまう横浜。ボールをキープできる選手が出てくることで押し込まれて、中々自分達のボールに出来なかったのは下平監督も述べている通りで、前半は総じて甲府がラインを上げながら左サイドでゲームを作って、右サイドで決めに来るサッカーを展開していた。前半16分その右サイドで松井の犯したファウルによって与えたフリーキックを、甲府ピーター・ウタカに決められてしまう。オフサイドラインが下がるタイミングを外して飛び出してフリーでヘディングを決めた。DFからすると一瞬視界から消える動きは嫌らしいの一言で、昨年徳島で見たコンディション不良なウタカはそこにはいなかった。

それでもここから動じないのが今の横浜。甲府の両サイドの湯澤、内田に押し込まれるもここも中山、松尾がキッチリと付いて自由に仕事をさせない。ドゥドゥは厄介な存在ではあるが、低い位置でボールを動かしているのは怖くない。

前半1対1で終えた横浜は、後半早速チャンスを迎えた。武田から松尾、松尾が内に絞りながらイバへ、イバからオーバーラップしてきた武田に。武田のクロスは跳ね返されるが、レアンドロ・ドミンゲスがダイレクトでボレーシュート。これもクロスバーに弾かれるが、詰めていた中山が誰よりも早く反応してヘディングで押し込んで逆転した。
クロスバーに当たった瞬間、中山だけはいち早くジャンプしている。甲府湯澤が気が付いた時には既に中山はシュートを放った後だった。



続きを読む
posted by おかき at 01:00| Comment(3) | 横浜FC2019観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

2019年J2第29節 横浜FC-鹿児島ユナイテッドFC「みすみすと」

鹿児島ニウドが後半31分レッドカードで退場になってから横浜はさらに得点を加えるチャンスがあった。しかし、イバをはじめ横浜はそのチャンスをフイにし続けてしまった。数的不利になった鹿児島にもチャンスらしいチャンスを作らせないままタイムアップの笛が吹かれた。5-1の圧勝で横浜は連勝を重ね、11戦負けなしとなった。イバが2得点、中山が2得点、松尾が1得点と前線の選手がゴールを挙げた。記録としては素晴らしい。素晴らしいのだが、何か引っかかる。

そう、多くはミスからのゴールである事だ。前半17分、鹿児島GKアンがバックパスのトラップをミスしてコロコロとボールが中山の前に転がってしまった。それを奪った中山は、左足で綺麗に流し込んだ。鹿児島は、夏の移籍期間で新しい選手が加入するのと時を同じくして、サッカーの内容も以前の対戦の頃から変遷している。5月の雨中での鴨池での戦いでは、カウンターに近いサッカーが多かったがこのゲームではGKアンが高い位置を取りパスを回して、ショートパスと中盤からの飛び出しでゲームを作っていた。
GKがボールを繋ぐのは横浜もしているが、こういうプレーはリスクもある。チームで一番ゴールに近い選手がミスをするとそれは即失点になる。



カウンターから中山のクロスをファーサイドで松尾が押し込んで追加点を挙げた前半24分に続いて、前半34分にまたしても鹿児島のプレゼントパスが横浜のゴールをアシストする。横浜のスローインのボールをカットした鹿児島八反田が自陣に戻すと、パスはイバの足元に。ボールを奪ったイバは追い越していく松尾にパス。相手を引き付けた松尾は、イバにボールを戻すとイバのパワフルなシュートはネットに突き刺さった。



続きを読む
posted by おかき at 19:07| Comment(0) | 横浜FC2019観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

2019年J2第28節 FC琉球-横浜FC「楽しかった」

「楽しかった」と言って席を立ったのはベンガラ色のシャツを着た琉球サポーターだった。もっともその直前には「負けたけど」という言葉はつくのだが。横浜は1-3で勝利。10試合負けなしとなったが、後半の試合内容を見ると安穏としていられるものではなかった。彼らが楽しかったと言っていたのは、この夏の移籍期間でFC琉球に加入した小野伸二のプレーが見られたことに他ならない。

彼の登場までは横浜の時間だった。夏の移籍期間で、鈴木、和田、増谷を失ったチームは縦にボールが入らず横浜がゲームを支配。天皇杯もあり中2日で臨んだチームだったが、ターンオーバーを敷いたチームはほとんどの選手がフレッシュな状態でコンディションに不安はなかった。
先制点は横浜だった。ショートコーナーのボールを齋藤が左足でミドルシュートを放つと琉球GKカルバハルも反応出来ない絶妙なコースとスピードでゴールネットを揺らした。これがリーグ戦としては今シーズン初めてのゴール。「功佑には厳しい」とあるサポーターの方からいただいたことがあるのだが、これまで味方がそばにいると捌くことばかりになっていて、積極性が感じられなかった。ポジション、シチュエーションが同じではないが、打てる時に打たない。天皇杯では仙台大学戦で見せたボレーシュートもそうだし、直近のF・マリノス戦では斉藤光毅がボールを受けて、それを追い越し、出てきたスルーパスを流し込んだ。目の前はGKとゴールしかない。パスをする味方もいない。自分しかいない。そういうシチュエーションが彼のインスピレーションを呼び覚ましたのかもしれない。



前半10分に幸先よく横浜は先制したが、迂闊なミスから同点にされたのが前半19分。琉球のロングボールに競ったのが、残っていた琉球・西河。彼が競ってこぼれたボールにGK南が飛び出すも、一瞬躊躇したところを琉球・上門に角度のないところからシュートを放たれて同点に追いつかれた。

一瞬嫌な空気になるが、逆転を続けている横浜はその3分後、イバの前線からのプレスでボールを奪い、齋藤から裏に抜け出した松尾にパスが出る。琉球GKカルバハルが飛び出してくるが、これを見てしっかりと逆方向に浮いたボールを流し込んで1-2と逆転。この日もレアンドロ・ドミンゲスはスタメンではなかったが、そのポジションに入った齋藤功佑が1ゴール1アシストと結果を残す。山口戦では斉藤光毅も結果を出している。ポジション争いが激しく、出た選手が結果を出す。その好循環がさらに3点目をもたらす。



前半アディショナルタイムに左サイドの松尾が中に折り返すと、中山がミドルシュートを放つ。カーブがかかりポストギリギリのところに吸い込まれていった。齋藤と松尾が決めて、同じ世代の自分も決めたいという気持ちもあっただろうし、決めないとポジションがなくなるという緊張感もある。前半だけで3ゴールで試合を決めてしまった。

続きを読む
posted by おかき at 20:24| Comment(0) | 横浜FC2019観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

第99回天皇杯 横浜F・マリノス-横浜FC「静かな」

令和最初の横浜ダービーは静かに始まり、静かに終わった気がする。横浜サポーターの煽りや盛り上がりとは相反する様に、テレビやインターネット上での中継はなし。昨年あったような黙とう時のチャントという物議を醸しだす行為や、先日の浦和戦でマリノスサポーターが起こした様な乱闘劇があったことも影響しているのかもしれない。神奈川県サッカー協会と横浜市サッカー協会が連名で取り決めをリリースし、差別的行為については厳罰が明確化されたこともあるだろう。
横浜は試合前にLINEでカズと中村俊輔のレジェンド2人がスタメンである事を伝えた。10年以上所属するカズはともかく、他のクラブや日本代表で中心選手だったとは言え、このクラブでは2試合しか出場していない中村俊輔をこのクラブのレジェンドとはまだまだ多くのサポーターは認めないだろう。映える事しか考えていないクラブもダービーの意味を理解していないような気がした。「負けられない」ではない。「勝つ」。そういう意識が足りてなかった。



ゲームは序盤からF・マリノスがボールを支配。お互いにリーグ戦では控え中心のメンバーで、F・マリノスはこの夏に移籍加入した選手を加えながら感触を確かめる。横浜は控えメンバー中心で、カズと中村俊輔という運動量の少ないメンバーがいてはどうしても守勢に立たされてしまう。横浜は低い位置から繋ごうとする姿勢はあったが、プレッシャーを受けてはボールを失うという最悪の出来でゲームは進んだ。GK辻は、低い位置からボールを繋ごうとしたが、味方が3人、相手も3人の状態で無理に低い位置でボールをつなごうとする愚策を披露。F・マリノスが途中からペナルティエリア手前に3人並べているのに、監督に言われたことをそのまま愚直に実行するのは、無策としか言えなかった。かと言って、時折ロングボールを蹴るがキックミスばかりで、F・マリノスは苦労せずしてボールを奪う事が出来た。これは後半、F・マリノスの運動量が落ち、味方が3人セットする前にどんどんボールを動かしていくことで解消されるのだが、それまでは横浜サポーターはフラストレーションを貯め込み続けるしかなかった。
横浜ダービーという事で、テンションの高いサポーターと対照的にチームは相対的に低調なパフォーマンスを続けた。後ろはバタバタして、前線は運動量が少なくボールが収まらない。



現実的には、格上となるF・マリノスを相手にして前半無失点で行き、後半イバ、斉藤光毅の投入で流れを持っていきたいという目論みが見える横浜としては、下がりながらも大きな破綻だけなければよく、サイドに構えた大津、遠藤を自由にさせない事が肝だったが、それは前半21分で消えてしまう。
前半21分、F・マリノス中川が左サイドのクロスを裏に抜け出して合わせてシュート。転がったボールは横浜ゴールに吸い込まれた。失点を喫した事で、目が覚めたのか横浜もやや自由にゲームを作る事が出来る様になった。特に左の袴田にはボールが出てくる。彼からのクロスボールは前半唯一希望があった。1-0で後半にと思ったが、前半最後のプレーでPKを献上して決められて2-0となった。この2点目が痛恨だった。

続きを読む
posted by おかき at 19:56| Comment(0) | 横浜FC2019観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする