最近の記事

2014年02月23日

バングラデシュ旅行記 「上海の空港のベンチで虫に背中を食われた」 1/4〜5 

あっという間の5日間の滞在だったバングラデシュ。帰りは300タカでぼったくられる事もなく、空港まで到着。一緒にエムダッドさんが付いてきてくれたが、空港手前の検問で搭乗者以外は見送りの人間も入れないとかで下ろされるハプニングはあったけど空港そのものは平穏だった。

IMG_0977_20140104.jpg

14時近くのフライトで、バングラデシュの気温は20度以上の汗ばむ陽気で暑かった。この日向かうのは寒い上海だからダウンを着てるから余計に暑い。飛行機もいつもの如く遅延。中国東方航空だからなのか、昆明発着だからなのか。。ラウンジでまったりするしかない。さすが、こういう時のビジネスクラス。でも往復で12万なら正月でも安い。あんまり遅れたら昆明での乗り継ぎが。。。ビジネスクラスだから優先して乗り換えさせてくれるだろうと思いながら結局2時間近く遅れてフライト。

IMG_0981_20140104.jpg

機内では寝られなかったw昆明で乗り換えられなかったらどうしよう!ビジネスクラスなので、最優先で入国審査を突破したが、荷物が出てこないわ。と時間は過ぎ、上海までのフライトの時間がない。当初から1時間30分の国際線からの国内線乗り換えは厳しいと思っていたが。。。

荷物抱えて諦めながらカウンターに向かうと。。。何と搭乗予定の便がキャンセルになってる!仕方ない。すぐにカウンターに並んで、振り替えを聞くと浦東行きはないが、虹橋行きはあるという。翌日の朝は虹橋から羽田に飛ぶ予定だったので願ったり叶ったりだ。浦東から虹橋の深夜の移動をどうしようか考えていたところだったからだ。

続きを読む
posted by おかき at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | バングラ旅行記2013.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

2014年プレシーズンマッチ FC琉球対横浜FC その2


後半から出場の安。スペースへのカバーリング、落ち着いたボールさばきはベテランの味を感じさせたが、スピードに欠けて後半中央突破を何度も許してしまった。センターバック、ボランチとこなしたが、不安感が残る。ゲーム勘が欠けているだけであれば徐々に改善されていくか。


左サイドバックに入った永田。攻守に存在感に欠けた。中島からポジションを奪うならもっと積極性が見たい。


終盤の決定的なシュートを防いだ渋谷。ピンチらしいピンチはこの位だったが、決定的なシーンを防いだ存在感は大きい。


ソンスは突破を仕掛ける姿勢は良いが、厚いところを狙って奪われる、判断が悪いなど空回りしている。まだまだフィットしている感じがしない。

続きを読む
posted by おかき at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2014観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

2014年プレシーズンマッチ FC琉球対横浜FC その1

今シーズン初めてのプレシーズンマッチは生憎の雨だった。スタメンは、GK南、DFは右から小池、ドウグラス、野上、中島、MFは右から野村、佐藤、渡辺、寺田、内田、FWはホナウドで布陣は4-1-4-1。
昨年試行錯誤して結局完成しなかった1ボランチを今年も試しているようだ。


まずは期待の新外国人ホナウド。前線で起点となり、その役割を果たす。シュートがクロスバーに嫌われるシーンもあったが、機を見ては一人でゴリゴリ突破する姿勢は迫力十分。シュートの精度を高めたい。


こちらも新加入の南。前半のみの出場で守備機会は殆どなかった。守備がよかった部分も多いが、落ち着いていた。


大卒の野村。右サイドハーフのスタメンで出場。運動量の多さ、フリーランニングが目を引く。もう少しチームとかみ合ってくるとそれが生きてくるのだが。状況によってはセカンドトップもこなせるかも知れない。


こちらはヴェルディから新加入の小池。右サイドバックで起用された。スペースのないところでも一人で仕掛けて、抜いてクロスを上げる力がある。前半終了間際に膝を強く打ったが、数日後の練習試合にも出場しており問題なさそうだ。

続きを読む
posted by おかき at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2014観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

バングラデシュ旅行記 「ストライキに始まりストライキに終わる」 1/3 その2

オールドダッカのピンクパレスと呼ばれるアーシャンモンジールに到着。そこにはバングラデシュの軍や警察関係者がおり入る事が許されない。しかし、これには裏話がありピンクパレスは金曜日は15:30からしか開園しないのに、それを指摘しても「いいから」みたいに遮られて向かったけど、やっぱり開園時間ではなかったという訳。門の前で立ち尽くす日本人一人とバングラデシュ人一人。
さすがにこれには怒った。わからない、知らないなら勝手に案内しないでほしいと。ガイドブックもあって回るスケジュールも組んでいたのに、それを気分で阻んで結果開園時間じゃないってちょっとなぁ。

IMG_0766_20140103.jpg

旅は自己責任だと思っているから、他人にそれを邪魔されるのは一番辛い。結果、このピンクパレスには入る事が出来ないままダッカを離れる事になったのは本当に残念。ここは、東パキスタン時代から独立の象徴の場所でもあり、中は博物館になっているのだ。

IMG_0805_20140103.jpg

仕方ないので気を取り直して、次に向かうはイスラム教徒が大多数のバングラデシュにおいて少数派のヒンドゥー教の寺院ダケシュワリモンジール。200年近く前に建てられたもので、聖地となっている。

IMG_0800_20140103.jpg

続いて人混みの中向かったのはショドルガットと呼ばれる港。狭い船着き場にところ狭しと船が停泊している。バングラデシュの最大の港はチッタゴンで、ダッカは川沿いに港があるのがせいぜい。それでもたくさんの人が行き来してごった返している。

IMG_0780_20140103.jpg

こういう場所に触れるのが旅の醍醐味。逆にゆっくりしすぎて嫌がられてしまったが。やっぱり旅は自己責任だなと痛感。知り合いの家に泊めてもらうなんてのは今後はしないかな。文化を知るにはいいけど、長居するものじゃないね。色々拘束されるのが苦しくなった。


続きを読む
posted by おかき at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | バングラ旅行記2013.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

バングラデシュ旅行記 「毎度おなじみスタジアム潜入」 1/3 その1

1月3日。バングラデシュで観光出来る最後の日。ストライキも今のところないという話で、オールドダッカと呼ばれるダッカの古い町並みの並ぶところに向かう。1月3日というと日本ではまだ正月三が日でお休みであるが、イスラム教のバングラデシュでは正月だからお休みというのはキリスト教徒でもない限りない。もっともこの日はk金曜日でイスラムの休息日なので、たまたま休みだったが。

IMG_0688_20140103.jpg

さて、スタジアムが好きな自分が最初に向かったのはボンゴボンドゥスタジアム。ボンゴボンドゥとは、バングラデシュ建国の父、ムジブル・ラフマンの愛称。つまりボンゴボンドゥスタジアムは大統領の名前の付いたスタジアムである。日本でいうと「純ちゃんスタジアム」みたいになるのか。ちなみにボンゴボンドゥとはバングラデシュの友の意。

IMG_0732_20140103.jpg

IMG_0726_20140103.jpg

で、そこで突撃して入らせてもらった。中でやっているのは、サッカーバングラデシュ代表選手の合宿だとか。さすがに挨拶して回るのは、一人ならいけたが現地の人に案内してもらっていて、どちらかというと年配でそういう事を好んでない感じだったので止めた。2011年のクリケットワールドカップでも使われたらしい。

IMG_0718_20140103.jpg

このボンゴボンドゥスタジアムの外周は電気街でこの日は休日で殆どの店が開いてなかったが、開いている店を見ると携帯のSIMカードや家電を売っていたかな。
ボンゴボンドゥスタジアムの向かいのMaulana Bhashaniスタジアムはホッケースタジアム。垂れ幕に書いてあるWALTONはバングラデシュの携帯電話メーカー(notキャリア)で、何回も街で見かけたが手頃な値段ではあった。

IMG_0735_20140103.jpg

ボンゴボンドゥスタジアムの外では大統領選挙が近いからだろう朝からシュプレヒコールをしている団体もいた。

続きを読む
posted by おかき at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | バングラ旅行記2013.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする