最近の記事

2017年08月27日

2017年J2第30節 名古屋グランパス-横浜FC「潮目」

後半8分の名古屋・田口の退場劇がゲームをここまではっきりと変えてしまうとは。11対11でもゲームを優位に進め前半を終えて2-1で名古屋は優勢だった。無論、横浜としても名古屋にボールを支配されることは折込済で、ボールポゼッションには興味はなかった。鍵となったのは、ここまで5試合連続ゴールを挙げている青木と、とにかく凄いゴールとアシスト数を叩き出しているガブリエル・シャビエルがどれだけ前を向いてプレーしているか。そういった部分では、横浜は要所を押さえて守り、PKとCKからの失点以外はこれといった決定機は与えていたとは思えない。

IMG_3875.JPG

反面、横浜も前半9分のジョンのゴール以外はチャンスは少ない。それでもレアンドロ・ドミンゲスも前を向くチャンスもあるし、野村も元気だが名古屋陣内深くまで持ち上がれない。横浜の左サイドと名古屋の右サイドの戦いでもあった。

後半も厳しい展開が続くはずだったが、田口のこの日2枚目のカードは横浜にゲームを傾けた。それにしても軽率だった。前半でレアンドロ・ドミンゲスにタックルしにしった様に横からのタックル、2枚のイエローカードの直前にはファウルを受けた側とは言え、主審になだめられてもイバに文句を言い続けて心証を害していた様にも思う。そして、タックルを受けた野村ももらい方の上手さ。

IMG_3951.JPG

そこまで2-1でリードを許していた横浜に一気に火がついた。名古屋は5バックの様なシステムで抗するが、横浜のサイドが活性化してしまうだけだった。田口の退場から4分後、中里のロングスローのこぼれ球に、野村のボレーシュートがGK楢崎の手を掠めゴールに突き刺さると、横浜の旗印は勝利に変わった。
そこからはほぼ一方的な展開だった。中盤でボールを拾い横浜はレアンドロ・ドミンゲスが躍動。数的有利も手伝ってゲームをコントロールに出た。

続きを読む
posted by おかき at 03:12| Comment(2) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする