最近の記事

2014年05月25日

2014年J2第15節 横浜FC-ジェフユナイテッド千葉 「合わせ鏡」

京都戦で「一瞬一瞬をどれだけ大事にしてプレーしているのか」と書いたのだが、この試合前に松下年からスタンドに投げ込まれたボールにはSeize the day(今を生きる)と書かれてあった。まるでそれが自分への答えのように。



序盤から横浜は千葉に攻め込まれるが、よく見ていると松下裕、安のところで引っかけてボールが奪えている。どこでボールを奪うのを決めているか聞いている訳ではないが、奪取力に長けている二人のところで奪えているのだから横浜とすればプラン通りなのかも知れない。
結果的にこれが兵働や佐藤がボールに絡むのを分断し、崩される展開は殆どなかった。左右に揺さぶられてもクロスだけなら高さで跳ね返せばよかった。

ただし、一方のチームが意図したところでボール奪取できてしまうのは、そのチームの守備が良いのか、攻撃する側に問題があるかのどちらかである事が多く、ケンペス不在の千葉が慎重になって手数を増やしてくれたお陰で奪えていたと見るのが正しいのかも知れない。



それでも結果的にボールを奪えた横浜だったが、攻撃は相変わらず手詰まり感一杯でチャンスらしいチャンスを作る事が出来ない。前半は終盤に掛けて千葉の猛攻を受けるが、それを跳ね返して終了。

続きを読む
posted by おかき at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2014観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

2014年J2第12節 横浜FC-京都サンガF.C. 「覆球不返」

GK渋谷の手からこぼれたボールを京都・大黒に押し込まれてまさかの先制点を許すと、前半終了間際にはまたしてもGK渋谷がペナルティエリア内で6秒以上ボールを保持していたと見なされて間接フリーキックを与えて、これを石櫃に決められてしまい追加点を与えてしまった。人生の中でもそうそう見かけないこの些細なミスが全て失点に繋がってしまった。ゲームはシステムを変更した横浜が良いペースで進めていただけに、余計に悔やまれるものとなった。



前節で敗れた横浜はシステムを変更し、4-4-2でホナウドと野崎の2トップで中盤はダイヤモンド型になった。これが徐々に嵌まり始めていった。今まで1トップでは、そのFWが落として攻撃が始まるがFWが収められない、あるいは落とした後のMFが裏に抜ける動きをしないので停滞していたが、2トップになりホナウドの落としに野崎が絡むのでこれが機能した。前半中盤の2人のパス交換だけでゴールに迫ったようにホナウドと野崎の呼吸は悪くなかった。ボランチを2人にしてやや低いところからサイドに長めのパスが出るようになるのは、仕方ない。



大黒や横谷へのパスもドウグラスや野上が身体を張って守る中で、GK渋谷の痛恨のミスで失点してしまうが、横浜のリズムは落ち込む事もなく失点を取り返しにいくが、ボールは支配出来るが崩しきれない。横パスを延々と回している訳ではなく、意図が見える分だけ歯がゆい。結果的にシュートは3本に終わるが、組み立ての質は悪いとは思わなかった。

続きを読む
posted by おかき at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2014観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

石の城 丸亀城

今回も横浜FCの遠征に合せて香川に訪問。28日に回ったのは高松城、丸亀城、そして金比羅宮で今回は丸亀城を。丸亀城は、JR丸亀駅から徒歩10分程度で到着。城外からも天守が見える。

DSC03374_20140429.jpg

香川というか讃岐は国土も小さくまた過去に大きな戦いも少ないので大きな城が少ない。丸亀城の現存木造天守は3層3階ではあるが、国内では最小の規模のもの。現存天守12閣の一つであり、四国では最も古い(松山城、宇和島城、高知城も現存天守)。400年以上経っても残っている。

DSC03356_20140429.jpg

DSC03359_20140429.jpg

現存天守が有名ではあるが、石の城として丸亀城は高石垣も有名で、三の丸から続く石垣は見事。天守まで計60メートル近くになる絶壁は圧巻。
続きを読む
posted by おかき at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする