最近の記事

2006年05月23日

スティーブン・トゥイード「軍曹」に名誉除隊を命ず

某掲示板の出所のない噂でもなく、BBCにも出てしまった位の
大きなニュースは我々横浜FCサポを震撼させ、
正式発表を待つだけというまるで断頭台に首を固定され、
刃を落とされるだけの状態で幾日も経過した今日とうとう
一通のメールがクラブより届く。

「トゥイード選手 帰国のお知らせ」

赤紙だ、召集令状。

昨年も一時移籍の話が浮上してはなくなりという事があったトゥイード。
それだけ海外でも、とりわけ出身地のスコットランドでは評価の高い彼。

僕達もいつかどこかに行ってしまうのだろうと思っていた。
もちろん彼と一緒にシーズンを終えたかった。それはどんな結果であれ。

チーム1のセットプレーの武器だったし、
長身を生かしてハイボールでは負けなかったトゥイード。
いつかの札幌戦では開始からポストこなしたり。
あの闘志溢れるプレーはもう見られない。
そして、菅野とのキックオフ前の儀式ももう見られないと思うと寂しい。

僕は6/21の三ツ沢最終戦を見られないが、チームとしては絶対に
最後どんな形でもいいから「送別式」をやって欲しい。
試合前のセレモニーでもいい。挨拶だけでもいい。
6月にいないなら今週末でもいい。
彼を愛して止まないサポーターに対してクラブが出来る
最低限の礼儀を見せて欲しい。


「スティーブン・トゥイード軍曹に敬礼!」
posted by おかき at 03:00| Comment(4) | TrackBack(3) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバック、ありがとうございます。
軍曹の送別会、大賛成です。
オレも人間として、軍曹は大好きでした。
イギリス紳士の風格と優しさを兼ね備えた色男。
是非、コーチとして戻ってきて欲しいと思います。
ジョンブル魂よ、永遠なれ!
Posted by 87ちゃんねる at 2006年05月23日 06:43
>87ちゃんねるさん

コメント&TBありがとうございます。

そうですね、あの風格で品があって、しかしプレーは激しいというのが格好よかったですね。
選手を大切にしないクラブはサポもソッポを向きます。
いつでも売れるカズのタオルマフラーを売る前に、
もう何年も苦しい時を幾度も救い、一緒に戦ってきた彼の姿を見たいです。
Posted by おかき at 2006年05月23日 10:03
トゥイード選手のような、ヨーロッパ方面の選手は本当に日本にとってもフリエにとっても貴重であり、本当に悲しいです。

奥寺さん、FC東京だって活躍した外国人選手をめっちゃ称えているしね
Posted by 河野・ルイス・サダカツ at 2006年06月29日 16:19
>河野・ルイス・サダカツさん

トゥイードの帰国は悲しいです。

ただ表立って契約がどうのという話ではなく、
家庭の事情では仕方ありません。

クラブもセレモニーをしっかり開いてくれました。

次は彼に昇格という「便り」を聞かせてあげる事です。
Posted by おかき at 2006年06月29日 19:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

トゥイード選手退団
Excerpt: 去就が注目されていたトゥイード選手の横浜FC退団が発表されました。 非常に残念ではありますが、仕方がないのではと思っています。
Weblog: 横浜FC LOVE!!  >
Tracked: 2006-05-23 05:18

鬼軍曹、故郷へ帰る
Excerpt: 写真を撮らせてもらおうとすると彼は決まってするコトがある。 一緒に写真を撮ろうとジェスチャーを交え鬼軍曹というニックネームに程遠い笑顔で接してくれるのである。 彼の名はスティーブン・トゥイード。..
Weblog: It's a piece of my blue
Tracked: 2006-05-23 18:23

正式発表 (T??T)
Excerpt: クラブよりメールが届きました  この度、当クラブ所属のトゥイード選手が、ご家族の
Weblog: page26 smooth
Tracked: 2006-05-23 18:36