最近の記事

2010年04月30日

2010年J2第9節 横浜FC-大分トリニータ 「新しい始まりの日」

昨年終盤に日本サッカー界に激震が走ったのは大分の経営難だろう。J2降格、累積赤字、Jリーグからの巨額の融資。もしかしたら2010年のJ2すら参加できないのではないか。大分のサポーターだけでなく、全国のサッカーファンが心配していたに違いない。
その不安の中で、大分は若くて才能のある選手を移籍金とともに放出し、体制も小さくし外部からの監督招聘を諦め育成部長だった皇甫官を監督に据えて、何とか新しいスタートを切った。

皇甫官とは懐かしい名前だ。元々韓国代表選手で、W杯でも得点を決める程の選手が当時の大分トリニティに加入。当時のJFLの選手名鑑を持っているが、韓国代表経験者がJFLに来る事にどれだけ大きな興味と感動を子どもながら覚えた事か。その皇甫官はそれ以来ずっと大分で指導歴を重ねている。



過去の事を懐かしむのはもう一人、小林宏之である。彼は横浜の2006年J1昇格に貢献した一人である。彼の名前がコールされた時、ゴール裏からはブーイングがメインスタンドからは拍手があった。驚いた事に4年前からその容貌は大きく変わって全体的に引き締まり精悍になり、あの頃の朴訥でドタドタと走る「コバ」の姿は見られなくなっていた。

しかし、彼の守備はあの日と同じだった。横浜は前半から武岡が好調。右サイドをワイドに使い攻略。試合開始から右サイドを支配し押し込んだ。横浜の先制点はここから。前半7分ロングボールに武岡が追いつき、ゴールに背を向けたままヒールパスでサポートに来た西田にパス。西田は内に絞りながら菊地を交わし、大分GK下川の股の下を抜くシュートでネットを揺らした。



小林の脇を抜けてゴールを決める西田。横浜の過去と未来が投影されていた気がした。選手には誰でも未来がある。チャンスは至るところに転がっていて、それをつかめるかどうか。そこには実力も才能も、そして運も必要だ。それを今西田は必死に掴もうとしている。昨年横浜に入団し、初出場初ゴールをやってのけた彼は、今年は序盤こそキャンプ時のケガの影響からかベンチスタートが多かったが、今度は今シーズン初スタメンで初ゴールを決めた。

しかし、先制した横浜を襲ったのは主審の容赦無い笛。先制点から4分後、ペナルティエリア内で戸川が大分・チェをタックルで転倒させてPKを献上。これをチェ自身が決めて1-1の同点。






失点すると弱気になるのがこれまでの横浜。セカンドボールを奪えずズルズルとラインを下げて失点するシーンを何度も見てきた。だが、この試合は違った。1-1の同点という状況で余裕があったのか、大分が抱えている裏のスペースという弱点を突き続け、それが実ったのが前半34分。寺田が中盤でボールを奪うとDF2人の間を走る大黒に針の穴を通す様なスルーパス。オフサイドラインギリギリで抜け出した大黒はGK下川との1対1を制して2-1となる逆転弾を叩き込んだ。



大分は韓国代表キム・ボギョンを中心に攻撃を組み立てるが、横浜は彼と対峙する武岡が自由にさせずここからのボールを遮断。ボギョンは開幕からここまで6ゴールと代表の名に恥じぬ活躍を見せていたがこの試合では大きなブレーキになった。彼はまだ20歳。大きな未来が待っているだろう。



キムを止めた横浜だったが、後半はペースダウン。ラインを上げる事も出来ず、3バックにして前線の選手を増やし途中出場の大分・森島が起点となった大分の波状攻撃の前に防戦一方。中盤は簡単に振り切られシュートを簡単に許す事が多くなり、最後は早川をボランチで投入し何とかロスタイム4分を凌ぎきった。

連敗は5で止まった。しかし、まだ「昇格」などと簡単に口に出来る状態にはない。私達は一つ一つ目の前の勝ちを積み上げて連勝を重ね、上位に追いつかないといけない存在だ。試合前にスタジアムDJが熊本戦で選手紹介時に監督の名前を間違った事について謝罪があったという。選手もフロントもこの勝利をきっかけにして、新しいスタートにしなければならないだろう。
失った時間は決して取り戻す事は出来ない。だが、明日からでも、いや今日からでも、今からでも自分達の未来は変えられる。
posted by おかき at 03:52| Comment(0) | TrackBack(2) | 横浜FC2010観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「横浜FCvs大分トリニータ」観戦記 〜今宵の月のように〜
Excerpt:  正直に言えば、勝ててホッとしたというのが、この試合が終わって最初に思った事でした。  とにかく、この間の「5連敗」でチーム及び...
Weblog: Ali della liberta (in Stadio)
Tracked: 2010-04-30 22:41

vs大分戦(@三ツ沢)を終えて・・・
Excerpt: いやはや、何とか勝つ事が出来ました・・・・・と、正直安堵の気持ちで一杯でした。 そんな試合でしたが、ふとバックスタンドの向こうに目を向けると、それこそ見事な満月が輝いてい...
Weblog: F's“Fulie”blogroom
Tracked: 2010-04-30 22:41