最近の記事

2012年05月09日

2012年ロンドン五輪ホッケー男子最終予選 日本代表-南アフリカ代表

日本代表のファンでふくれあがったスタジアムに静寂が訪れた。後半19分、南アフリカに追加点が入る。0-2と引き離される。点差よりも、追加点を許したシチュエーションが最悪なものだった。先制点を南アフリカに許した日本は、粘り強く反撃しPCを獲得する。しかも、相手の選手がフライングで一人退かなくてはならなくなり、GKを含めて南アフリカは3人しかない。誰もが日本代表の同点劇を想像したに違いない。



ところが、そのPCをミスし南アフリカに奪われて一気にカウンターを許す。そのカウンターこそは、何とか外にボールを出して逃れたが、クリックスタートした南アフリカに対応出来ずサークルほぼ正面からフリーでリバースヒットでゴールを決められてしまった。



残り16分しかない日本は逃げ切ろうとする南アフリカをこじ開けにかかった。攻撃時は粥川を一人残し、ディフェンスの長澤も前線に上げてほぼ全員で南アフリカゴールに迫った。後半25分からは立て続けに3本のPCが与えられたが、どれも南アフリカ代表GKピーテールセの好セーブに遭い決める事が出来ない。



南アフリカは徹底的に時間を稼ぐ。ボールを奪えば前線の選手にスクープをしてとにかく遠くにボールを飛ばす。時には迫力のある身体能力を活かしたカウンターを繰り出す南アフリカの攻撃をGK吉岡が懸命のセーブで追加点を許さない。



後半29分。サークル内の右サイドを突破した北里が角度のないところからゴールを叩き込んで待望のゴール。これでスタンドもヒートアップし、もう一点という空気に包まれるグリーンスタジアム。
残り5分は退場者が出た事もあり、GKを下げてFPを入れてパワープレーに出る。だが、サークル手前で判断が遅く反則を犯して相手ボールにしてしまったり、小さなミスでパスがつながらなかったりと、南アフリカを攻めあぐねた。南アフリカもほぼ全員でサークル付近を固め、打ち込む事も許さない。



そして運命の後半35分の終わりを告げるホンが鳴った時、それは南アフリカの勝利を告げる音でもあった。フィールドに崩れ落ちる日本代表選手。それとは対照的に皆で抱き合う南アフリカ代表。前日のさくらジャパンに敗れたアゼルバイジャン代表はこういう気持ちだったのだろう。



前半はスコアレスドローだった。ほぼ互角の試合だった。少なくとも4年前、世界ランク1位のドイツみたいに遊ばれている感はなかった。それだけに本当にもったいない失点を許した事で、ゲームを自分達で難しくしてしまった。



今後五輪の最終予選がなくなるとも報じられている。国際大会の結果などで順位で決まるというのであれば、本当に長期的に強化をどうしていくのか、協会は検討する必要があるだろう。
資金がないのは、どのアマチュア団体も同じ。協会加盟の学校に招待券を配布してスタンドを埋めるという内輪な事は即刻辞めて、スポーツとして一般の観客に楽しんでもらって、どうやってお金やパワーを引き込むかを考えていく段階にある。



4年後五輪に出場する事が出来るのか。前回五輪に出場したのは、1968年。そこから長い間にたまった過去のしがらみをどれだけほどけるか。各務原に来ていた観客でも多くが選手、OB・OG、選手の家族、高校・大学のホッケー部員で、純粋にファンと呼べる人間は少ない。4年でプレーが向上していたとしても、それを取り巻く環境が変わっていなければ彼らの後押しは誰も出来ない。そういう状況をどこまで変えられるか。厳しい道のりではあるがそれこそ学問に王道なし、ホッケーの普及に王道なしであると思う。
posted by おかき at 03:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ホッケー五輪予選観戦お疲れ様でした。

 おかきさんが書かれている『多くが選手、OB・OG、選手の家族、高校・大学のホッケー部員で、純粋にファンと呼べる人間は少ない』ですが、ホッケー協会が「普段から、いかにホッケーの経験がない人に見てもらえるか」という努力を怠っているともいえるかもしれないです。

 また、『協会加盟の学校に招待券を配布してスタンドを埋める』についてもこういう時にチケット買ってもらえるチャンス(選手強化資金に回せるチャンス)かもしれないのに、配布してしまうことで試合観戦の価値を下げてしまっているようで悲しくなりました。
Posted by likefulie at 2012年05月09日 23:59
別途書こうとは思っているんですけど、まぁ根が深いというか何というか。
それでもまだ最近はFacebookやツイッターをやったり、ブログの更新もしたりしているんですけど。

肝心のスタンドが、関係者が一杯という状況もどうかと思うんです。だって、試合が終わった他の国の代表選手の席がない状況にもなってましたし。(コレは元代表選手のブログでも書かれてました。)
Posted by おかき at 2012年05月10日 11:16
ホッケーの試合を2008年のペキンオリンピック予選を始めて観戦して、子供も少年サッカーから
中学校から4人兄弟(4つ子)はクラブはホッケー部に所属して今年で高校3年生4人そろってホッケーを楽しむのも最後になり、子供4人と親2人で
ホッケー男子のオリンピック予選の応援に参加して
男子は決勝で負けて、女子はオリンピックに行ける
我が子のホッケーの大会と同じになってしまいました。男子3人は優勝・女子は3位同じグリーンスタジオの同じフィルドでまた同じ気持ちになりました
ホームグランドで沢山の応援してもらったのに、残念でした

Posted by 瀬川 亮成 at 2012年05月10日 17:34
はじめまして。

伊吹高校の父母の方でしょうか。
高校選手権も代表も男女で明暗分かれる結果になってしまいましたね。

超満員のスタジアムだったのに。。。
Posted by おかき at 2012年05月10日 18:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック