最近の記事

2015年04月30日

2015年J2第10節 東京ヴェルディ-横浜FC 「良い肉の日」

両者の捻りあいに決着を付けたのは、一筋の弾丸だった。後半39分、寺田が倒されて得たFKを中里が直接壁の外側からねじ込み、これが決勝点となった。



ホームで無敗の東京ヴェルディに、横浜が挑むこの試合は前半から、両者とも我慢を強いられる渋いものとなった。横浜は今シーズン初めてスタメンに起用された永田が東京Vの攻撃を遮断する。左サイドを悉くストップし、東京Vはそれまで左サイドだったアランを右サイドに回してグッと力を掛けるもこれをいなして攻撃らしい攻撃の形を作らせなかった。この日の守備では一番の出来と言っても良い。



逆に横浜は自分達の時間があった。ここ2試合好調の佐藤と中里の中盤はセカンドボールを奪いサイドに展開。サポートも早く、前線の選手がドンドン飛び出していくが、チャンスはゴールの枠を捉えきれない。右サイドを黒津が飛び出して生まれたビッグチャンスも、野村のシュートは東京VGK佐藤のセーブに阻まれる。

前半、黒津が負傷交代で下がる。そして前線には平本、アランという大柄なFWが残る東京V。横浜はチャンスこそ作れているが、ゴールは遠い。まさしく我慢比べ。先に一枚交代枠を使っている横浜としては、消耗も考えると押し込まれる展開は避けたい。



続きを読む
posted by おかき at 12:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2015観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

2015年J2第9節 横浜FC-徳島ヴォルティス 「ジリジリと迫る暑さと勝ち点」

後半22分。佐藤が呼ばれる。前節負傷欠場の寺田に代わって登場し積極的なプレーから1アシストと結果を残していたが、寺田が復帰したこの試合はベンチに控えるしかなかった。燻っていたであろうその気持ちを吐き出す様に、彼の登場から横浜はボールが回り出す。
まるで支配者の様に中盤に君臨。相手を一気に"殺しにいく"鋭いパスは、ジリジリした暑さで包まれた三ツ沢の空気を変えた。その彼のダイナミックなサイドチェンジから、途中出場の小野瀬がゴールを奪った。



前半の横浜は後半とは全く別の顔を見せた。ジリジリとした暑さの中で運動量が少なく、自陣でもミスでボールを失いペナルティエリア近くでクリアするのがやっと。風下に立った為に、大きなクリアのボールも相手ボールになり中々嫌な流れを断ち切る事ができないでいた。
前半31分、徳島・斉藤を自由にしてしまいそこから徳島・内田にいとも簡単にスルーパスを許して失点。反撃しようにも、中盤からボールが前線に出てこない。前線の選手がボールを持っても、サポートがおらず、徳島のプレスにボールを奪われてカウンターを許す展開。結果、シュート0の屈辱。ハーフタイムにブーイングされても当然だった。



後半になって風上に立つと流れが横浜にあった。前半飛ばしすぎた反動なのか、徳島の中盤の動きが鈍くなった。前半あれだけ縦横無尽に躍動していたエステバンも思うように前線と絡めない。中盤を締めていた斉藤も交代で下がった。南のスーパーセーブでそれ以上の失点は許さなかった。それでも横浜は決定機を迎える事ができないでいた。



続きを読む
posted by おかき at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2015観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

2015年J2第8節 横浜FC-V・ファーレン長崎 「壁を越えて」

シーズン前にクラブ関係者と楠元について話した事がある。昨年の沖縄キャンプで抜群の動きを披露していた楠元はその後強化指定選手となり、今年他のJクラブからのオファーがありながらも横浜に入団。その才能について話していた時のこと。「楠元は実質今年がJリーグデビューで、大学時代に一線級とやってないので即戦力として未知数な部分が正直ある。」と言われていたのだが、この試合で大きなインパクトを残した。



前半から守備に何度も顔を出し、相手に簡単に楔を入れさせず、危ない局面で足を出して鋭いカットで長崎の攻撃陣を寸断した。次第に攻めあぐねていった長崎は、遠目からの強引なミドルシュートに頼らざるを得なくなり、前半ゲームを作れなかった。
ところが、後半チームが疲れが見えてきた27分、29分と立て続けに失点。特に2失点目は長崎・李にしっかり身体を寄せていたにも関わらず楠元ははじき飛ばされてシュートを許してしまう。それを見てクラブ関係者の言葉が甦って来たが、それをあざ笑うかの様に楠元は輝いた。素早いリスタートから佐藤の上げたクロスに身体を投げ出して飛び込み、ヘディングで値千金の同点弾を決めた。



この試合はフィールドプレーヤーの最年少の楠元のプレーに発奮したのか、最年長のカズも最年長記録を更新するゴールでその期待に応えた。運動量、瞬発力こそ劣るが、判断、予測、ポジショニングといういわゆる嗅覚で大久保の折り返しを、難なくゴールに流し込んだ。



どちらの選手も、そこにある壁を越えるために戦っている。楠元は階段を一つ上がってプロの選手達との戦い、そしてカズは自身の限界との戦い。資金力に恵まれている訳でもなく、強力な助っ人外国人がいる訳でもない横浜は、各々が立ち向かう壁を越えて成長していかなければ昇格はおろか勝利も掴めない。

続きを読む
posted by おかき at 06:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2015観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

2015年J2第6節 横浜FC-ジュビロ磐田 「良いものが見られて良かった?」

「良い物が見られた」と言ったらどっちのサポーターの声だろうか。横浜はカズのJリーグの最年長ゴールがあり、前半38分には小池が追撃弾。どこか勝手に満足してしまっていた。たった4日前、同じ三ツ沢で横浜は2点差を追いつくゲームをしたのを忘れてしまったかのように。前半ロスタイム磐田・小林に無回転FKを直接決められても、まだどこか余裕があった。



ただ、ゲームは磐田が支配していた。アダイウトンは強靱なフィジカルでゴリゴリ前に出て来るから、センターバックも引き出されて2枚で面倒を見ることになる。そして小林。昨年横浜が大勝した理由の一つは小林を下げた事と自分は書いたが、その通りの素晴らしい選手で特にモビリティ、そしてキックの技術は圧巻だ。それでも横浜は非常に集中していて、いわゆるバイタルエリアでは激しくプレッシャーをかけてミスを誘い、難を逃れた。これらを「横浜が押し込まれている」と見るか「磐田が攻めあぐねている」と見るかは人によるが、自分はリードされている磐田がもう一枚ここに加えた時にどうなるか。



その矢先、小林のFKで磐田の気持ちを呼び覚ましてしまう。小野瀬が相手選手と交錯して倒れたが、主審は笛を吹かない。倒れているからオートマチックに笛が吹かれる訳ではない。インプレー中にゲームを止めるかどうかは主審の判断。蹴り出そうとしたが、外に出せず拾われて与えたFKを決められてしまう。実際小野瀬も怪我はなかったのだから、笛が鳴らないと思ったら立ち上がってプレスに行く位で無ければダメだった。そういう意味で、横浜は甘かった。磐田はあの一撃が狼煙となった。

後半川辺を入れて攻撃的になった磐田を横浜は止められない。跳ね返すエリアがバイタルエリアではなく、ディフェンスの裏のゾーンになってきた。サイドを支配され、裏に飛び出てくる選手をカバーしてクリアするのがやっと。前線にまでボールがなかなか良い形で渡らない。



続きを読む
posted by おかき at 02:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2015観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

2015年J2第5節 横浜FC-アビスパ福岡 「嘘じゃないよな」

後半まさしく最後のプレーだった。掲示されたロスタイム4分は回っている。中里のコーナーキックは弾き出され、これで終わりかというところに構えていた寺田が利き足とは逆の左足でコントロールして蹴ったボールは時が止まった様にゴールに吸い込まれていった。起死回生の同点ゴールを挙げて、横浜は辛くも勝ち点1を拾った。



前半横浜はまったくゲームになっていなかった。松下のファウルでFKを与え、その跳ね返りを放り込まれて前線にいた福岡・酒井に詰められて失点すると、今度はスルーパスに抜け出した福岡・中原をテホンが後ろから倒してPKを献上しこれを中原に決められ、前半20分までに2点のビハインドを背負ってしまう。



ここから守りを固める福岡の前に横浜はなす術がない。縦パスを抑えられてしまい、横へ横へと回る展開。昨年のダメな時が脳裏をよぎる。上手くいかない時は成功体験に人はすがってしまう。前半時間もあるのだから回しても崩してもゴールを奪えば良いのかもと考えたのかも知れない。
時に5バックになって守る福岡の守備陣は寺田、松下にボールが入ると激しくマークに入り前を向かせてくれない。結局それを立て直すために、後ろに戻してずらして、入れて当ててを繰り返すがどうも手がない。そして、前半2点リードを許したままで終了。多分この時点で敗戦を覚悟した人間もいたはずだ。



続きを読む
posted by おかき at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2015観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする