最近の記事

2019年09月17日

2019年J2第31節 横浜FC-ヴァンフォーレ甲府「インビジブル」

後半29分カウンターの形から中山が抜け出して、GKと1対1になる直前だった。甲府リマが戻って、中山を手のひらで抑え込んで倒した様に見えたが、井上主審は反則を取らなかった。DOGSOの状況ではあるが、そもそも反則ではないという判定である以上、見えていなかったのか。井上主審は副審とコンタクトを取っている様に見えるが、副審も旗をあげていないので、審判団として反則ではないという事になる。

見えていないものを推測でジャッジしてはいけないのだが、とはあの状況で腕を入れていたのは、反対側のアウェイ側の自由席にいた甲府サポーターでも認識できているので、あるとすればその手が倒れる程のものではなかったということになるだろうか。中山が倒れる程プレッシャーをかけておいて、影響はなかったとするのも苦しい。見えていないと言えば、誤審でも許されて良い訳ではないはずだ。主審も副審も長い瞬きでもしていたのだろうか。

今、瞬きせず見ていて欲しいのは横浜の選手だろう。その旗手は松尾。前半8分レアンドロ・ドミンゲスのパスを受けて、加速してドリブルのまま甲府・小出を置き去りにしてラストパス。右サイドから飛び出してきた中山は難なくゴールネットを揺らすだけだった。横浜が幸先よく、昇格争いをしている相手に先制点を奪った。
もう一つ、イバの無駄走りが見えないアシストを生んだ。彼が松尾と並走していくことで、甲府はリマが彼へのパスコースを消しに内に絞った。甲府・佐藤もイバに追いすがった。そこで裏にいた中山をフリーにできた。巨漢FWは得てしてスピードに欠ける事が多いのだが、イバの場合はサボらずしっかり上がった事でマークを引き付けた。



ただ、そこからゲームは甲府が支配する事に。甲府ドゥドゥの神出鬼没なプレーに翻弄されてしまう横浜。ボールをキープできる選手が出てくることで押し込まれて、中々自分達のボールに出来なかったのは下平監督も述べている通りで、前半は総じて甲府がラインを上げながら左サイドでゲームを作って、右サイドで決めに来るサッカーを展開していた。前半16分その右サイドで松井の犯したファウルによって与えたフリーキックを、甲府ピーター・ウタカに決められてしまう。オフサイドラインが下がるタイミングを外して飛び出してフリーでヘディングを決めた。DFからすると一瞬視界から消える動きは嫌らしいの一言で、昨年徳島で見たコンディション不良なウタカはそこにはいなかった。

それでもここから動じないのが今の横浜。甲府の両サイドの湯澤、内田に押し込まれるもここも中山、松尾がキッチリと付いて自由に仕事をさせない。ドゥドゥは厄介な存在ではあるが、低い位置でボールを動かしているのは怖くない。

前半1対1で終えた横浜は、後半早速チャンスを迎えた。武田から松尾、松尾が内に絞りながらイバへ、イバからオーバーラップしてきた武田に。武田のクロスは跳ね返されるが、レアンドロ・ドミンゲスがダイレクトでボレーシュート。これもクロスバーに弾かれるが、詰めていた中山が誰よりも早く反応してヘディングで押し込んで逆転した。
クロスバーに当たった瞬間、中山だけはいち早くジャンプしている。甲府湯澤が気が付いた時には既に中山はシュートを放った後だった。



続きを読む
posted by おかき at 01:00| Comment(3) | 横浜FC2019観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする