最近の記事

2018年08月26日

2018年J2第30節 松本山雅FC-横浜FC「信じられないじゃない。信じるんだ。」

今でもあまり納得のいく説明ができないでいる。後半の松本の失速ぶりは予想外の出来事だった。前半41分に松本・高崎のシュートを手で防いだとしてこの日2枚目のイエローカードで退場となり、さらのそのPKも松本・セルジーニョに決められてしまった。前半が終わった時点で、数的不利、リードを許し、そしてアウェイという3重苦が待ち構える危機的な状況から横浜は立ち直ったからだ。

IMG_5606.JPG

裏返すと、数的有利、リードし、そしてホームという状況の松本は後半からボールを追うのを止めてしまった。前半5-3-1-1で前節からそうだったように丁寧にボールをつなぐのではなく、4-3-2というシステムにして縦にボールを入れて打開することになった。後半佐藤謙介が前を向いてゲームのタクトを振るい始めた。どのチームも必ずチェックに来るはずの彼がボールを持てるというのは数的不利であることを考えると信じられない状態だった。後半開始数分で得たコーナーキックから佐藤謙介のシュートが松本のゴールを脅かせば、再び得たコーナーでは裏から走りこんだ北爪がつま先でボールのコースを変えてアッというシーンを作る。レアンドロ・ドミンゲスは、松本の選手を引き連れてドリブル突破を見せて、数的不利のはずの横浜が押し込む展開を迎えていた。

IMG_5478.JPG

そして、後半16分。佐藤謙介のミドルシュートを松本GK守田が弾いたボールを田所が拾って、ペナルティエリアで仕掛けると松本・岩上が倒してしまい横浜がPKをゲットする。これをイバが落ち着いて決めて同点に。それでもまだこの時は、この先の未来を信じていなかった。残り30分、まずどう守り切るか。松本は岩上に代えて田中を入れる。横浜の2トップに対して3バックでは分が悪いと、4バックにして横浜のサイドに蓋をしにきた。
が、勢いの出た横浜にこの程度の交代は無意味に近かった。その田中のいる右サイドを野村が突破して得たFKを田代がヘディングで逆転ゴールを奪うとゲームは完全に横浜の流れに。横浜に勢いが出ると同時に、松本には失望が広がった。

IMG_5545.JPG

それでも松本も2枚替えで前線を刺激するが、今度はDFのミスを誘った横浜が追加点を挙げた。後半30分、イバを下げて藤井を入れて北爪をFWの位置に。野村から出た縦のボールはレアンドロ・ドミンゲスと合わなかったが、松本・橋内がトラップミスしたのを北爪が見逃さず奪い、GKとの1対1を制して決定的となる3点目を手に入れた。

IMG_5611.JPG

続きを読む
posted by おかき at 02:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

2018年J2第29節 横浜FC-カマタマーレ讃岐「チャレンジ」

このゲームは序盤から横浜は新スタイルにチャレンジしていた。億劫で熊本戦をハイライトしか見ていない自分にとって、この日のシステムは新鮮に映った。田代を3バックの真ん中に据えて、タヴァレス監督はラインを高く採る事をしつこく求めていた。これは今までの采配では珍しい。そしてスンジンがこれまで前線に何度も大きく蹴っていたフィードも影を潜めた。これまでは、イバにボールを集めて、落としたところにレアンドロ・ドミンゲス、北爪が絡むのが常だったが、町田戦の様に北爪とセンターバックの間でボールを受けられると、前線との距離感ができてしまい横浜はまともに前を向くこともままならなかった。
この部分を全体を高くすることで修正を図ったのだろう。ラインを高くして、ロングボールをやめて低い位置からサイドの選手を使いながら相手のブロックを攻略。選手の距離感が程よく保たれ、選手たちは伸縮自在の糸でつながれた様に、時にはサポートに入り、時には相手選手を引っ張り続けた。

IMG_5092.JPG

今まで3バックの真ん中が多かったカルフィン・ヨン・ア・ピンは、左のセンターバックに入ったことで、田所を追い越してオーバーラップしての攻撃参加も前半から積極的。スライドしての対応なのか、田所が埋めるのか選択肢はあり、時折柔軟な攻撃も成立した。相手が降格圏を彷徨う讃岐であることを差し引かなければならないが、前半から非常にポジティブな印象があった。

IMG_5271.JPG

それでも前半は讃岐GK・清水の好セーブもありゴールを奪えなかった。こういう時に嫌な雰囲気になりやすいところだったが、その空気を吹き飛ばしたのはレアンドロ・ドミンゲス。



後半6分、カウンターからドリブルで仕掛けたイバが倒されて得たFKをレアンドロ・ドミンゲスが直接ねじ込んで横浜が先制。讃岐・清水が左に2、3歩ステップを切ったのを見逃さなかったのか、駆け引きで左に寄ったタイミングで想定以上に鋭いボールが来てしまったのか。どちらにせよ、讃岐相手に優位になりつつもゴールを奪えなかった横浜が先制して、横浜はこれで楽になった。

続きを読む
posted by おかき at 22:19| Comment(0) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

2018年J2第27節 横浜FC-FC町田ゼルビア「水を差された」

7月25日の金沢戦をターンオーバーを敷いて控えメンバー中心で挑んだ横浜FCとしては、先週末の福岡戦はスタメン組に戻して休養十分で臨みたかったはずだ。相手の福岡はこの夏調子を落としており、リーグ戦6戦負けなしの横浜としては昇格争いの相手を叩くチャンスでもあった。
ところが、先週末台風12号が観測史上初めて日本を東から西に横断するというコースを取った為、ゲームは軒並み延期となってしまった。そうなるなら、水曜日のゲームは無理をしてもスタメン組で勝利と言いたくなってしまう台風に好調だった横浜は水を差された。

そして1週間おいてゲームをするのは町田。ここも昇格争いのチームではあるが、町田はJ1ライセンスがないので2位以上に入られてしまうと、自動昇格の枠を奪われてしまうという下手をするとJ1ライセンスがあって緊張感を持ちながら戦う相手より厄介な存在かもしれない。特に上位にいて開き直って戦える分、怖さがある。そして相馬監督も町田で指揮して長く、サッカーのベースはしっかりしている。

ゲームは序盤から横浜の右サイドを積極的に攻撃する町田とそれを受け止める横浜。受け止めてしまったのが後後ゲームを難しくしてしまう。横浜が好調なのは北爪が好調だから。ここに先手を打って、北爪と藤井の間でボールを受けて北爪が下がると、横浜はボールを奪っても北爪が低い位置にいるので、全体を押し上げられない。
渡邊がもう少し前でブロックを作りたいが、それをする前に町田はボールを大きく前方に入れて横浜の守備の網を掻い潜ろうとし、それを食い止めに渡邊も下がってケアをする。渡邊が何度相手FW鈴木とボールの奪い合いをするのを見たか。



低い位置で北爪が引っ張られてしまうなら、いっそ4バックもありなのではないかと考えていた。前半25分を過ぎて給水タイム。給水タイムとは言っても、ベンチ前で指示をするくらいはできる。悪い流れだからこそこういった時間で水を差して流れを変えられるとも思っていた。

前半40分、イバのサイドに散らしたボールを奪われたが、町田の縦パスもズレた。横浜ボールになると思ったが、拾ったスンジンのロングフィードのボールが目の前にいた町田の選手に当たり、そのまま町田ボールに。後ろから走りこんできた町田・平戸にゴールを射抜かれて失点。ミスを繰り返して相手にゴールを許すリズムを悪くする失点だった。
後半立ち上がり、北爪が前線に上がったがボールを奪われ、数的不利の状況でも町田のパスミスのクリアが小さなくなったところを町田に拾われてゴールを許して0-2。



続きを読む
posted by おかき at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする