最近の記事

2007年03月19日

2007年J1第3節 川崎フロンターレ-横浜FC 「六道輪廻」

川崎・黒津が放ったシュートが、菅野の手を弾きゴールに吸い込まれた。このシーンを目を逸らさずに何人の人が見られたか。君たちは逃げ出さなかったか。



昨年あるいは今年から横浜FCのサポーターになった人間には残酷なシーンだった事だろう。「ハマナチオ」ともてはやされた強固な横浜のディフェンスが好きな様に切り刻まれていくのである。


またしてもジュニーニョの毒牙に。

私はこの図を見ながら一つ思い出した事がある。飛行機が飛び立つ時、一番負荷を受けるのは「翼」である事。巨大な力を生み出すエンジンを支えるだけでなく、小さな整流板を使って空気の流れを浮力に変える。それと同じ様に強い力が横浜FCという名の翼に圧し掛かった。

試合開始から猛然と攻めるのは川崎。これは事前の予想通り。ただ、前節のFマリノス戦と異なるのは、サイドまでも押し込められた事。右を村上、左を森という元仙台コンビに支配され、まるでDFラインは翼が撓るかの様に緊張を強いられた。

サイドを支配されるという事は、サイドの選手を上手く引き出す中央の選手が効いているからであり、川崎のジュニーニョ・マギヌン・黒津が巧みにスペースに入り込み、横浜守備陣の穴を作り出し、穴に突き刺す一筋のパスを通すのは中村。横浜はブロックを作る前に、縦にボールを通され続けた。


中村を抑えられない以上、失点は必然

サイドを押し込まれて、中央に、その中央で簡単に裏にボールを通され続けての失点シーンは、横浜FCが昨年作り上げてきた守備という名の「翼」を根本からへし折られたシーンだった。

前半最後に3点目を入れられた時点でこのゲームは終わっていた。後半の川崎・森の退場も、黒津の2得点もおまけの様なもの。

横浜FCのサポーターが声を失ったのは、失点を続ける事ではない。攻める形が見えてこない事である。元々J2から昇格したてのチームがそんな簡単に勝てる程甘くない。


和田はクロスの精度とオーバーラップが出来ないと厳しい

小村は何でもかんでも自分の足元に来たボールをロングボールするしかできなかったし、中盤では足が止まった選手の足元にボールをパスするしかない。前線では手を挙げて4人もの選手が、相手の見えるところで右往左往している。フリーランニングを誰も実行していない。


シウバは怖いが、画面上横浜の選手がいない。攻撃も単発だった

途中交代で入ったシウバの個人技は何かを予感させたが、待って見ているだけの選手には、その予感を結果に変える力はなかった。横浜FCがJ2初年度に0-6で屈し、またJ1初年度で6-0と屈した。これを輪廻と言わずして何というか。

最初の対戦から6年が過ぎて、差は縮まらなかった。いや、広がったと見るむきもある。この点差ではどんな言葉も空虚にしかならないのか。


奮闘した滝澤だったが、周りが動かなければ突破も何もない。

ただ、あれから6年のこの試合、私達は新しく手にしたものがある。いつもなら空席が目立つゴール裏にも多くの観客が入った。ゴール裏は試合終盤ブーイングではなく、声を出し続けた。この点差「6」を埋める「六」道という地獄を見て来いという川崎からのメッセージでもあり、その「果てしなき道」まで全てどこまでも付いて行くという熱き気持ち。
翼は折られたかも知れない、でも心は折れていない。閉口している場合ではない。この「苦杯」という名の輪廻は、勝利でしか解脱できない。そう必ずや、勝利を信じて。
ラベル:川崎 横浜FC J1
posted by おかき at 02:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 横浜FC2007観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「川崎フロンターレvs横浜FC」観戦記 〜始まりの終わり、そしてこれから〜
Excerpt:  改めて言うまでもない。気持ちのいい位にまでの完敗だ。笑うしかない。 川崎フロンターレ 6 (3−0) 0 横浜FC 【得点者・川崎F】 14分 ジュニーニョ 23分 村上 和弘 ..
Weblog: Re:F's blogroom
Tracked: 2007-03-19 23:25