最近の記事

2015年11月23日

「未完のタイキ」村井泰希

彼の横浜入団は当初から曰く付きだった。2010年オフ高卒で横浜に入団し背番号1を背負っていたGK大久保択生が契約延長を拒否して移籍した事に始まる。GKが3人しかいなかった横浜で年齢的にも若手の背番号1を突如失うのは大きかった。そこで緊急補強として白羽の矢が立ったのがこの村井だった。
名門・四中工で1年生から正GKとして活躍。関、シュナイダーという中堅、ベテランの選手に加えて18歳で高卒なら年齢的なバランスも良い。全国高校選手権にも出場しており、実力も一定程度ある。

しかし、プロの壁は厚かった。2011年、2012年と出場はおろかベンチにも入れない日々が続く。2012年に至っては、強化指定選手としてGK島崎が加入。居場所を失っていく村井。

IMG_0556_20110219.jpg

2013年からはGK渋谷の加入も決定し、2013年も第3GKを争う事となる村井が一大決心。横浜FC香港(現在の夢想駿其足球會)へのレンタル移籍を決めた。そして記録としては5試合の出場にとどまってはいるが、海外でプレーする事は、個人的には日本だけにいるよりも遙かに良い経験になったのではないかと思う。なぜなら海外のリーグは、日本よりも流動化が激しい。それはチャンスの数も多い事を示す。
日本の方が待遇はいいかもしれないが、若くて野心的な選手なら別に日本でなくてもプレーして名を上げる事は皆考えている事だろう。

IMG_9190_20120415.jpg

それでも村井は日本にこだわった。2014年横浜FC香港がAFCの規定により親会社が変更になりチームが変更になると、レンタル契約も終了して日本に帰国。2014年は愛媛でプレーをした。2014年の横浜は、南を筆頭に渋谷、そして横浜FCユースから昇格した高丘と、村井が横浜に入団した時よりも激しかった。

勝負の2015年だったが、出場どころかベンチにも入れないままシーズン終了。感覚的にはA契約の壁なのだろうと思う。決して大きくないチームでGK4人体制、そして南、渋谷、世代別日本代表経験のある高丘と前には並んでいる状況では契約延長は厳しかったのかも知れない。

IMG_5337_20150125.jpg

それでもタイの合宿でも見たが、決して腐らずボール一つ一つに食らいつくその姿は真摯そのもの。村井も横浜では出場こそできなかったが、横浜の売りの一つは田北GKコーチが育てるGKは結果を出すという事。まだ23歳。下を向くな。自分が大器だと信じて次の道を進んで欲しい。
ラベル:横浜FC 村井泰希
posted by おかき at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC選手列伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック