最近の記事

2006年03月06日

僕はあの笑顔の意味を今日知る事になった。

横浜FCは、3月6日(月)をもって足達勇輔監督を解任し、後任監督として高木琢也コーチが就任しましたので、お知らせいたします。

「足達の目線のその先に何を思う。」
そう書いた横浜FCシーズンウェルカムパーティ。
自分で書いておいて何だが、ここまで先手でクラブは手を打つとは。

別にどうって事はない、足達監督の横顔。
解任の話は今日そうなったのか、事前にそうなったのかは知らない。
でも写真を何度見てもそうなのだが、淡々としているんだよ。

足達監督の成績は散々だった。リトバルスキー監督が指揮した2004年シーズンを
過去最高の8位で終え、その後のバトンタッチを受けたものだったが、
成績は11位と最下位近くに低迷。結果という結果を残す事はできなかった。

育成(それが3年計画の3年目に提示するという時点でねじれているのだが)を
掲げて始まった2005年シーズン。シーズン序盤から思うように結果が出せない。
育成といいつつもベテランの起用が中心であり、育成というところからは
かけ離れた采配に徹していたし、その采配も結果的に遅く裏目に出る事も多かった

そのままシーズンを終えた訳ではない。横浜FCの筆頭株主にLEOCの
社長小野寺氏が設立した「フィート」がなり、第三者割当増資によって、
資金的なバックアップが行われ、多少潤沢になった資金を利用して、
シーズン中盤に選手の補強を行った
その目玉が「カズ」こと三浦知良である。彼に加え元代表の山口
湘南から浮気・元ユース代表高田を獲得した。

しかし、彼らの年齢はベテランと呼べる域にあり、育成という計画からは
程遠いものになってしまった
。確かに20そこそこの選手より実力はあるのだが、
伸びシロはないし、そのベテラン中心の起用が若手の出場機会を奪ってしまった

さらに不運な事に夏場に岩倉が重傷で戦線を離脱すると、多くの選手が30を超え
言い方悪いがロートルの集団になった。シーズン終盤の坂井の出場は今後に
期待が持てるものだったが、順位もほぼ決まり、カズがシドニーFCへの
レンタル移籍で抜けた後での起用では多くの事を学べたかどうかは疑問だった。

チグハグな補強の上に、カズというビッグネームを獲得した事で、
チームとしての方針は混迷を極めた

今年になって17人の選手を解雇し、個人能力の高いといわれる選手を多く獲得し、
シーズンに挑んだが、シーズン前の練習試合から大学以下のカテゴリの
チームにしか得点が奪えない
失態を披露。

それにもまして、高木琢也元代表がヘッドコーチとなり、カズが監督補佐という
ポジションになった時にこうした事態はある程度見えていた
のかも知れない。

足達"前"監督は「今年は補強についてもいろいろ口を出させてもらった」
語った事があったのだが、それは即ち自分の責任を大きくした事の裏返しで、
結果の出せない2月を見てこれは、早期解任もあるのかなと。

特に山尾・河野ら複数年契約といわれた選手に2年目に0円提示をしたとされるクラブ。
もしかすると"2年目のシーズンを指揮した"から解任と言いかねないと思った。

元々足達前監督は2年契約と言われ、2年でJ1に昇格と言って来た。
1年低空飛行し、これからという時だったがシーズン前の状況が悪すぎた。
それが奥寺GMの癪に触れたのか、小野寺筆頭株主の癪に触れたのかは定かではない。

こうなってしまったのも、足達監督の昨シーズンからのツギハギ的采配と
昨年夏のチームの方針を決定的に壊す補強が原因と思う。

ただ、JFAの指導者資格を持っているものとしては、足達さんには頑張ってほしかった
無名の存在でJの監督になり、J1にチームを引き上げる事ができたなら奇蹟だ。
サクセスストーリーだ。自分もサッカー歴なんてまともにないが、
それがいつかJの監督やれたら痛快だと思う。そういう叩き上げの監督だったから
頑張って欲しかった。いかんせん、Jのトップチームでの経験がなさすぎた。

JFLでも経験していれば結果は違っていたかも知れない。彼が
「僕の一番の専門の領域はここだから。」と横浜FCジュニアユースの
練習を指差した姿が忘れられない。その発言がクラブと足達前監督との
立場と考え方に微妙なズレがある事を暗示していたからだ。

昨日ウェルカムパーティで、最後に足達前監督と握手をした時に彼は「あっ」
いう顔で僕を見た。多分育成について論議したサポは僕だけだろう。
熊本でも覚えていた様だ。
「頑張って下さい」と僕が言った所、彼は握手をしながら静かに頷いた。

ただ、その時の笑顔がさっぱりしていたんだ。それは僕の憶測なのかも知れない。
勘違いなのかも知れない。
彼はまた"現場"に戻っていったのだ。

そしてクラブはこれで、また一からやり直しなのだ。
posted by おかき at 20:37| Comment(8) | TrackBack(10) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、おかきさん。昨夜からいっぱいブログやニュースを見ました。サポの人たちのものも、よそのチームのサポの人のも・・・いっぱい!やっと、ここではっきりと形が見えました。「2年目に入ったから」なんですね。愛媛でカズが怒ったからでも、急にでもなく、1試合終わったから。いえ、1試合負けたから。そういうことですね?まさか、勝ってやめさせられないモンネ。大方は高木さん急な話で気の毒って、急なわけ無いでしょ。去年1年のお話、とてもわかりやすく、感動しました。作家さんになればいいのに。あ、まさかプロ? お邪魔しました。
Posted by そういうことだったんですね。 at 2006年03月07日 10:21
>そういうことだったんですね。さん

感動してもらえるとはありがたいです。
一サポーターでプロじゃないですw

サポの憶測も含まれてますから、
全部を信じてはダメですよ。

とにかくフロントの迷走はこの事件だけじゃ
ないんですけどね。
Posted by おかき at 2006年03月07日 11:55
感動したのは、筋道だってよォく分かったのと、多かれ少なかれ、サポーターの方たちが思ってるだろうこと⇒「うちの監督じゃなければ、いい人なんだろうけどね、頑張ってね、足達!」ってことを、本人もきっと納得するだろうくらい詳しく、話してくださったことです。ありがとう。  フロントも大きなスポンサーの出現で、あっちへ、こっちへと、大変ですね。しっかりしてもらわなくちゃね。
Posted by そういうことだったんですね。 at 2006年03月07日 21:50
>そういうことだったんですね。さん

この状況はフロントがしっかりしてない事の
裏返しであると同時に、しっかりしないと
いろんなところからの非難の声は
沈められないかなと思います。

株主の支配の力で抑える事はできても、
人間の感情は株の様にパーセントで決まる
程単純じゃないですからね。
Posted by おかき at 2006年03月07日 22:44
 トラックバックありがとうございます。
 1日経ちましたが、『今まで解任の機会なかったわけではないのに、なぜ昨日になって解任になったのか』が知りたい気持ちが強まっています。
(どうしても納得できません)

Posted by H.S at 2006年03月07日 23:43
>H.Sさん

そうですね。僕も今であるべき
「本当の」理由を知りたいです。

予想できた事だとも思っていたので。
僕はそんなに怒ってはいないですけど、
ちょっと筋が通らないですね。
Posted by おかき at 2006年03月08日 00:12
上の人の疑問を解くまえに、昨日の開幕戦の沈黙は、なっかたよ。選手や監督に罪は無い。レオック問題の説明責任をクリアにしていないフロントの責任。サポーターのみんな、昨年の週間プレイボーイの記事よんでなっかたのかな。しかも最後は、拍手なら応援拒否しなくても良かったんじゃない。レオック、読売グループ、楽天グループ、横浜市長は、シリアナ関係。ここで全部説明できないけど。バックナンバーでプレイボーイ読んで。レオックがなぜ、横浜FCをターゲットにしたのは、中田御大名誉会長の給食民営化に、レオックがコネで参入をきめたから。そこに横浜FCという市民球団の象徴が狙われた。株買収も他球団に比べ、圧倒的にしやすいしね。市長選挙近いですし、訴えるなら。この方向性です。
Posted by 横浜fCがんばれ! at 2006年03月12日 15:40
市長選と言われても私は横浜市民ではないんで、任せますよ。

Posted by おかき at 2006年03月12日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

どうして早く言わないの?
Excerpt: 横浜FCは、3月6日(月)をもって足達勇輔監督を解任し、後任監督として高木琢也コーチが就任しましたので、お知らせいたします。 なお、高木新監督は、7日(火)のトレーニングから指揮を執ります。 ってお..
Weblog: It's a piece of my blue
Tracked: 2006-03-06 23:27

さすがにビックリ(@@)
Excerpt: 足達監督を解任、後任監督は高木琢也コーチ 横浜FCは、3月6日(月)をもって足達
Weblog: page26 smooth
Tracked: 2006-03-06 23:38

唐突過ぎますが・・・
Excerpt: オヒサルにて足達氏の監督解任と高木コーチの監督就任が発表されました。 (副社長の
Weblog: 鉄と蹴球の日々
Tracked: 2006-03-07 00:02

足達勇輔監督解任、高木琢也監督就任
Excerpt: まさに「電撃的」な監督交代であった。 しかし、それは同時にチーム、クラブの「迷走」を世間にさらけ出すものでもあった。
Weblog: 横浜FC LOVE!!  >
Tracked: 2006-03-07 00:04

サプライズ!高木琢也横浜FC監督就任
Excerpt: 横浜FCプレスリリースより引用 足達監督解任、後任監督は高木琢也コーチが就任 横浜FCは、3月6日(月)をもって足達勇輔監督を解任し、後任監督として高木琢也コーチが就任しましたので、お..
Weblog: いすみマリーンズ アネックス
Tracked: 2006-03-07 00:19

横浜FC、アジアの大砲高木コーチが監督昇格
Excerpt: ■ 足達監督解任、後任監督は高木琢也コーチが就任 横浜FC 高木コーチが監督昇格 足達監督を解任、後任は高木氏=J2横浜C いやはや驚きました 今年から横浜FCのトップチームコーチに就任した元..
Weblog: 鴎3矢〜栄光へ・・・〜
Tracked: 2006-03-07 07:55

【解任】横浜FC足達監督(元CUPS監督)を解任、後任に高木氏
Excerpt: 足達監督を解任、後任は高木氏=J2横浜FC (時事通信) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060306-00000095-jij-spo  なんと..
Weblog: .n(アルビステーション)本館
Tracked: 2006-03-07 11:28

なんだったんだ? 93DAYS
Excerpt: 今日はこのことに触れざるを得ないのだが、うまく書けないですよまったく。 足達監督...
Weblog: mitsuzawa.net
Tracked: 2006-03-07 12:21

4/8(土)、三ツ沢公園球技場で会いましょう!
Excerpt: 第7節終了時点で単独2位の 横浜FC。 いよいよ今週末、4/8(土)は??天王山?? 首位攻防の直接対決、柏レイソル戦が行われます。 そぅそぅ、タメットCLUBから。 ファンでも手に入..
Weblog: タメットCLUB
Tracked: 2006-04-07 14:52

4/8(蘋_)綫_荳_綫_豐「蘋ャ蘋_軅_訐_蝣エ綫ァ莨_綫_綫セ綫_綫_綫_シ_
Excerpt: 隨ャシ_遽_邨_莠_訐_軅ケ綫ァ蘋_軅ャシ_菴_綫ョ綫_讓ェ豬_FC綫_____綫_綫_綫_綫_莉_饑ア訐ォ綫_4/8(蘋_)綫ッ綫_螟ゥ邇_螻ア綫___鬥_菴_訐サ饑イ綫ョ軅エ謗・蟇セ豎コ綫_訐上_..
Weblog: 綫ソ綫。綫_綫_CLUB
Tracked: 2006-04-07 14:52