最近の記事

2006年07月13日

2006年J2第27節 横浜FC-サガン鳥栖 「彗星」

「サッカーから離れていて、前からそうだが、サッカーをやっていてとても楽しいし、本当に今はそれだけ。こうやってやらせてもらえる環境をくれたチームに感謝して毎日やっている」


試合後、体調不良が伝えられた城。

この試合後、滝澤選手が口にした言葉。これは彼の素直な言葉だろう。
プロサッカー選手は毎年毎年が勝負。星に例えるならサッカー選手の人生は惑星でも恒星でもなく彗星。ずっといつまでも同じところには居られない。夜の彼方から彼方に流れては、いつかは輝きをなくして消えていってしまう存在。

彼は、長く所属した名古屋から移籍し、神戸、千葉と渡り歩くも昨年末にはその千葉からも解雇される。自分の今にも消えかかりそうな輝きを彼はもう一度自分の手で甦らせた。

この試合、横浜は全くゲームを作る事ができなかった。スタッツでシュートが4本と言う様に、攻め手すら見つからなかった。前半から運動量が少なく、オフザボールの動きも悪い上に、前線でボールがキープできないので、相手PA付近で跳ね返されて、鳥栖のペースでゲームは動く。


飛び出しは悪くないのだが、その次のプレーが課題の吉野

ただ、横浜は鳥栖の攻撃を殆ど空砲に終わらせる。鳥栖の新居と鈴木を分断し孤立させる事で、連動した動きを作らせなかった。確かに彼らへのクロスはあったが、きっちりマークに付いて次のプレーへの余裕をなくさせたのでピンチらしいピンチはなかった。


鋭い飛び出しはあったが、味方のサポートが少なかった鳥栖・新居

後半になって両チームともに選手交代で、先手を探るがどれも得点には
結びつかなかった。アレモンの突破からのシュートもサイドネットに、
鳥栖・高橋のFKも菅野が左手一本で弾き出す。

今や鳥栖の若頭に成長。センスの高さを見せた鳥栖・高橋

2位にいながらもここ1ヶ月未勝利を誰もが覚悟し始めた時、滝澤は高木監督に呼ばれゆっくりと、そして前を向いてピッチに入る。後半35分の事。

その1分後。。。彼の最初のトラップからその軌跡は眩く浮かび上がる。左足の甲でボールを蹴り出し相手を置き去りにすると、中に居たアウグストとワンツーで80分間横浜の誰もが破れなかった鳥栖DFラインを抜き去り、鳥栖GKシュナイダー潤之介の脇下を抜ける貴重な決勝点を決めた。

単に得点だけではない、横浜の攻撃に今一番必要な、前を向いて仕掛ける事と、ワンツーという極当たり前のフリーランを彼は一人で体現したのだ。観客の苛立ちが生む、むせかえる様な暑さを吹き飛ばす光。

まだ彼にとってはやり直しの1歩目かも知れない。日が当たる事もなく、薄暗いこのJ2の世界。しかし、前を向いて走り出す彼の目には、そんな思いは微塵にもなかった。「サッカーがしたい。」

混沌とした暗闇の中に舞い降りた一筋の「真っ直ぐ」な光。
それこそ彼が今抱いているサッカーへの思いではないか。


この日彼の周りは時間がゆっくり流れていた。横浜・滝澤

この日三ツ沢に集った2690人は横浜の新しい星の目撃者になるだろう。左サイドを瞬く間に駆け抜ける滝澤邦彦という名の彗星を。


試合後、すっかり顔だけイタリア人鳥栖・宮原と滝澤。元名古屋の二人
ラベル:鳥栖 横浜FC
posted by おかき at 12:23| Comment(0) | TrackBack(3) | 横浜FC2006観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

横浜FC vs サガン鳥栖 第27節
Excerpt: そんなこんなで崔成勇選手の入団セレモニーに間に合わなかったワタシです。 今日こそは勝ちたい! きっと選手もサポも同じ気持ち! よっしゃ~勝ちに行こうか! シュート4本で勝っちゃった♪
Weblog: It's a piece of my blue
Tracked: 2006-07-13 13:07

山口素さんキャプテンマーク
Excerpt: オ〜レ♪オ〜レ♪やまぐっちもっとひろオ〜レ♪オ〜レ♪オ〜レ♪やまぐっちもっとひろオ〜レ、オッオー横浜FC-鳥栖戦@三ツ沢を観戦し、横浜FCG裏のみなさんと、歌ってきました。つい…うっかり。G裏に、お立..
Weblog: 横浜発アルビレックス新潟観戦記
Tracked: 2006-07-13 20:15

横浜FC vs 鳥栖
Excerpt: J2第27節 横浜FC vs 鳥栖 (三ツ沢) ここ4試合勝ち星のない横浜。やっ
Weblog: page26 smooth
Tracked: 2006-07-14 00:35