最近の記事

2018年12月04日

2018年J1参入プレーオフ2回戦 横浜FC-東京ヴェルディ「突きつけられたゴールと現実」

齋藤が顔を覆う。南が膝を折る。瀬沼が茫然とする。アディショナルタイムを含めて97分ものゲームに勝利の女神は横浜に微笑まなかった。96分の東京Vのゴールはまるでリーグ戦での失点をフラッシュバックしてしまった。それは横浜にはまだ忘れ物があると繰り返し指摘されたようだった。



負傷で欠場したレアンドロ・ドミンゲスのポジションには野村が入り、甲府戦で勢いがあった布陣を敷いて継続性を出した。大宮がそうだった様に、2012年の昇格プレーオフで横浜は通常のリーグ戦でも殆ど見たことがないシステムを用いて敗戦。長いリーグ戦関係なく、その試合だけを見た時にロジカルに整理していくと"引き分けでも勝ち上がり"という魔法の言葉の誘惑に屈して、余所行きのサッカーを展開するとどうなるか我々は知っていた。そう、順位が下で勝つしかないという相手の勢いに飲まれてしまう事がない様に、この試合では普段着のサッカーが出来ていた。東京V・佐藤は不必要に何度も転び、それを松尾主審がファウルとジャッジ。これにスタンドはヒートアップしていくが、瀬沼、北爪と比較的冷静にプレーする選手達は動じる事なく、ここと香川のラインを遮断して横浜は優位な形でゲームを進める。ここでイライラして手を出してカードをもらうとそれは相手の思うツボ。時折不敵な笑みをこぼしながら佐藤優平に対応する瀬沼が心強い。

前半にはイバのヘディングのシュートはポストを叩き、永田のヘディングシュートも枠を捉えられないがフリーでポジションを取れている。前半東京VにあったチャンスらしいチャンスはFKくらいで崩されたというシーンはなかった。レアンドロ・ドミンゲスの不在はあるものの、サイドから攻撃は有効で東京Vを押し込めている。



後半早々に東京Vは選手を2枚替える。1回戦と同じようにボランチの井上がイエローカードをもらっていた事、そして前でスペースを狙いたい。その狙いはよくわかる。もっと裏にボールを預けたいのだ。が、横浜もラインを下げられながらもしっかりとケアしてゲームの状況は動かない。横浜は動く必要がなかった。東京Vの攻撃を跳ね返して一気にカウンターで東京Vゴールに迫るもゴールネットを揺らせない。後半25分、瀬沼の突破から北爪が抜け出してシュートを放つも東京V・GK上福元に止められる。



後半35分野村が足を痛めて渡邊と交代。イバと瀬沼を前線に並べて前線の運動量を確保しつつ、中盤に蓋をする。後半43分にはイバが下がり、戸島を入れて同じ様にチーム全体のバランスを補う。ここまで完全にタヴァレス監督が今年やってきたサッカーだ。

続きを読む
posted by おかき at 01:43| Comment(0) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする