最近の記事

2010年09月07日

第90回天皇杯2回戦 FC東京-駒澤大学 「遅すぎた」

ハーフタイムに動いたのはFC東京だった。前半の内容はプロとしては非常に情けないものだった。FC東京は9月1日にヤマザキナビスコカップを戦っており、この駒澤大学戦を行って、再び9月8日に試合が待っている。その為メンバーを落としてこの試合を乗り切ろうという意図は伝わってきたが、どこでも見られる様に選手が大幅に変わった事で中々良いゲーム運びを見せられなかった。

前半ゲームを良い形で終えたのは明らかに駒澤大だった。中盤でのFC東京のパスミスを奪ってからのショートカウンターが嵌り、ロングボールを棗、山本に当てて展開。碓井、金が前を向いて崩しにかかる姿は迫力があった。駒澤大・林堂のミドルシュートはFC東京GK塩田も反応が遅れたが、僅かにゴールマウスを捕らえる事が出来なかった。



FC東京は押し込まれつつも最後は森重、あるいは田邉が対応して最後の部分では決定的な仕事を許さない。身体を投げ出してシュートに飛び込んだり、ラインの裏まで入られる事はなかった。ただ左SBの平出の動きは良くなく、前半ここを押し込まれ続けた。



それ以上に頭を抱えたのは攻撃だ。鈴木が「ギアを落としてプレーをしました」と振り返った様に、チームはややじっくりと手数をかけて攻撃に回る姿勢を見せたが、その空気感が選手によって異なり、普段のリーグ戦などであればアップテンポで仕掛けるところも当てて、止めて、食いつかせて、回してという工程を行うとどうしてもミスが出てくる。チグハグな印象を受けた。

後半開始からFC東京は一気に2枚代える。大竹と平出に代えて、羽生と徳永をピッチに。これで一気にギアが高まる。運動量豊富な羽生が中盤でのボール支配を高め、セカンドボールが徐々に東京のものになった。それまで駒澤大が入れていたロングボールのこぼれ球を拾う事が出来なくなった。ゲームの流れは一気にFC東京に。
それでも駒澤大ベンチは策を取らなかった。FC東京がボールを小気味良く回し始め、選手が振り回されているが、秋田監督は動かなかった。FC東京に放たれるシュートはどれもGK岡の正面で、それを見てツキがあると感じていたのだろうか。



後半13分。FC東京は平山が後ろから引っ掛けられてPAやや外でFKを獲得。蹴るのはこの試合のセットプレーを殆ど任せられていた松下。右足で振り抜いたボールは壁を越えてゴールに吸い込まれた。FC東京が先制。その直後に駒澤大は選手を交代させるが、後手を踏んでしまった感があり、ゲームの流れを引き戻せない。

1-0になってゲームは予想以上の差が見えてきた。中一日で戦う駒澤大に疲労感がにじみ出てくる。押し込むのはFC東京。こうなってしまうとここで席を立ってもよかったのかも知れない。前半と違って駒澤大はゴールに迫るのも難しくなった。



それでもFC東京がペースを落として、駒澤大がボールを持てる時間帯もあったが、その時間帯にFC東京は追加点を挙げる。右サイドの浅い位置から羽生のアーリークロスに、平山がヘディングで競り勝ちゴールネットを揺らして2-0とする。
その後に駒澤大は2人を立て続けに代えたが、完全に後の祭り。無為に時間だけが流れていった。体力が厳しいのだからフレッシュな選手を先に入れてかき回しにいくべきで、ゲームが決まってからかき回しても波風は立たない。

そして、タイムアップの笛が吹かれFC東京が3回戦に進出した。中一日で駒澤大はプレーを強いられてしまい、後半はFC東京がテンポを緩めなければもっと点差は開いていた。だが、FC東京もリードしておりペースを上げたくないという双方の事情から後半の最後の15分は正直無味なものになってしまった。

この過酷な日程は本当に意味があるのだろうか。一般的に優位とされるプロクラブは水曜に試合をしても最低中3日も時間があるのに、片や一回戦は金曜日で中一日しか休息の時間はない。2回戦に進んだ県代表組の監督の試合後の弁でも、殆どは散歩や休息程度しか出来なかったというものが圧倒的だ。そして、その力関係を分かったからなのだろうか、試合会場はあまりにも閑散としていた。
これなら西が丘で行われていた東京Vと町田の試合に行けばよかった。とは言っても、西が丘で試合が行われる事を知ったのはチケットを購入した後であり、これまた知るのが遅すぎた。残念。
posted by おかき at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ├JFL、地域リーグ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック