最近の記事

2019年02月26日

2019年J2第1節 V・ファーレン長崎-横浜FC「まるで成長していない。。。」

このモヤモヤ感は何だろう。昨年のホームで行われた新潟戦と昇格プレーオフの東京ヴェルディ戦が合わさったような敗戦劇だった。田代がレッドカードになったことの是非よりも、その直後のFKから失点するのは昨年の終盤の失点シーンを彷彿とさせた。昇格プレーオフでの後半アディショナルタイムでの失点のような事を繰り返すまじとして望んだ最初のゲームは散々なものだった。

2019シーズン、横浜は「FOREVER EVOLVING」とスローガンを掲げた。意訳すれば、常に進化し続けるとでもいうべきだろうか。その進化した姿をこのゲームでは披露できなかった。話題になったシステムは昨年を踏襲し、移籍した野村、永田のポジションに中里、武田が入った。2人とも昨年も所属している選手で戦術理解という面では、不安定な感じはしない。逆に長崎は新監督で選手の出入りも多くまだチームとしてまとまっていない。長崎・玉田が本来の位置から降りてきて中盤でボールを捌くシーンが怖いが、その時は逆に前線にポイントがなくなり、横浜としては難しいシーンが少なかった。



ただ、横浜は攻撃が停滞。長崎・徳永の前に武田のクロスは何度もかかり、タイミングや間合い、キックの方向、体の向きを変えてみるが中々自由にゲームを作らせてもらえない。攻撃ではピタリと抑えられてしまった。

右サイドの北爪は対面する翁長が徐々に前に出てくるのを受け止め始めてしまい、横浜は全体的にゲームを作れなくなる。中盤の3枚のブロックが無力化されて、はまらなくなっていった。

236A8460.JPG

それでも前半はそれでも長崎の攻撃の精度の低さに助けられて無失点で凌ぎ、後半は序盤からレアンドロ・ドミンゲスのボレーシュートを皮切りに長崎ゴールに迫る時間は増えていった。中里のシュートもイバのシュートも長崎GK・徳重に防がれたが流れとしては悪くなかった。渡邊に代えて瀬沼を入れて中盤の運動量と攻撃への手数を増やし、対面の徳永に苦労していた武田を下げて齋藤をインサイドハーフに入れて、中里をサイドバックの位置に。より攻撃的に仕掛けていった。

イバに代えて戸島の交代が最後のカード。運動量を保ちつつ、システム的には大きな変更を見せず先制点を奪いにいった。

236A8680.JPG

ところが、後半アディショナルタイム突入直前、ディフェンスラインの田代がボールを回して、開いていたカルフィン・ヨン・ア・ピンにパスを出そうとする。そこに全く間に合わないタイミングで長崎・長谷川がタックルを仕掛けると、田代はパスを出した直後に彼を蹴ってしまい報復行為として即退場に。

続きを読む
posted by おかき at 20:48| Comment(2) | 横浜FC2019観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする