最近の記事

2010年11月30日

2010年J2第37節 横浜FC-ザスパ草津 「このチカラ」

後半43分草津・田中が右サイドを駆け上がりペナルティエリア近くまで侵入する。それに対応する渡邉だったが、足を滑らせて内側を空けてしまう。その一瞬の隙を見逃さず田中はシュートを放ち、角度の付いたボールがゴールに向かって飛んでいく。横浜GK関はキャッチしようとしたがそれをこぼし、そこに詰めていた草津・高田がそのボールをゴールに流し込んだ。呆然と立ち尽くす横浜の選手達。
その後、早川が前線に上がりっきりになりロングボールを放り込むが、草津に跳ね返されそれまでの88分間と同じく得点機を作る事もままならないまま2010年三ツ沢で聞く最後の笛を聞く事になった。

2010年最後のホームゲームと意気込んだ横浜FCだったが、試合が始まってみるとゲームを作る事も殆ど出来ない状態。昇格枠が全て決まり、レンタル移籍の選手を多く抱える横浜にとっては自身の去就が事あるごとに頭をよぎっているのだろうか。そんな迷いはそのままピッチで現れる。



前半からチーム全体の動きは重く、9月10月に見せた躍動感はどこにもない。フィールドプレーヤーで唯一戦力外通告を受けた早川だけが、獅子奮迅の動きで草津の攻撃を寸でのところで身体を入れてゴールを許さない。余計な思いを振り切った者が一番強い。



それは草津・高田も同じ。チームを離れる事になっても、最後の最後までボールを追う姿。状況こそ違えど、いつか横浜で見た城の姿をだぶらせていた。2006年の城が31歳、2010年の高田も31歳。一種の清々しさを感じた。



横浜はシュートこそ放つが、「打たされている」という説明がピッタリで、枠を捉えるすら出来ないまま、徒労感だけが圧し掛かっていく。

後半、横浜の足は動く事なくセカンドボールに競りも行かないという、根性とは凡そ対極な極地にいた。根性だけでは勝てないかも知れないが、根性すら出せないチーム。

後半は草津・菊池に中盤を蹂躙され、徐々に横浜は前進する事すらままならない。難波、寺田に代えて、久木野、野崎を入れるがカンフル剤にはならない。怪我している野崎は持ち前の身軽さ、ドリブル突破はなく、低い位置でボールを捌くのに終始する。



季節と同じく寒い試合のままホームゲームが終わろうとしていた後半43分。高田がこぼれ球を押し込んで草津が貴重なゴールを上げてそのまま試合は終了。早川を勝って送り出す、勝利で今シーズン最後のホームゲームを締める、クラブが作り出そうとした幻影は簡単に打ち砕かれた。



今シーズンで"また"多くの選手が戦力外になった。この試合も多くの選手はレンタル移籍か自分が鳥栖時代に教えていた選手達。その選手達で固めても結局この程度のゲームしか出来ないのは、選手だけの問題ではない。個の力を望んでも、そんな都合よく機能する選手が来るはずがない。どうやって育てていくのか。それが監督の使命である。

リーグ終盤に崩れるのは鳥栖時代と同じ。押されてしまうと後手に回り先制を許すと逆転できない、肝心な試合で全く勝てないのは、このリーグ戦でも何度も見た光景である。「根性だけでは戦えない」とは岸野監督の前節でのコメントであるが、彼自身も横浜でこの殻をどう打ち破っていくのか。外から自分の戦術に合うレベルの高い選手を連れてくるだけなら、監督は誰でも出来る。それを如何に組み合わせていくのか、そしてどうやって結果を残していくのか。草津に勝てなかったのは、選手の個の力が足りないだけなのだろうか?個の力を最大限に表現する対応力に乏しい監督の個の力が足りていないのではないか。大きな疑念が残った試合となった。

来年どんな選手補強をしてもまたしても中位に留まってしまうのではないか?そんな予感さえさせられたゲームだった。昇格を本当に目指せるのだろうか、この地から。
posted by おかき at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2010観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック