最近の記事

2006年04月02日

2006年J2第6節 水戸戦 「嘘から出た実(まこと)」

高木監督になってから負けない試合が続いている。采配を執る事に
なった緒戦の鳥栖戦は0-0だったが、その後の徳島戦で1-1と
引き分けながらも今期初得点をし、その後は連勝し再びホームに
戻ってきた。

春の陽気の中で、桜舞い散る三ツ沢公園。
三ツ沢球技場では勝利という桜は満開になるのか。


試合はアウグストが前節得点の北村を押しのけて先発。
北村の心中は穏やかではないだろうが、昨年カズが来た時も
得点を重ね、カズの先発出場を数節先まで見送らせていた。
今度は年齢の近いアウグスト、スタメンを外されても
気持ちは簡単に切れないだろう。

そのアウグストは練習試合からそうだったが、味方との連携が
良くなっている。彼自身「チームで過ごす時間が経っているので、
コミュニケーションも問題がなくなった。日本にもしっかり慣れた」

話し、パスを捌く回数も増えた。

また、テクニックがあってボールをキープできるから中島が
裏を走りこめる。高木監督は「水戸が下がってスペースを埋めてくる
からアクセントとなれる選手がほしかった」
とリトリートしてくる
チームへの対処を告白した。

前半一番連携がよくなったと思ったプレーの一つはアウグストが
左から中央に絞りながら、PAやや左のカズに壁パス、
これを簡単にアウグストに戻し、今度は前線の城に壁パス、
これを城は戻さず、裏に走りこんだカズに流す。
カズはフリーになりシュートを放つも決めらなかったが、
今までにないバリエーションでゲームを組み立てる。

押し気味に進める横浜は前半14分。カズのCKをCKでは最重要人物の
トゥイードがなぜかフリーになっており、楽に折り返し、
こぼれたところを吉武が詰めて先制点。1-0

水戸は攻撃に転じようとするのだが、押し上げが遅い上に
前線の水戸・アンデルソンがボールをキープできない。
DF陣に聞いてみたいが、非常に楽な試合だったろう。
接点接点で負けなければ、失点はしないし簡単に負けない。
足達監督の目指したサッカーはこの接点の強さだったのだろうと
思うが、規律や選手同士を結びつけるものが確立できなかったのが
痛恨だったと思っている。
前半の殆どの時間帯を制していた横浜。

このままハーフタイムに。

ハーフタイムで水戸は河野を下げ3バックにして、前線の枚数を
増やし攻撃の最初の基点になっていた中島を潰しに。水戸の前田監督
曰く「中島をいかに防ぐかというところで高橋を入れて相手の起点を
つぶしながら攻撃しようと思った。」
とその意図は後半開始から
すぐに見えるが、これが機能しない。
前線の選手だけでボールは中々奪う事はできない。できないから
全体で献身的に動いていく必要があったりするのだが、それが
この日の水戸にはなかった。試合中の選手の声を聞いていると
焦っているのか怒っているのかそういう声ばかりが響き、
上手くいっていない事がわかる。
新しく施した手が機能しないと前半から劣勢にあった水戸は、
より窮地に追い込まれる。

セカンドボールを支配し、有利に進める横浜FCはここで中押し点を
入れる。後半30分に右PA外からアウグストのFKが城のヘッドに
的確にヒットし、これで2-0

2点差がサッカーでは一番怖い点差だったりするが、
最終的にはFW4枚にしチグハグさを露呈した水戸を
シャットアウトして、完封勝利。

守備陣の勝利だろう。攻撃陣はマイボールでゲームを
進める時間が多く、気持ちよかったと思う。
アウグストがゲームに絡める様になった事も大きく、
中盤でのキープとそのパスの受け手になる事が多い、
城、カズ、内田らの心理的負担も大分軽くなった。

ただ敢えて言うなら、ザザはやはり厳しいと思う。
近くにいたご老人の「あの7番(イザイアス)は、自分がボールを
もらった時に前にスペースがないと、機能しないね」という
言葉その通りだ。
前にスペースが空いているから突破できるのは誰でも当然、
ない時に如何にスペースを作るか、それは個人でなのか、
チームとして組織として作れるのか。
その意図を感じれないザザはちょっと厳しいと思う。
練習試合でも中々機能していない。

後、個人的な意見だと秋葉を使って見るのも先を見越した戦いで
あったとは思う。そこは、まだ経験が少ない監督なのだろうか、
余裕を見せる事はなかったが、それはこの戦いの酒のつまみ程度の話。

そして、この勝利は横浜が自分達で掴んだというよりも
水戸の自滅という色が濃かった。横浜の力が上がったとしても
それはまだどうなのかは次の柏戦でわかる事だ。

4/1はエイプリルフールの日。海外で始まった文化だ。
しかし、日本には「嘘から出た実」という言葉がある。
この日付いた何気ない嘘もいつの間にか夢を叶える事もある。

この日MVPに選ばれた城が大切に抱えていたのは、
図らずも愛娘・夢叶ちゃん。偶然にしては出来すぎだ。
「エイプリルフール」に「嘘から出た実」が始まるのか。
今年の最終節・勝利の女神は誰に微笑んでいるのだろうか。
僕らの夢は叶っているのだろうか。

この日だけでもいいから大きな嘘は付いておきたかった。
そんな思いをさせてくれたこの日の三ツ沢だった。
posted by おかき at 23:45| Comment(0) | TrackBack(4) | 横浜FC2006観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

横浜FC vs 水戸ホーリーホック 第6節
Excerpt: 桜満開の三ツ沢公園球技場。今日は待望の水戸戦です♪ 気温も高く絶好の試合日和! 今日勝てば憧れの3連勝ですよ。フフフッ。 というコトで勝ってしまった訳だが。。。 エイプリルフールだから?
Weblog: It's a piece of my blue
Tracked: 2006-04-03 00:18

横浜FC vs 水戸
Excerpt: J2第6節 横浜FC vs 水戸 (三ツ沢) 桜満開の三ツ沢にて、5年振り(@@
Weblog: page26 smooth
Tracked: 2006-04-03 01:37

【観戦】横浜−水戸
Excerpt: 4月1日(土)横浜2−0水戸@三ツ沢公園球技場 得点:吉武(14分)・城(75分) 危なげなく3連勝を飾りました。まさに完勝。なんと次節は首位攻防戦。三ツ沢のホーム側ゴール前で、得点シーンを見..
Weblog: HAPPY YOKOHAMA
Tracked: 2006-04-03 22:26

J2第6節 横浜FC 対 水戸
Excerpt: 2−0 桜満開の三ツ沢で5年ぶりの3連勝。 得点 14分 吉武 75分 城
Weblog: 横浜FC LOVE!!  >
Tracked: 2006-04-04 00:42