最近の記事

2011年05月22日

2011年ホッケー日本リーグ第1節第2日 ソニーHC BRAVIA Ladies-東海学院大学

昨年4年連続三冠(全日本選手権、日本リーグ、社会人選手権)を制したソニーの力をまざまざと見せ付けられる試合となった。2年ぶりのホッケー日本リーグの観戦であるが、大学時代に実績を残した選手がそのまま強豪チームに加入すれば当然強い。FBの林は立命館時代に下位に低迷するチームにあって一人吼え、戦い、相手に向かっていく選手だった。徳島は山梨学院大時代、サークルの中で華麗に何本もタッチシュートを決めていた。今年は天理大学でチームの主力だった及川、そして山梨学院大でFBとして縦に鋭いパスを入れ続けた丁ナリが加入。現役韓国代表の金ボミや東海学院大の主力深野も加えると圧倒的な戦力で、このチームに対して学生が戦うのはかなり厳しい。

実際先制点は開始からたったの2分。金ボミが突破し、左にいたフリーの村上にパス。彼女がこのボールをキレイに流し込みソニーHCが先制点を挙げた。その後もソニーHCの攻勢は続く。金、山本、村上が相手の攻撃の芽を潰し、千葉、中島という日本代表2人がサークルでも悠々ボールを失うことなく前を向いて攻撃を続ける。



押し込まれ続けていた東海学院大も永井を中心に反撃。前半8分に得たペナルティコーナーのフェイントプレーで石田がフリーでボールを流し込むだけだったが、高く浮かしてしまいゴールは認められなかった。このチャンスをモノに出来なかった東海学院大学にはその後チャンスが訪れることはなかった。

同点の危機を免れたソニーHCは気を引き締めなおして再び攻勢を強めると、前半19分右サイドを粘り強く突破した戸田から新加入の深野へ。サークルに飛び込んできた深野がこれをゴールに押し込んで追加点を挙げると、前半25分には金ボミがサークル内で身体を投げ出しながらのリバースシュートを決めて3-0とリードした。
金のシュートにより気持ちが切れてしまったのか東海学院大学は、前半が終わっていないが運動量が目に見えて落ち、ソニーのドリブルに付いて行くのがやっとの状況だった。



この状況を尻目にソニーは更に追加点を挙げる。3点目を決めた深野がサークル内でシュートを放ったこぼれ球をフリーで飯村が押し込み4点目。5点目は前半終了間際、左サイドから千葉が強いヒットで折り返したボールを深野が押し込んで5点目を挙げ、ゲームを決めた。

後半は前半とうってかわって静かな展開。ソニーHCは点差も考えて無理に速攻を仕掛けず、ポゼッションを支配しながら左右から揺さぶる様に攻撃。

反撃したい東海学院大学だが、前半から自陣でプレッシャーの無いところでもパスを回せない。カウンター気味に持ち上がってもサポートがおらず前線で永井が孤立し、結局ボールを奪われるという展開を続けていた。



ソニーは千葉がゴールに何度も迫るものの、どうにも枠に飛んでくれない。途中からは高卒新人の武井、花房も起用するなど余裕の試合展開。また守備では林が激しくプレスに行き東海学院の攻撃を許さない。多くの決定機があったソニーHCだったが、後半は得点を奪うことが出来ず5-0のまま試合終了。開幕から2連勝を飾った。

ソニーは開幕して2戦目(1戦目は前日)という事もあり、連携でやや噛み合わない部分もあったが、前半だけでゲームを決めてしまった。スタメンの半分以上が現役代表選手で固まっていればこの位の力はあるのは当然。中川、そして三浦が復帰した時より一層強いソニーHCが見られるかも知れない。



東海学院大学は、運動量とスキルが不足していた。判断が遅いから簡単に囲まれてしまう。判断が遅くなるのは、周りのサポートが少なすぎたから。結局それが自分達を苦しめてしまった。個々の技術の高さも必要だが、全体的に運動量が少ないとパスが繋がらないのはチームスポーツ、特に球技はどこも同じ。もう少しチームに運動量が欲しかった。
posted by おかき at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック