最近の記事

2017年05月08日

2017年J2第12節 東京ヴェルディ-横浜FC 「突かれたのは急所と課題」

横浜の生命線は、ボランチであることもそうだが、実は永田のポジションが鍵を握る。横浜の今の左サイドは、田所、永田、ヨン・ア・ピン、イバ、中盤を流動的に使うことも考えると中里も左利き。これだけレフティを揃えられるのは幸運で、左利きが左に揃うとボールを縦に運びやすくなる。横浜の攻撃のスイッチは、左サイドから縦に入ることが多い。右サイドは野村やジョンが基点となるが、左はもう一枚下の永田の位置がどうなっているかがバロメーターだ。
だから、東京Vはそれまで左にいた安在と右にいた安西を入れ替えた。結果的にこの方法は当たり、永田はほとんどの時間でディフェンスラインに吸収されて、5-4-1の形で横浜はゲームをせざるを得なくなった。

IMG_9738.JPG

左サイドを殺しにきたのは、まったく機能しなかった徳島戦を思い出した。あの試合も、永田はミスを連発して推進力を発揮することができなかった。同じスペイン人監督ということで、何か考えている方向性が同じだったのだろうか。もう少しいえば、千葉戦でもラリベイ、清武、町田でここを使おうとしていた千葉もスペイン人監督で、経歴はともかく同じ土壌が同じような攻略法を想起させたのかも知れない。

ゲームは横浜のミスから動く。前半7分、中里が不用意なプレーで東京V・高木大にボールを奪われたのを倒してしまいFKを与えると、安在のシュートはワンバウンドしGK高丘が前に弾いたところを、その高木大がゴールに流し込み東京Vが先制点を挙げた。

IMG_9819.JPG

それでも横浜は、じっくりとボールを動かしつつ東京V攻略に入るが、選手の距離感が悪く前線の選手が孤立して、ゲームを作ることができない。特にボランチの2人は背後から東京Vのプレスがかかり、サイドの永田に入ると一気呵成に奪いに来てミスを誘い、横浜はボールを失ってしまう。永田のポジションが低いのか、あるいはボランチがケアして広げるのか。そうすると、真ん中が薄くなるので、スライドするのかが曖昧で下がって耐えようとしたのがゲームを難しくしてしまった。

続きを読む
posted by おかき at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする