最近の記事

2016年08月15日

2016年J2第29節 東京ヴェルディ-横浜FC 「夏の体力の消耗は計画的に」

このお盆の期間にみなさんいかがお過ごしでしょうか。お盆は自分にはあまり関係なく、つい土曜日はオリンピックを早朝まで見て昼まで寝るというぐうたら生活をしてました。それが一番体力を使わないからね。エアコンの効いた部屋での自堕落な生活もたまには良いもの。

IMG_6698.JPG

さて8月に休日ができた関係で、無理やり中2日という厳しい日程をJリーグはよくも作り出してくれたものだ。寺田、小野瀬、市村、津田と主力に怪我人を抱え、野上の移籍、ハリロビッチの退団で後ろにも余裕がない中でも、容赦なく試合だけはやってくる。前節札幌に勝利したとは言え、チーム全体はかなり疲弊している。

IMG_6598.JPG

この試合でも前半は東京ヴェルディに立て続けに攻め込まれることになる。前線にボールは集まるが2列目の押し上げがままならずセカンドボールを上手く拾えず特に左サイドを攻略される。ただ、ここを野村、田所、そして西河が体を張って跳ね返せた。ヴェルディは前節もホーム開催で移動がない、チームの平均年齢も低く前半から押し込んで来たが、横浜はスライドして動くことも少なく細かくパスをつなごうとする相手を上手く分断できたのが大きい。前線から杉本が激しくプレスに来るがどこまで持つか。あるいは先にプレゼントパスをするかが一つの注目点。

IMG_6566.JPG

横浜は2トップを起点に省エネサッカーを展開。省エネというと聞こえは悪いので、効率的サッカーと言おう。大久保のヘディングのパスからイバが抜けたり、パスをつないで野崎がペナルティエリア内からシュートを放つも枠を捉えられないもどかしい展開。ただ、縦にポンと蹴って行ってこいとやるのはわずかで、野崎、野村が絡んで細いながらも連動した攻撃の意図は伝わる。

後半になり疲れの見える大久保を下げて永田を投入。高いポジションをとる安西のケアをしつつ、中央では運動量豊富な野崎がプレッシャーをかけてディフェンスラインからのパスを限定すると徐々に横浜に流れがやってくる。後半21分野村から野崎、そして裏に抜けたイバにパスが通るとシュートフェイントでディフェンダーを交わし、東京VGK鈴木が出てくる直前に虚をついてシュートを蹴り出すとコロコロとゴールに転がり横浜が先制。

IMG_6620.JPG

その後東京Vは二川、高木大を入れて追いすがるも、横浜の身体を張ったディフェンスの前にシュートはゴールを捉えられない。逆に横浜は後半アディショナルタイムに、途中出場のソンスがサイドに散らしたボールにオーバーラップしてきた永田が左足で強烈な一閃。これがゴールに突き刺さり横浜は0-2と試合を決めた。

前半開始から横浜に疲れが見えたが、積極的に攻めてくる相手をいなすことで精神的な疲労を引き出すことに成功し、イバがゴールを上げると東京Vの攻撃は雑になっていった。二川が入りお膳立ては整理できたが、決定的な部分では横浜がしっかりと守りを固めていた。この試合でいえば、藤井と永田がしっかりとサイドに蓋をしていたのが印象的。藤井は後半から入ったアラン・ピニェイロに殆ど仕事をさせず、永田は安西の攻撃参加を分断した。また、野崎とイバという2トップのシステムにも可能性を見いだせたのも大きい。

IMG_6551.JPG

中2日で疲弊した中での戦いを勝ち切れたのは大きい。東京Vのスタメンとの平均年齢が5歳近く違うと聞いた。横浜は疲れているのだ。前半から走り回るだけでは勝てない。決めるべきところで決める。守るべきところで守る。今の横浜が好調なのはそこだ。夏の体力の消耗は計画的に。
posted by おかき at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック