最近の記事

2015年03月22日

2015年J2第3節 ツエーゲン金沢-横浜FC 「春分を前に」

セットプレーのこぼれ球だった。中島がダイレクトで右に大きく展開すると、走り込んでいた松下がこれもダイレクトで折り返す。走り込んでいた小野瀬がスルーすると、大久保がこれまたダイレクトでシュートを放つ。勢いこそなかったが、ダイレクトで放ったシュートに金沢GK・原田の反応が一瞬遅れ、セービングを超えて横浜は追加点を奪いゲームをひっくり返した。



終盤は途中出場の金沢・田中にかき回されて決定機を作られたが、特に92分の至近距離からのシュートはGK南が見事なセーブでこれを凌ぎ、横浜はこれでリーグ戦を2勝1分とした。

ゲームはもどかしい内容だった。ゲームを支配していたのは横浜で、ある程度ボールも持てるし、動かせる。前半9分松下が角度のないFKを直接ねじ込んで先制。黒津が倒されて得たこのFKが象徴するように、前半から横浜は金沢のディフェンスラインにプレッシャーを掛け続けて、金沢は後半頭からサイドバックを交代せざるを得ない状況に追い込んだ。



野上は圧倒的な存在感を見せて金沢の前線に前を向かせる機会を与えない程の強さ。前半の枠内へ許したシュートは、前半37分のコーナーキックのこぼれ球を押し込まれた失点時のみ。だからこそ、仕方ない部分があるとは言え、失点が本当にもったいなかった。



続きを読む
posted by おかき at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2015観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

2015年J2第2節 横浜FC-栃木SC 「綻び」

何度私たちは彼の才能の萌芽を感じていたのだろう。本格的にトップチームデビューした2012年には夏の町田戦で2ゴール。2013年のアウェイ熊本戦では決勝ゴール、そして昨年は自分が倒されて得たPKを自ら志願して蹴り勝利に貢献。ゴールを挙げる度に、才能が開花しはじめていると思っていた。でも昨年もゴールはその1点のみ。前節の開幕戦でも相手のバックパスをGKから奪ったにも関わらず、パスの相手を探して挙句失敗。相手を切り裂くドリブルがあるのに、なぜか相手探しをしてしまう。



その小野瀬が後半8分、カウンターで相手のバックラインに走り込み、寺田のクロスがそこにピッタリ収まった。右足で外側にトラップしてディフェンスを避けて角度を付けてシュートをゴールに流し込んだ。このゴールで固く閉じたまま閉じている才能を覆う殻が綻びる事を誰もが祈った。

ところが、その殻の綻びを感じてからたったの4分後、今度は横浜に守備の綻びが生まれる。後半12分中島が左サイドでボールを奪われると、栃木・廣瀬は素早く中に折り返し、これを受けた栃木・杉本がテホンのマークにも構わず左足を振りぬくとボールは曲がりながらゴールに吸い込まれていった。シュートが素晴らしいのもあるが、奪われてから横パス1本で失点。何とも緩い守備だ。



同点にされてからのミロシュ監督の交代も結果的に上手くいかなかった。カズを下げて黒津を、松下を下げて小池を入れるが黒津は前線を彷徨うだけでボールを収められない。縦への突破を繰り返した小池に可能性を感じたが、それでも流れを横浜に持ってくるまでには至らない。イメージとして、両サイドを縦に仕掛けられる選手を入れて、黒津をトップにいれて裏を狙う意図だが、途中出場の栃木・菅が中盤を締めたので効果的な攻撃は作り出せないままだった。



そして、後半43分タックルにいったテホンの腕に栃木・荒堀交わそうと浮かせたボールが当たったのをハンドとされて、PKを献上。このタイミングでの失点は、敗戦を覚悟しなければならないが、これを栃木・小野寺が枠の上に浮かす痛恨のミスで逆転を免れて、ゲームは1−1で引き分けとなった。

続きを読む
posted by おかき at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2015観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

2015年J2第1節 ザスパクサツ群馬-横浜FC 「タンキは損気」

「タンケは損気」そんなダジャレを思い出してしまう前半だった。群馬に今年新加入したタンケのラフプレーが止まらない。日本の笛に馴染んでいないのだろう。接触プレーではファウルを取られ、逆にプレスにいってはね飛ばされても笛は吹かれない。イライラするタンケが象徴していたように群馬は攻撃が機能していなかった。群馬は今年から監督が服部浩紀に替わり、この試合のスタメンでは前線の選手は野崎を除けばほぼ入れ替わってしまっている。ロングボール主体のサッカーとは言え連携という面は横浜の脅威にはなっていなかった。野上、テホンの2人が長身の野崎、タンケを離さなかった。



新監督という意味では横浜も同じで、ミロシュ監督が2015シーズンから新たに就任。2013年まで所属していた出戻りの選手が多い面もあるが、それでも監督が替わって再構築している最中。この試合でもボランチに入った寺田、中里の関係の甘さから縦パスを一気に通されてチャンスを作られるシーンもあった。とは言え、これは開幕戦。どちらのチームも手探り状態でゲームを進めている部分があった。



その中で決め手になるのは、個の力。前半9分、縦に入ったボールを反転して体勢を崩しながらも群馬ゴールに流し込んで横浜が幸先良い先制点を挙げた。その後は草津のCKからあわやというシュートを許すが、GK南がスーパーセーブでこれを凌ぐと、横浜は時間が経つに連れて集中力が増していった。1対1の局面でも身体を張ってボールを奪い、シュートブロックで何本もシュートを跳ね返した。そして、ゲームはそのまま横浜が0-1で勝利。幸先よく開幕戦を勝利で飾った。

続きを読む
posted by おかき at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2015観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする