最近の記事

2011年05月16日

2011年JFL前期第11節 FC町田ゼルビア-ブラウブリッツ秋田

挙げた勝ち点は共に1。しかし、町田にとって見れば何とか得た勝ち点1にだった。序盤ホームの町田は攻勢に出る。勝又を前節の退場で欠いた攻撃陣だったが、2トップに入ったディミッチはボールキープに優れ、北井はスピードで相手を霍乱させる。
早速前半6分、北井のドリブルを秋田の選手がファウルで止めてゴールほぼ正面でFKをもらうと、町田・鈴木が25メートル近くあった距離をモノともせず直接ゴールに叩き込み町田が先制。



しかし、町田はこの後が続かない。攻撃はやや左サイドに偏り、ディミッチと北井が厳しくマークされると単調な攻撃が続き、追加点の匂いすらしなくなってしまった。4-3-3の布陣を敷く秋田のバイタルエリアをこじ開けようとしすぎて、ミスからボールを奪われる事が多かった。左サイドの津田からのクロスもあったが、中とは殆ど合わない。

秋田もここまで1勝1分2敗と決して調子は良くない。10番松田を1トップに置くが、他の選手との距離感が遠く孤立している。彼をサポートするのがサイドの選手なのか、2列目の選手が飛び出すのかやや曖昧で攻撃の形が見えてこない。サイドに展開しても、内に絞って横パスを出した時には町田の網にかかりハーフカウンターを許してしまう。秋田は攻撃が右サイドに偏り、小沢・松ヶ枝で攻めるが上手くいかない。
左サイドの比嘉は今年柏からレンタル移籍で秋田に加入した。3トップの左で先発していたが、ボールを簡単に失い、攻撃にも意図が見えず周りと合っていなかった。このポジションでは難しいと考えていた矢先、彼がゴールを挙げる。前半25分位まではサイドに張っていたが、それからは前線の裏のスペースを狙って何度も飛び出そうとしていた。その意図をやっと後ろの選手が理解し、ロングボールが入る。これを町田のDFがミスをして後ろにいた比嘉に渡るとGKとの1対1を制してゴールにボールをフワリと流し込んだ。比嘉は2トップのシャドー的なポジションの方が活きる気がするのだが。



後半になると町田が先に動いた。鈴木に代えて山腰の投入。前線でタメを作れる選手を入れて、ボールの支配を目指す。ただその効果は限定的で、千野、小林が身体を寄せて自由にさせない。
秋田も反撃の機会を伺うが、3試合連続でゴールを挙げている松田が前を向かせてもらえず、チャンスは単発的だった。

後半は両チーム共、前半以上に退屈なサッカーを繰り広げるまま時間だけが過ぎていった。そして1-1の引き分けに終わった。



町田のポポビッチ監督は試合後「後半は、見違えるようなサッカーをすることができました。」と話していたが、これには首を傾げた。確かに山腰から北井というラインだったり、柳崎の攻撃参加など厚みはあったが、シュートまでは殆ど持っていけなかった。北井が強引に放ったシュートも秋田・千野が身体を投げ出し弾かれてしまった。両チームのシュート数が6対5という様に、非常に退屈な試合になってしまった。シュートを打っていれば楽しいかという話ではないが、シュートへの形が殆ど無かった両チームの対戦は渋いものだった。

町田にしてみればJリーグ昇格を目指している中で、痛い取りこぼしになってしまった感がある。まだ開幕して数試合とは言え2500名程度の観客でスタジアムは閑散としており寂しいものがあった。
逆に秋田に取ってみれば先制を許す苦しい展開ながら同点に追いつき、試合終盤にはオフサイドで取り消されたが幻の逆転ゴールもありこれからという空気を少しだけ感じる事が出来た。



とは言え、まだ開幕してから4、5試合だが勝ち点差7で16チームがいる稀に見る団子状態。まだ誰も最後の結果は予想出来ないだろう。Jリーグに上がってくるチームがあるのか、それともHondaを筆頭に企業チームがそこに立ちはだかるのか。秋が楽しみだ。
posted by おかき at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ├JFL、地域リーグ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック