最近の記事

2016年08月12日

2016年J2第28節 横浜FC-北海道コンサドーレ札幌 「やっちまえと言われたから、やっちまったな」

老若男女が大挙して、ゴール裏で「やっちまえ」コールしている時の気持ちってどんななんだろう。自分なら下らなさすぎて多分そんなチャントには合わせないだろう。しかし、それがあの大きな声になるのだから、本質的に好きなんだろう。

IMG_6334.JPG

もっとも、「やっちまった」のは札幌だった。10戦負け無しの現在絶好調の首位だが、前半からもっと胃がキリキリするようなゲーム展開になるかと思いきや、横浜の2トップにはボールが収まり、札幌はセカンドボールを拾えない。前半危険なシーンも宮澤のシュートがポストを叩き、荒野がオーバーヘディングシュートを放った位で、都倉も試合を通じて目立たなかった。
怪我人が出ており、前の試合から中3日と言うこともありメンバーに変更を加えてきたのが裏目が出てしまった。

IMG_6467.JPG

横浜は2トップにボールが収まるので上手く選手を引き出せていた。ただ、横浜の課題は2列目の選手がどう攻撃に関わるかというところ。千葉戦や北九州戦の佐藤の様にバイタルエリアに飛び出してくるとチャンスになるが、この試合では右サイドの野崎が絡んでいった分限定的になってしまい、フィニッシュまでが雑な野崎のプレーでいくつかのチャンスは潰えてしまった。
しかし、野崎の醍醐味はスペースでボールを受ける動きと運動量、スピード。右サイドにはスペースがあり、ここを使う事ができたが野崎のクロスから野村が立て続けに放ったシュートも札幌GK金山に防がれた。

後半、札幌の攻勢で横浜は押し込まれる展開も前線のイバ、大久保の2人が踏ん張り札幌の中盤の選手の重心を前に進めさせない。そうすると札幌はサイドから放り込むだけの単調なゲームになっていく。札幌はマセードの個人での打開からシュートを放つも南が左手一本でセーブすると横浜にチャンスが訪れた。

IMG_6501.JPG

後半25分、CKのボールは札幌GK金山が飛び出しを誤り触るだけの中途半端なクリアになってしまい、それを倒れながら大久保がボレーシュートを放ちゴールに流し込んだ。金山は「やっちまえ」と言われたからそれに従ったんだよな。うん。

IMG_6443.JPG

このゲームの行方を決めたのは、後半35分。FKをフリーで都倉にヘディングを許すも、ゴールに戻りながら西河が懸命に身体を張ってクリアしてゴールを死守。最後は楠元もいれて5バックにして上原、都倉という大きな2人にとにかく仕事をさせなかった。

後半アディショナルタイムには、逆にイバが前線で身体を張り札幌・増川に警告を受けさせて最後の最後まで札幌にゲームの主導権を渡さないままアディショナルタイム4分が経過して横浜は3連勝を果たした。

IMG_6495.JPG

横浜としては好調札幌相手に一杯食わせて「やった」ゲームとなった。首位のチームがメンバーをコントロールする中での一つの負けでうろたえる事はないだろうが、降格圏を背にして戦っているチームとしては、この勝ちは大きい。降格圏まで勝ち点13、PO圏内まで勝ち点10と上の方が近くなった。
しかし、この一番フワフワしている時が一番危ない。10勝10敗7分。ただのイーブンになっただけだ。山の日に準えていうなら、ここは峠なのかあるいは五合目なのかまだわからない。私たちは山を登る。絶対登る。そこにどんな高い壁があっても。やってやる。
posted by おかき at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック