最近の記事

2015年11月24日

2015年J2第42節 横浜FC-ザスパクサツ群馬 「原点に戻る」

今年の最終節もJ2リーグは手に汗握る展開となった。自動昇格を賭けた戦いは勝ち点で並ぶ磐田と福岡の一騎打ち。福岡が大勝し、磐田の結果待ちとなった。後半45分に大分が同点に追いつき、福岡が自動昇格をつかみかけたが磐田が後半46分小林の逆転ゴールにより磐田も勝利し、得失点差で上回る磐田の自動昇格が決まった。

IMG_8028_20151123.jpg

この時自分の脳裏をよぎったのは、第5節三ツ沢で行われた福岡戦。後半ロスタイムに寺田の放ったミドルシュートが福岡ゴールを揺らして引き分けとして勝ち点1を拾った。福岡はあの試合で引き分けがもし勝ちだったら勝ち点3を積み上げており自動昇格を決めていた。そういう巡り合わせを考えるとシュート一つが、勝ち点どころかリーグ戦の順位や選手の評価、契約を決めてしまう。ところが不思議な事にあの時を境に寺田のミドルシュートは影を潜めてしまう。サッカーとはゴール数を競うスポーツであるにも関わらずだ。

IMG_8013_20151123.jpg

その寺田のミドルシュートが戻ってきた。前半29分、ゴールの右上を狙い澄ましたミドルシュートはポストに弾かれるも反対側のポストに当たりゴールに吸い込まれた。昇格も降格もない。マークも緩くプレッシャーも何もない状況だから放つことが出来たのか。ゴールを決める為にシュートを放つ。サッカーの当たり前の原点が少しだけ戻って来た気がした。

IMG_8007_20151123.jpg

その後群馬が逆襲するもシュートミスや南の身体を張ったセーブでこれを脱する。後半一際大きな声援を浴びたのは野崎の登場の時。2010年半ばにやってきて横浜には4年半所属。夏場に急上昇する横浜にとって、その原動力となった野崎。リードしている横浜は野崎にボールを集めるも、1対1のチャンスもゴールを捉えきれない。それじゃダメなんだけど、その溌剌としたプレーは野崎らしいというか何というか。

IMG_8029_20151123.jpg

続きを読む
posted by おかき at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2015観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

「未完のタイキ」村井泰希

彼の横浜入団は当初から曰く付きだった。2010年オフ高卒で横浜に入団し背番号1を背負っていたGK大久保択生が契約延長を拒否して移籍した事に始まる。GKが3人しかいなかった横浜で年齢的にも若手の背番号1を突如失うのは大きかった。そこで緊急補強として白羽の矢が立ったのがこの村井だった。
名門・四中工で1年生から正GKとして活躍。関、シュナイダーという中堅、ベテランの選手に加えて18歳で高卒なら年齢的なバランスも良い。全国高校選手権にも出場しており、実力も一定程度ある。

しかし、プロの壁は厚かった。2011年、2012年と出場はおろかベンチにも入れない日々が続く。2012年に至っては、強化指定選手としてGK島崎が加入。居場所を失っていく村井。

IMG_0556_20110219.jpg

2013年からはGK渋谷の加入も決定し、2013年も第3GKを争う事となる村井が一大決心。横浜FC香港(現在の夢想駿其足球會)へのレンタル移籍を決めた。そして記録としては5試合の出場にとどまってはいるが、海外でプレーする事は、個人的には日本だけにいるよりも遙かに良い経験になったのではないかと思う。なぜなら海外のリーグは、日本よりも流動化が激しい。それはチャンスの数も多い事を示す。
日本の方が待遇はいいかもしれないが、若くて野心的な選手なら別に日本でなくてもプレーして名を上げる事は皆考えている事だろう。

IMG_9190_20120415.jpg

続きを読む
ラベル:村井泰希 横浜FC
posted by おかき at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC選手列伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

2015年J2第40節 横浜FC-大分トリニータ 「8連敗からのご褒美」

横浜は残り3試合にしてやっと降格の可能性が完全に消滅する事になった。リーグ中盤のお寒い8連敗でプレーオフ圏内どころか、降格争いに足を踏み入れてしまった。この大分戦も自分たちのミスからゲームを失いかけた。

IMG_7807_20151108.jpg

魔の8連敗の最初となった7月の熊本戦。多くの選手は自分たちのミスを敗因に上げた。自滅だと。ところがそこから8連敗。あの結果をどう捉えたらよいのだろうか。
一つ言えるのは、ミスだけが敗因の理由ではない事だ。ミスをしない選手はいない。しかし強いチームはそのミスをチーム全体で補ったり、次の試合までに修正できる。横浜はどうだったのか。大宮戦昇格したいと強く出てくる相手に受け身になり惨敗。水戸戦では小野瀬が決定機を外して流れが変わり耐えられなくなり敗戦。東京V戦では石井のミスを責めるだけで6失点。この辺りで書くのは終わりにするがつまりは、ミスを修正する力がなかった。

IMG_7884_20151108.jpg

そしてそれは3ヶ月以上経った大分戦でも変わらなかった。前半からチャンスらしいチャンスもなく、蹴ってくる大分にピンチを何度も許した。後半FKのこぼれ球を拾った中里の千載一遇と言える絶好のクロスに安が飛び込んでゴールを奪った。しかしゴールを上げて押せ押せになったはずの空気もロクの投入で冷めてしまった。

IMG_7871_20151108.jpg

前線でセカンドボールが拾えなくなり、自分たちで苦しくしてしまった。勝って残留を明確に決めるミッションのはずが、欲が出たのかあるいは別の意図があったのか。まさしく8連敗を喫した最初の熊本戦と同じ。またしてもミスを繰り返した。

続きを読む
posted by おかき at 19:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 横浜FC2015観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

2015年Xリーグ2ndStage IBMビッグブルー-オービックシーガルズ

諸事情があってアメフトの観戦記を書くのはは3年ぶりくらいになる。一番大きいのは、J2の日程が日曜固定になったことで観戦に行く機会そのものが減少してしまった事。さてその間に何が一番変わったかというと、今日本のアメフト界を席巻しているのは、外国人QBの存在だ。それまではその高い身体能力を活かして、DBやLB、DLというフィジカルスキルが求められるポジションでプレーする事が多かったが、IBMのケビン・クラフトの加入は日本のアメフト界を驚かせた。

IMG_7456_20151031.jpg

彼の登場でパススピードとコントロールが向上しWRのミスが減少するだけでなく、日本人QBとは比較にならないフットボールIQがそのチームに注がれた。エリアによって、時間によって、ダウンによって何をしなければならないのか、一つ一つがロジカルに整理されていった。そのIBMの活躍を見てなのか、富士通はコービーキャメロンを向かい入れて昨年はJAPAN X BOWL優勝、そしてライスボウルまで制した。今年はさらに相模原とアサヒビールでも外国人QBが加入し、チーム力を向上させている。

IMG_7307_20151031.jpg

いまからちょうど10年前オービックにケビンジャクソンが来た時と似ている。彼が来てその年にチームを日本一に導き、MVPも獲得。各チームはその驚異的な破壊力を持つ外国人DLへの対応を迫られた。オービックシーガルズは常に先手先手で新しい事を追求するチームだったが、今は他のチームの後塵を拝してしまっている。秋季リーグで2敗する事が話題になる位強いチームが追い込まれている。
続きを読む
posted by おかき at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする