最近の記事

2020年10月20日

2020年J1第23節 横浜FC-FC東京「神無月でも三ツ沢には神がいた」

10月横浜は未勝利だった。10月最初の試合となった柏レイソル戦はオルンガの個の力に屈して完敗し、鹿島戦は一時2点リードを奪うもののゲーム終盤でひっくり返されての逆転負け。前節仙台戦は下平監督が「自分達のやりたい事が出来た」と話した様に、圧倒的にボールを保持したものの決定機は少なくスコアレスドローだった。



この試合も、特に後半はFC東京の猛攻に耐えるゲームが続いた。後半43分、引き分けでもと思い始めた時、FC東京のお株を奪うカウンターが決まり最後は草野が決勝点をゴール左隅に流し込んだ。それにしても草野は10月にめっぽう強い。2019シーズンも、柏戦、金沢戦と10月の三ツ沢での2試合で3ゴール。おまけにどちらの試合も彼のゴールがゲーム終盤の決勝点になるという神がかり的な強さ。その草野が年が変わってもこの10月の強さは変わらなかった。



その神が舞い降りるまで横浜は苦しいゲームだった。前半ショートカウンターを狙ってくるFC東京相手に中盤までボールはつなげるものの、そこから先に進めずバタバタしてしまう。苦し紛れのロングボールは自陣からは形にならない。FC東京の切り替えは早く、ブロックを作られた時に中々攻め手がない。一種の膠着状態と言ってよいが、悲観する必要はない。FC東京に鋭いカウンターを許すシーンは少なく、ボールを奪われても多くは中盤でボールを回収出来ている。手塚、安永でボールが安定して回っている、あるいは相手の攻撃を封鎖出来るか否かが今の横浜の生命線だ。

続きを読む
posted by おかき at 23:08| Comment(1) | 横浜FC2020観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする