最近の記事

2015年05月18日

2015年J2第14節 横浜FC-ギラヴァンツ北九州 「ホームで勝ちたい 勝たせたい」

中々ここまでの美しいゴールはお目にかかれないだろう。松下のクロスにズドンと巨体を傾けてヘディングを決める大久保の決勝点は。いや、そのプレーもそうだが自分を慕って応援しに来た子どもの前で決勝点を挙げる物語は出来すぎとすら感じてしまった。
後半よりバックスタンドのアウェイ側コーナー付近には、大久保の中学時代の恩師とその教え子が「大久保哲哉選手 浦賀中より 魂をこめて」と紙で作った"横断幕"を作り掲げていた。その声に背中を押されるように、大久保が登場。0-0でジリジリと動かない展開の中で前線で起点を作りたいという意図は明白だった。





前節の大分戦では引き分けとなったが、ミロシュ監督曰く「キャンプから作り上げてきた戦いの形を選手たちが存分に見せてくれた」とゼロトップのような布陣を評価し、この試合にもそれを継続して臨んだが結果はまるで逆の方向を向いてしまった。岩のように動かない北九州守備陣のスペースを見つけられず、サイドからのクロスこそあるが決定的なシーンも、ゴールを捉えきれない。前線で起点となるべき小野瀬がボールを収められない。



逆に北九州は横浜のディフェンスラインの裏という弱点を狙って、裏へ裏へと嵩にかかって攻め立てる。GK南が何度もスーパーセーブでゴールを割らせないが、北九州の方がカウンターからの狙いがはっきりしており横浜は何度もピンチに陥った。

続きを読む
posted by おかき at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2015観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

2015年J2第12節 横浜FC-カマタマーレ讃岐 「またか」

数的不利は前半39分にやってきた。楠元がこの日2枚目のイエローカードで退場。残り約1時間を10人で戦わなくてはならなくなった。それにしても「またか」である。前節の千葉戦でも1点リードされた後半開始早々に市村が退場となり残りを10人で戦わなくてはならなくなったのだ。チームとしてピークを持って行った千葉戦で惨敗し、それを取り返すべく臨んだ讃岐戦でも10人での戦いとなるとは。



それでも前半を1-0のまま折り返すと完全に引いて守る讃岐相手にほぼハーフコートマッチの形で押し込む横浜。チャンスは幾度となくあったがどれもゴールネットを揺らせなかったが、後半27分、FKを大久保が競り勝ち、その折り返しをテホンがヘディングで流し込んで同点とするとそこから横浜の時間が始まるかに思えたが、同点ゴールから4分後の後半31分コーナーキックを讃岐・我那覇に叩き込まれて逆転を許してしまう。



横浜は切り札・小野瀬を投入して同点劇を狙うが、徹底的に引き続けた相手を再びこじ開ける事は出来ず、1-2で敗戦を迎えた。



「またか」という思いは3つある。
一つは前節に続いてのリードされている中での退場劇だ。リードを許しているだけで苦しいのに、そこにさらに退場者を出すとゲームプランが難しいものになっていく。楠元とマッチアップした木島はベテランで身体の入れ方、寄せ方が上手い。駆け引きに負けた。これも経験かも知れないが、育成という免罪符は何度も通用しなくなる。「またか」と言われない活躍を次待ちたい。



続きを読む
posted by おかき at 12:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2015観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

2015年J2第11節 ジェフユナイテッド千葉-横浜FC 「リスペクト」

後半35分千葉・中村にシミュレーションとして審判を欺く行為でイエローカードが出る。勝っているチームの選手がそんな事をする必要もないのだが、この日活躍したという余裕を差し引いてもこれがされるという事は主審が舐められているという事だ。それは審判がゲームをコントロール出来ていない裏返しである。

横浜側からすれば前半だけで4枚もイエローカードが出て、プレッシャーに行ってはファウルを取られ、逆に千葉がプレッシャーに来てもファウルにならないという感覚があっただろうか。ただ、中島の繰り返しの反則や中里の後ろからのファウルなどはイエローでもおかしくないので、カードの幅がおかしいかというとそうでもない。問題は、ちょっとした競り合いでも笛を吹いたと思ったら、手を使ったファウルを流す一貫性のないジャッジ。これを見て、誰がジャッジをリスペクトできるだろうか。



とは言え、前半から横浜の出足が悪かったのは現実としてあって、中盤に激しくプレッシャーに来るチームを上手くいなせない。相手をリスペクトしすぎるというのは、記者会見の時によく負けたチームの監督が語る言葉であるのだが、この試合も千葉の攻撃リスペクトしすぎてしまった。中里は疲れなのか、攻守ともに精彩を欠いた。
彼を前半で交代させ、寺田を下げて攻撃の起点を一枚下げてよりワイドな形で攻めに出てサイドを押し込もうとしたのは良い判断だったが、その交代でギアを入れ直した後半6分に市村が2枚目のイエローカードで退場となり、そこで与えたFKを直接決められて2-0とゲームはほぼ決まってしまった。



余裕が出た千葉が下がって対応した事もあるが、横浜は10人になっても前を向いた。青木の投入は逆にチームのバランスを悪くしてしまったが、なんとかゴールへの糸口を見いだそうとする姿勢は伝わってくる。終盤さらに失点して3-0での敗戦となったが、不思議と千葉との差どうこうという感じはなかった。失点はセットプレーからの失点、自陣深いところでのミス。弱くてボロ負けするなら仕方ない。前半、失点してからも横浜は気落ちする事なくアウェイの地でも踏ん張っていた。



続きを読む
posted by おかき at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2015観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする