最近の記事

2018年03月26日

2018年J2第6節 水戸ホーリーホック-横浜FC「この路線の先には」

この試合の路線が、水戸戦だけにデザインされたものなのか、それともタヴァレス監督のやりたい路線なのかで、今後の印象は異なるものになる。



前者だった場合、新潟や水戸の様に前からプレッシャーに来るような運動量豊富なチームには現実的に3ボランチで対応して、失点しないゲームを狙っていくのがベースにあり、その中で相手チームを見ながら選手を組み替えていくことになるのだろう。
後者だった場合、今シーズンはこれから前線3人のカウンターだけに今年のシーズンの命運を賭ける様なサッカーになる事だろう。その位、水戸戦の内容にはインパクトがあった。



前者にしろ後者にしろこれらのシステムの鍵を握るのは、中盤の3のサイドの選手で、彼らは守備では相手のスペースを摘みつつ、攻撃時にはスイッチを入れる選手になる。タヴァレス監督は、この3人に守備的な選手を並べて守備の期待をしたが、サイドの守備は曖昧で、ボランチが埋めにいくが距離があり、サイドバックが出るには裏にスペースを大きく開けてしまうため、水戸のサイドの選手が比較的自由だった。また、右サイドバックの川崎もパフォーマンスは良くなく、後半相手の息切れがなければ炎上していただろう。



続きを読む
posted by おかき at 20:45| Comment(2) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

2018年J2第5節 モンテディオ山形-横浜FC「読めない」

「左沢」は何と読む?と聞かれたら、大抵の人は「ひだりさわ」と読むだろう。ところが山形ではそうは読まない。左沢は「アテラザワ」と読む。山形に所縁のある方か、左沢線を知る鉄道ファンでないとこれが最初には出てこないだろう。左沢をはじめとして、難読地名の多い山形を前泊で山形から新庄、酒田と約半周して、度々口にしたのは「読めない」ばかりだった。



試合当日になってもその呟きが出る。まずスタメン。中3日ということもあるのか、佐藤謙介と野村がベンチスタート。前節前半で交代した影響もあるのかも知れないが、これは連戦への温存なのだろうか。ボランチを3枚並べるシステムはどこまで機能するのかと、考える間もなく横浜は前半6分に先制。
イバの落としたボールのこぼれ球を、渡邊がクロスを上げると飛び出してきた中里がヘディングでゴールを挙げた。前節もそうだったが、今年に入って中里が前線に絡むことが多いように感じる。ボランチでボールを捌くだけではダメだという強い意志を感じる。



この中里のゴールから、横浜はたった10分間で山形を圧倒する。前半14分には、レアンドロ・ドミンゲスに直接FKからゴール、同17分にはコーナーキックからレアンドロ・ドミンゲスの上げたクロスにイバのヘディングがさく裂。相手を吹き飛ばしながらゴールをねじ込んだ。ここまでの得点劇は誰が読むことが出来たか。



守備は山形・瀬沼に厳しいマークを敷いて彼にタメを作らせず、攻撃を単発に終わらせてピンチらしいピンチはなかったと言い切れる出来。3点差もあり、後ろでじっくり山形の攻撃の芽を摘み続けた。

ところが、後半山形がその瀬沼を下げてフェリペ・アウベスを入れてから流れは山形に。リードもあるのでセーフティに行く意識が強くなり、山形の攻撃を受け続けてしまった。山形はサイドからシンプルにクロスを入れて前線で勝負。横浜としては、相手にボールを渡してるという意識であればよかったが、それでもちょっと守備の時間が長すぎた。タヴァレス監督にしてみれば、それほど悪くないのだから修正する内容も少ないといった判断だったのかも知れないが、システムの問題というよりもメンタルの話で点差から来る余裕は隙を生んでしまう結果ともいえる。

続きを読む
posted by おかき at 19:39| Comment(0) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

2018年J2第4節 横浜FC-アルビレックス新潟「リスペクトしすぎるな」

試合開始からずっと感じていた違和感はとうとう前半43分失点という形で結実してしまう。この試合、横浜はバックラインからのパス交換で組み立てることを選択し、後ろから大きなキックはまるで蹴るなと制限されているかのようだった。だからGK山本はゴールキックでもサイドに開いたDFへのショートパスを繰り返すばかりだった。ところが、見立てと違ったのか、新潟の前線の矢野・河田に小川、加藤を加えた4人が前線から激しいプレッシャーに来て横浜はボールを低い位置でまるで相手を呼び込むかのように失い続けた。



それでも、前半当初は耐えていた。細い攻撃ながら、ジョンは新潟・堀米とのマッチアップでも優位に立ち前を向いてドリブルを仕掛けた。途中、イバのヒールパスを中里がダイレクトでクロスを上げたところに、野村がヘディングで飛び込みシュートは放った。試合を通じてみるとシュート自体は横浜の方が多い。低い位置でボールを奪われなければ、佐藤からサイドにボールがよく回り、チャンスもあった。



ところがである。後ろからのキックの制限をよく言えば従順に、悪く言えば愚直に守ろうとした結果が裏目に出る。選手はなぜ自分たちで判断しなかったのだろうか。GK山本は、入団会見で「曖昧なことが多いのではないかと感じていました」と話しているが、この状態こそまさしく曖昧な状態ではなかったのだろうか。相手が高いところから来るし、さらにそれをいなせないなら大きく蹴ることもあるだろう。後ろからつなぐと言っても100回中100回やってるチームなんかない。
そして、前半43分、渡邉からのバックパスを山本海がトラップミスして大きくなったところを新潟・矢野に奪われてゴールに流し込まれてしまう。緊張感のあった前半30分までのゲームの行方を左右する一撃になってしまった。前半34分の失点も、ヘディングの緩い戻しを緩慢に身構えた結果、新潟・河田に先にシュートを許して失点している。監督の戦術を守る前に、個人戦術で戦えない選手では、チーム全体への説得力も失ってしまう。



続きを読む
posted by おかき at 02:14| Comment(0) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

2018年J2第3節 横浜FC-愛媛FC「ギュッと濃縮20分間」

この試合のもっとも注目すべきところは、ゴールした選手には悪いのだけども、渡邊一仁を下げてレアンドロ・ドミンゲスを投入したところからの20分のやり取りだと思う。この日、中盤の底で体を張った守備で相手の攻撃の芽を摘み続けた渡邊が後半16分で下がる事に疑問を感じたサポーターも多いだろうし、彼も下がりながら首を傾げていたから予定されていた交代ではないのだろう。

この交代でレアンドロ・ドミンゲスが入り佐藤謙介がボランチに入り、レアンドロ・ドミンゲスが司令塔の位置に入ったのだが、これが逆効果となって横浜は愛媛の攻撃を浴び続けてしまう。タヴァレス監督が下手こいたなんて思われただろう。結局その采配から10分後に石井を入れてボランチとして元々の布陣に戻した。そして、これで息を吹き返した横浜は、その石井の投入の約10分後の後半35分に愛媛の息の根を止める3点目を決める。

IMG_9723.JPG

開幕3試合で2点差、ゲームも横浜のよいペースだったからテストしたのだろうということは考えられる。レアンドロ・ドミンゲスが入ったシステムは、ほぼそのまま昨年のシステムだった。昨年のままでは戦えないよと選手にそれで体感させた部分もあるし、自身の采配の確認もある。その一方で、とはいえ昨年の形で戦わないといけないケースもきっとあり地ならしの部分もある。あれで下がった渡邊も自分への不信感ではないどころか、「渡邊が下がったらこうなるんだぞ」という信頼感を見せた意図もあるような気がしてならない。

IMG_9563.JPG

続きを読む
posted by おかき at 22:22| Comment(0) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする