最近の記事

2009年06月22日

2009年ホッケー日本リーグ最終節最終日 立命館大学ホリーズ-東海学院大学

「女のガチンコ対決第1弾」それがこの試合。どちらも日本リーグでは下位に低迷してしまった勝ち点3の立命館大学と勝ち点2の東海学院大学。負けた方が最下位になる裏天王山。



先制点は開始10分だった。左サイドの長いボールに追いついた立命館大学#11治多が追いつき、左サイドをえぐって東海学院FBを交わして内側に折り返しのパス。このボールを#7植田が見事なタッチで合わせて先制した。



引き分けでも最下位を逃れる事の出来る立命館大学は精神的に優位に立ち、気持ちに余裕が生れた。キャプテン#5浦田を中心に東海学院大学の攻撃をしっかりと受け止めて、跳ね返した。特に得点を挙げた植田は中央に鎮座し、攻守両面で機能していた。



東海学院大学は立命館の早い攻撃にてこずった。特に左#2坂井はスタミナ不足が顕著で後半厳しかったし、#3藤井はスピードへの対応に難があり置き去りにされる事もしばしば。二人とも若く成長の伸びしろがあるからこそ、長い時間起用されているのだろう。

後半ゲームが動く。後半18分立命館大学がPCを得る。セットされたボールを強くヒットすると見せかけて、ゴール脇に優しいパス。このボールを#4中本がフリーで押し込んで追加点。



早く1点を返して追いすがりたい東海学院大学だったが両翼を立命館が支配し、#8片峯や#13石田の突破が増えたが、単発で効果的ではなかった。



そしてそのままタイプアップ。立命館大学が東海学院大学を直接対決で下して最下位転落を免れた。立命館大学は昨年までは林なぎさ(現:ソニー一宮)という絶対的な柱がいたが、今年は昨年までと違ってFBは中出、浦田、勝田、ハーフは植田、梅下、谷川と平均的に好選手が散らばったのがよかった。ただ大崩れをすると踏ん張れないチームなので、メンタル面の成長が来年もっと強くなる為に必要なものかも知れない。



昨年日本代表の中川を擁しても最下位に終わった東海学院大学だが、今年も最下位が決定した。その原因は攻撃陣の迫力のなさ。単純に比較は出来ないが、昨年18得点、今年5得点(それぞれ12試合)では苦しい。プログラムを見ていてもFWに4年生が一人しかおらず、FWで核になる選手の成長が上昇への鍵の一つになると思う。
posted by おかき at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック