最近の記事

2010年03月22日

2010年JFL前期第2節 FC町田ゼルビア-MIOびわこ草津

試合後のヒーローインタビューに呼ばれたのは木島と星だったが、この試合の影のMVPは柳崎だったと思っている。4-1-3-2という前掛かりの布陣を敷くMIOに対して身を尽くしてセカンドボールを守りきり、MIOのFW木下にボールを渡さなかった。



それでも前半はため息の連続ではあった。町田がボールを支配し、長い時間攻勢に出ていたが、フィニッシュの部分で上手くかみ合わない。勝又は空中戦で勝ってるし、木島もキレのある動きでボールをキープできていたが、最後の部分で崩すアイデアが共有できずゴール出来ずにいた。

しかしそれは期待への裏返しであったのだろう。攻め続けて前半30分。得点は木島。勝又がロングボールを受けてドリブルでペナルティエリアに侵入。DFをひきつけて、木島にパス。中央で待っていた彼が放ったボールはDFに当たりながらもゴールに吸い込まれ町田が先制。



その後、反撃したいMIOだったが、比較的バックラインから放り込む事が多く町田の守備を崩せない。4-1-3-2の布陣で前線が焦って前掛かりになるとサイドが手薄になり、町田のSBの津田、藤田のオーバーラップを何度も許してしまう。ワンツーでDFライン近くまで侵入されてしまう程、MIOの守備は機能していなかった。

後半開始早々に、15年ぶりに町田に帰ってきた星がDFの裏に飛び出してゴールを決めて2-0と差を広げて優位に立った。MIOは田中、安里らが前半よりもボールに絡もうとするが、昨年リーグ最小失点を誇った町田の守備陣がそれに耐える。



山腰、酒井を投入し追加点をと目論む町田だったが、木島が「外しすぎです」というようにチャンスを悉く外し観客は何度も天を仰いだが、圧倒的優勢は変わらない。短く感じたロスタイム3分が過ぎて試合終了のホイッスル。町田がホーム開幕戦を白星で発進した。

MIOは浦島の1ボランチはともかく、町田の高い位置からのプレッシャーに戸惑い何も出来ずに90分が過ぎた印象だった。風下の後半は足元のパスを繋ぐ工夫もしたが、それでも決定的なチャンスは1回しかなかった。



昨年町田ゼルビアは、Jリーグ入会申請を断念。それはJリーグ規格のスタジアム確保に目処が立っていなかった事、そして観客動員数が昇格の目安にも足りていなかったが大きな要因である。目標を失ったチームは結果的に6位でシーズンを終えた。諸条件が満たせていなくても、成績だけはクリアしている、そんな気概は見せて欲しかったと思う。2009年後期は調子が良かっただけに悔やまれる。



その諸条件の内、スタジアムについてはクリア出来そうだ。この2010年ホーム開幕戦で夜間照明塔がお披露目され、Jリーグで行われる夏場に行われる夜間開催にも対応。この日来場された町田市長も9月以降に1万人収容のスタジアムへの改修工事を明言。環境面は整備され始めた。

課題はサポーター、観客の数である。木島がゴールの後に相馬新監督に飛びついた様にチームの流れは良い。選手という名の船頭もいる。後はゼルビアという名の夢に一緒に飛び乗る仲間を身を尽くしてでも増やしたいところである。それが澪標になるのだから。
posted by おかき at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ├JFL、地域リーグ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック