最近の記事

2017年07月23日

2017年J2第24節 横浜FC-V・ファーレン長崎「事故も続けば日常になる」

とうとう失点してしまった。いや、またしても失点したと言った方が適切なのかもしれない。前半41分長崎・高杉のコーナーキックからのヘディングシュートは西河が頭に当てたものの横浜のゴールネットに突き刺さった。横浜の守備で不安があるとすれば、このセットプレー時の守備である。この試合でも何度か相手選手に抜け出されてシュートを放たれていた。高杉のゴールもファーサイドでほぼフリーでジャンプさせてしまっている。これでは。セットプレーからの失点は事故といわれやすいが、ここまで来るともはや日常に近い。

IMG_3023.JPG

前半6分佐藤から新加入レアンドロ・ドミンゲス、そこからイバへ、イバの落としたボールを野村がダイレクトで裏に抜けたジョンに。抜け出してこれもダイレクトでシュートを決めて横浜が幸先よく先制。これで勢いの出た横浜は佐藤が積極的にレアンドロ・ドミンゲスにボールを集めて、イバと縦の関係を築かせようと腐心する。ただ、レアンドロ・ドミンゲスは技術は高くともゲームを決められるほどチームに順応しておらず、セットされた守備の前には思うようにゲームメイクできていなかった。
ただ、横浜としてはボールを前線で奪われにくくなったので、ゲームを進めやすくなった。ところが、セットプレーの守備がそれを邪魔をする。前半11分のセンターライン付近からのボールでも長崎・ファンマに抜け出されてシュートを許しヒヤッとさせられた。

IMG_2918.JPG

横浜が追加点を奪えないまま、同点にされて前半終了。ゲームの流れも悪くはないが、優位ではない。

IMG_2990.JPG

続きを読む
posted by おかき at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

2017年J2第23節 横浜FC-FC岐阜 「チャンスは2度ある?」

左サイドを突破した中山からの折り返しにジョンが右足を合わせるが、ボールは左に逸れていった。決定機を外してサポーターは頭を抱えたが、このミスが次のプレーの伏線となっていた。後半17分GK高丘のゴールキックをイバが競らずスルーして、裏に飛び出していたジョンが先ほどのシーンと同じような角度からこれに再び右足を合わせた。今度は左に外さないように右足の甲のやや外側で預けるように蹴り、岐阜GKビクトルのニアサイドをぶち抜いた。同じようなプレーでのミスで、ボールタッチを修正して2度目の決定機をモノにした。

IMG_2602.JPG

2度の決定機といえば、前半主導権を握った岐阜が迎えたGK高丘との2度あった1対1を決めることができなかった。高丘は福村、古橋との1対1を悉くストップ。「自分が止め切れずに失点していたのが勝てなかった要因の一つだった」とGKのせいでもないような失点も自分の責任の一つと高い緊張感を持っているのが、高いパフォーマンスを誇っていることにつながっていると思う。

2度の大きな決定機を逃した岐阜は、徐々に攻勢を弱めていく。前半31分に阿部がイエローカードを受けたことでイバへ強いプレッシャーをかけにくくなった。イバが機能すると攻撃が回り出すのが横浜。前半ゴールは生まれなかったが、時間が経つに連れて横浜が前を向くシーンも増えていった。
後半、この流れがはっきりする。前半プレスにいって剥がされ続けたのでやや受けてたつことで岐阜の攻撃に手詰まり感が出始める。

IMG_2499.JPG
続きを読む
posted by おかき at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする