最近の記事

2017年05月04日

2017年J2第11節 横浜FC-愛媛FC 「いよいよではない、まだまだだ」

結果的に3試合連続4ゴールという横浜にとって記録的なゲームになったのだが、先制点を奪うまでは正直どちらに転んでもおかしくない試合でもあった。横浜は優勢にゲームを進めていたが決め手を欠き、いつもの愛媛戦の様相を呈していた。
前線のイバからのボールをコントロールさせてもらえない。ジョンと野村が前を向いてプレーする時間帯が少ない。愛媛の中盤は、横浜の生命線の一つであるイバとジョン、野村のラインを分断しようとしていた。
逆に横浜は、愛媛の攻撃をほぼ完ぺきに抑え込み、前半決定的と思えたのは、愛媛・河原に裏に飛び出された時くらいで、ハイボールはヨンアピンが跳ね返し続けた。

IMG_9293.JPG

前半18分に迎えたコーナーキック。中里が蹴ったボールをヘディングで合わせると、愛媛のDFとGKパクの背中に当たってゴールに吸い込まれていった。流れとは不思議なもので、この不格好なゴールでもゴールはゴール。ここから横浜の攻撃を愛媛は捕まえられなくなっていく。
前半38分、左から佐藤の上げたクロスを、イバは左足でトラップして浮かせると胸でトラップしてコントロールするとそのままノートラップで放ったシュートは愛媛ゴールに突き刺さる。愛媛もDFが2人ついていたが、個の力に屈するしかなかった。

IMG_9362.JPG

ハーフタイムにもう一度立ち上がろうとした愛媛に襲い掛かる横浜は、永田がクロスボールの跳ね返りに合わせてミドルシュートを打つと愛媛DFに当たったボールは、大きな弧を描いてこれも愛媛ゴールに吸い込まれた。このゴールが決定的に愛媛の心を折った。

続きを読む
posted by おかき at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする