最近の記事

2013年06月23日

2013年J2第20節 横浜FC-カターレ富山「月が導く方へ」

三ツ沢を満月が照らし出す。逆転勝ち、そして待望の黒津の勝ち越しゴールとなる三ツ沢初ゴール。苦しんでいた。もがいていた。チャンスがあっても決めきれなかった黒津に遂に光りが灯った。先制点も黒津がアシストを決めて1ゴール1アシストの活躍だった。



前半18分。中島から上がったクロスを裏に走った黒津の突破は、富山の守備陣に包まれたが走り込んできた大久保にパスを通し、大久保はキレイに流し込むだけで良かった。それまでも左サイドを中心に自由にボールを支配し、良い流れで攻撃を続けていた横浜が先制した。

しかし、得点後は富山の攻勢に押し込まれる。特にボランチのコンビネーションが合わず縦パスを簡単に通されて、ピンチを迎えるなど決して褒められたものではなかった。富山の時間帯だった後半36分。CKを富山・舩津にフリーで合せられて同点にされてしまう。



それでも昨年の状態を取り戻しつつあるのか、ハーフタイムで修正を入れると流れは横浜にやってくる。相手の攻撃をしっかりと跳ね返して、サイドでボールが収まると中島、内田がどんどん飛び出していく。そして後半7分、CKから富山DFが弾いたボールが裏に流れて黒津がヘディングで押し込んで逆転。
背番号9を見せる黒津の表情は誇らしげというよりも、これまでの悔しさとサポーターへの感謝への思いに溢れていたようだった。


続きを読む
posted by おかき at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2013観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

2013年J2第19節 ジェフユナイテッド市原・千葉-横浜FC「手のひらに感じた余韻」



PKを外し手で顔を覆う大久保。サポーターも皆同じだったに違いない。この試合2回勝つチャンスがあったにも関わらず、それをものに出来なかった悔しさが滲む試合になった。ホームで初勝利をしたとはいえ、まだまだ横浜は完成していないチームである。

両チームがサイドで主導権を握ろうとするこのゲームは非常に白熱して見ている側も面白かったと思う。武岡は千葉の谷澤とのマッチアップだったが、千葉・高橋に展開力がなく彼を抑えれば崩されることはなかった。左サイドは、兵働、そしてサイドバックにコンバートされた米倉と中島、内田が対峙するが内田が献身的に攻守に絡み兵働から米倉に自由にパスを与えなかった。



総じて横浜の守備は機能していた。特に千葉・佐藤が下がってからは千葉は攻撃のテンポが遅く、横浜はポジションをとる時間も余裕もあった。前からのチェックが機能しているから、千葉の選手に良質なパスが中々生まれなかった。嫌ってロングボールを蹴ってもいいが、千葉はそういうことをしないチーム。
もう一つ、千葉のボールホルダーが侵入してきた際に、横浜はゾーンを決めてその中に入った時に初めて潰しにかかった。これは一つのワナの張り方。だからケンペスに殆ど良いパスが出ていなかったはず。単騎勝負なら、常に2対1を作る事を意識しているから、早々と得点できない算段だった。



ゲームが動いたのは後半6分。コーナーキックをペスンジンがヘディングで流し込み先制。大久保がニアに走りこんで囮になって、その裏のスンジンが良い形で合わせる事が出来た。これでゲームがすぐに動く気配はない。千葉・鈴木監督もすぐには動かない。横浜の運動量が徐々に落ちて千葉がそれまでよりもディフェンスを引き剥がせることを知っていたのかもしれない。横浜の身体を張った粘りが得点を許さなかった。

続きを読む
posted by おかき at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2013観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

2013年J2第18節 横浜FC-ガイナーレ鳥取「背番号39と書いて、"ありがとう"と読む。」

「おおくぼてつや、ヘイ!」
三ツ沢の丘を下っていると大勢の子ども達が嬉しそうに何度も叫んでいる。自分が応援しているチームの勝利は誰にとっても嬉しいものだし、また他の人の喜んでいる姿を見るとこっちも嬉しくなる。そのチャントの主の大久保哲哉のゴールで横浜は今年初めて三ツ沢で勝ち点3を積み上げた。

大久保がこの試合のそれまでの記憶を全て吹き飛ばすようなゴールを見せた。1万人以上入った満員の三ツ沢に半年以上忘れていた歓喜がやってきたのだった。



ゲームは序盤ロングボールの処理を誤った鳥取・横竹からボールを奪った大久保が先制のゴールを決め、幸先良いスタートを見せる。それにしても大久保はこの日の2得点で7点目。15試合で7ゴールならそれでも素晴らしい。この長身ストライカーには感謝しか出てこない。
横浜は前半から守備でやや下がり目になるが、それでも大きく崩れる事は少なく特に中盤の松下、佐藤は安定している様に見えた。前節と守備の分担を少し変えたところで良い方向に出ているかも知れない。



その安定している中で、黒津はチャンスを2度迎えるが決めきる事が出来ない。大久保と好対照ではあるが、監督は評価をしている。チャンスを作れている事を前向きに捉えるか、決めきれない事を悲観的に捉えるか難しいところである。結局は数字という現実がある限り、どこまでそれを我慢出来るか。私も裏に飛び出してチャンスを作れているのは黒津ならではと思うが、それを決められるだけの力が彼にはあると思っているのでこの結果がもどかしい。特にこの日の鳥取はセンターバックがズタズタだっただけに、「決めるべき」ところだったと思う。

続きを読む
posted by おかき at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2013観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

2013年J2第17節 横浜FC-コンサドーレ札幌「死にはしない。だから死ぬ気でやってみろ」

リーグ戦は多くの場合スタートダッシュが重要である。それは、精神的優位に立てるからである。もちろん終われる者、目標にされる者として標的になりやすいが、試合では勝ち点を計算しながらバランスを保って采配出来るという意味では、例えそうだとしてもやはり精神的優位は揺るがない。チームが精神的に優位だと、指揮官の描く成長曲線に沿ってチームを強化出来るし、仮にその方向が誤っていたと気が付いても修正出来る余裕がある。



山口監督が「2発殴られて」と表現したように、前半10分で2失点。特に開始1分で札幌・日高にゴールを決められたシーンは、緩慢以外の何ものでもない。左サイドをロングボールで走られ、シュートを打たれて、弾くもののそれを再び相手ディフェンダーに押し込まれたというお粗末なもの。
10分にも前田にディフェンスラインをかいくぐられて追加点を許し、0-2という精神的優位を札幌に持たれたままゲームを進めなくてはならなくなった。横浜はゲームのスタートダッシュに失敗した。



昨年見せた横浜の反攻劇を期待したが、札幌がゲームのペースを落としているにもかかわらず横浜はボールを繋ぐこともままならないまま時間だけが経過し、見所は黒津のシュートがクロスバーに弾かれたところくらいだろうか、そのまま前半終了。



後半から中里に代わって野崎を入れた。この采配自体は中盤に蓋をする為である。前半から山口監督はプレスバックして挟み込む様に指示を出しているが、佐藤も中里も一枚がプレスに行くと下がってブロックを作ってしまっていた。この部分を修正しつつ、左サイドバックに速さを求めた。
対する札幌はキャプテン河合を早々に下げてゲームに見切りを付けた。大胆と言えば大胆であるが、前も言ったがホームで未勝利の横浜に2点あれば十分なのだろう。ケガあがりの河合を無理させなくても宮澤で45分は計算できると考えた。


続きを読む
posted by おかき at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2013観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする