最近の記事

2020年02月25日

2020年J1第1節 ヴィッセル神戸-横浜FC「戻ってきた」

神戸・大崎がボールを持つたびに横浜のゴール裏からは大きなブーイングが飛んだ。個人的には、ルヴァンカップの第1節で対戦した広島・野上には組織だったブーイングはなかったので、こうするのは愛情の裏返しであると同時に、横浜在籍時からあったポカミスを誘発させようとしているのだと感じている。
そして、彼がミスをすればさらに煽るようにブーイングをするのは一種のプロレス的要素でもあると自分は感じているのだが、はた目からにはそう理解してもらえないようだ。
こういう理解度のミスマッチがあるのは、J1に個人昇格した選手の後を追って、横浜はクラブとして戻ってきたのだと実感した。



大崎のミスを誘発させたいのは、神戸のビルドアップが彼から生まれていたからだろう。彼からサンペール、そしてイニエスタにボールが渡った時は驚異だった。
イニエスタと古橋のコンビネーションがまた素晴らしい。針の穴を通す様にパスが出てくるには、小さなスペースを見つけて飛び込めるスピードとセンスがないといけない。横浜の右サイド、神戸の左サイドは序盤から戦い続けていた。
ただ、酒井のオーバーラップを前半殆ど許さず、守備でも奔走し続けた中山はまた素晴らしい。前半横浜が神戸を戦術イニエスタに封じ込めていたのは、中山、瀬古の献身的な守備があったからに他ならない。
マギーニョは先週のゲームよりもフィットしたが、戦術理解がまだ遅くポジティブトランジッションのところで上手くボールを預けられずにいた。ただ、オープンなスペースになった時は彼の強みが生きる。

中村俊輔も走っていた。彼が起用されるのは、齋藤のケガという情報もあるが、大きな相手にアクセントになれる。多くの時間神戸がボールを支配することになるであろうゲームで、飛び道具を持ってる強みを買われていたのだと思う。

横浜は全体として、下がろうというよりも、ボールを保持したいけど現実的に下がって対応しないと失点する危機感を選手が感じていたのだと思う。また、昨年行っていたボランチが下がって3バックにする戦術をこのゲームでは採用しなかった。下がっても結局J1では前からプレスにすると引っかかってしまう事を懸念しているのか。はたまたこのゲームの為の布陣なのか。
それでも4-4-2の布陣は大きく機能し、神戸をイニエスタ以外の選手の連動を許さなかった。



前半24分ゲームは動く。左の志知が縦に突破を仕掛けると神戸・郷家は2回に渡り振り払われ、志知はフリーでクロスを上げた。中で待っていた一美とは合わなかったが、こぼれ球を押し込んだのは瀬古。神戸GK前川が倒れかけたのを見て瞬時に逆のスペースにボールを流し込んだ。先週のルヴァンカップでボールを悉く宙にシュートしていた瀬古と同じ人物とは思えなかった。Jリーグデビュー戦にしてゴールを決めた。

そして志知も先週の試合で対面する相手に勝負を挑まず下げてばかりのシーンを見て失望したが、今節は強引なドリブルで郷家を翻弄。郷家を下げざるを得なくなった神戸はこの局面で後手を踏んでいた。



続きを読む
posted by おかき at 21:35| Comment(2) | 横浜FC2020観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする