最近の記事

2016年11月13日

2016年J2第41節 横浜FC-ツエーゲン金沢 「それはハプニングじゃない」

この試合は2016年の横浜FCのホームゲーム最終戦。社長や監督が挨拶をするのだが、北川社長が「今年は色々とハプニングがありまして」という言葉にドッと湧くスタンド。ルス監督の辞任をみな思い浮かべたのだろう。昨年体調不良と成績不振で辞任した監督を再登板させて、3月には不整脈で入院・治療し、さらに6月にはドクターストップがかかり結局辞任。成績に加えて、体調が不安視されていた監督を続投させた挙げ句、その辞任をハプニングと表現しても、多くのサポーターは苦笑するしかなかった。

IMG_3202_20161112.jpg

天皇杯も含めると3試合連続となるPKを後半26分に献上してしまう。永田がペナルティエリア内で、不用意に金沢・熊谷を倒してしまった。これはハプニングだろうか。そうじゃないのだろうか。そうじゃないだろう。
この試合前半頭の時間帯以外はほぼ金沢に主導権を握られ続けた。この試合もイバが激しいプレスでボールを収められないと横浜はボールを進められない。シーズンも終盤になれば、どのチームもそれなりに対応してくる。中盤に佐藤がいない事も大きく影響しているだろう。縦に楔を入れる選手がいないのだから。

IMG_3417_20161112.jpg

チャンスらしいチャンスは金沢に多く、横浜は天皇杯を控え中心のメンバーで臨み、1週間のインターバルを入れて昇格へのわずかな可能性に賭けるという切迫感はなかった。むしろ時間が過ぎていくにつれて、降格の可能性が全くない緩んだサッカーを続けてしまった。

続きを読む
posted by おかき at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする