最近の記事

2015年10月27日

2015年ラグビーワールドカップ予選プールB最終節 日本代表-アメリカ代表

グロスターのキングスホルムスタジアムに「ニッポン」コールと「USA」コールが交互に響き渡る中思い出していた。

IMG_5631_20151011.jpg

2015年9月19日日本代表が南アフリカ代表に勝利した。歴史が変わった。何に喩えると伝わるかわからないけど、世界でも3本の指に入るようなチームを過去1勝(それもラグビーが決して普及しているとは言えないジンバブエに)しかしたことのない日本代表が撃破してしまった。その裏側とかプロセスの秘話は一般メディアに譲るとして、そこから自分が行くアメリカ戦の意味もめまぐるしく変わった。

自分がこの試合のチケットを押さえたのは、エディ・ジョーンズが日本代表の指揮を執る最後の試合になるだろうと思っていたのと、シルバーウィークには行けそうではなかったので10月の連休を利用して行く時にこの試合があったからだ。
ラグビーに興味のない人にとっては、アメリカ戦どころかワールドカップすら見向きもしなかった。ラグビーを知っていてる人も、前回前々回とカナダと引き分けているからか「どうせ本番じゃ勝てないよ。勝つより引き分けの方が可能性がある」なんて言われていた。そんな自分も強気にはなれなかったが、9月上旬にあったジョージア戦を見てこれまでの大会よりはマシでアメリカなら勝機はあるかもと密かに感じていた。

IMG_5701_20151011.jpg

ところが、あの南アフリカ戦である。一晩にして、この勝利は世界中に衝撃を与えた。五郎丸の名前とPG時のお祈りポーズは日本人の誰もが知るところになった。中3日で臨んだスコットランド戦に敗れたが、逆に厳しい日程での敗戦が火に油を注いだ。サモア戦に勝利し予選突破に望みが出てきた。面白くなったなぁと。10月9日、どんな状態になっても楽しもうとだけ思ってマンチェスターに飛んだ。

IMG_5595_20151011.jpg

しかしながら10月10日スコットランドがサモアに勝利し、日本はアメリカ戦に勝利しても決勝トーナメントには進めなくなった。これで当初の予定通りエディージョーンズの最後のゲームになる事が決まった。同じ最後だけど、全然意味合いの異なる最後のゲームになった。

続きを読む
posted by おかき at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

2015年J2第38節 横浜FC-ファジアーノ岡山 「寒いのは季節かゲームか」

先週までラグビーワールドカップやEURO予選の観戦の為、イギリスに行っていたがその熱気と言ったらまぁ凄い。カーディフでは、アイルランド人やフランス人が街を占拠しているかの様に、そこら中のパブや飲食店で飲めや謳えやのオンパレード。こういう図は中々サッカーでは見られない図でもある。
ワールドカップクラスの規模だから凄いのかと言えば、イングランドの下部リーグでも熱い。リーグ1と2(3部と4部)をそれぞれ見てきたが、現在リーグ1所属のウィガンサポーターの熱気は完全にホームチームのベリーを圧倒。アウェイスタンドを埋め尽くし、その声援が2点のビハインドを追いつく後半ロスタイムの同点ゴールを呼び込んだ。

IMG_7134_20151025.jpg

もちろんそんなゲームが毎試合見られると思ってはいないが、選手の熱ってのはプレーのレベルに関係なく、サポーターに伝播し、科学反応的にそれが広がっていくんだなぁと改めて実感したし、その逆もまた然り。サポーターが火を点ける事もある。
が、この試合に限っては何というか消化不良いや消火不良というか、どこを目指してるんだろうなぁというお寒い内容。数字上残っている降格への火を完全に消しておかなくてはならないはず。それが例えレベルの低い話であっても。

IMG_7195_20151025.jpg

続きを読む
posted by おかき at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2015観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

2015プレナスチャレンジリーグ・プレーオフ第3節 横浜FCシーガルズ-セレッソ大阪堺レディース

結果から言ってしまうと1-5の惨敗。特に後半早い段階で追加点を立て続けに許してしまった事で切れてしまった形。とはいえ、そうなるには理由もある。

IMG_6974_20151024.jpg

IMG_6883_20151024.jpg

前半序盤から横浜は良い形でゲームを支配していた。右サイドの藤掛を起点にしてセレッソ大阪堺ゴールに迫ったがここでゴールを奪えずにいると、流れは次第にセレッソ大阪堺に傾いていった。傾いた理由はシンプルで、横浜のバイタルエリアのケアが甘くセレッソ大阪堺の中盤の選手は常にボールを持つとセンターバックと対峙できた。

IMG_7048_20151024.jpg

IMG_6995_20151024.jpg

何度も見ている訳ではないからわからないが、コミュニケーションミスなのか運動量なのか。特にCBの田中がチャレンジしたり釣り出された後のこぼれ球への反応が悪くそれをセレッソ大阪堺に奪われてGKと1対1を許して失点を繰り返した。

IMG_6962_20151024.jpg

IMG_6971_20151024.jpg

続きを読む
posted by おかき at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする