最近の記事

2016年09月13日

2006年Xリーグレギュラーシーズン第2節 オービックシーガルズ-明治安田Penta Oceanパイレーツ

この試合の観戦の目的は、今年シーガルズに加入したQBジェリー・ニューハイゼルを見る為だ。最近Xリーグでは外国人QBが増えている。今年も富士通のコービー・キャメロン、IBMのケビン・クラフト、相模原ライズのデビン・ガードナーらは注目の的だろう。外国人QBがXリーグのレベルを一つ上に上げたと言っても過言ではない。

IMG_8915.JPG

視野の広さ、プレーコールの引き出しの多さ、フィジカル、パス技術。どれも日本人QBの多くを凌駕しながらもNFLにもかからないのだから、アメリカのアメフトの層の厚さを目の当たりにした。
そして、今年からシーガルズも外国人QBを招聘を決断。そのジェリー・ニューハイゼルを見る良い機会と思いきや、この試合はスタイルしただけでお休み。残念。

IMG_8910.JPG

試合は、そのジェリーを休ませるだけの余裕があった。開始早々にシーガルズがタッチダウンを奪うと第1Qにも#85萩山へのタッチダウンパスが通り追加点。14-0と余裕の展開になったが、第2Qになり、明治安田の反撃に遭い、ロングパスを通されて前進を許すと最後は15ヤードのタッチダウンパスを許して14-7。#37加藤の51ヤードのタッチダウンランで突き放す。

IMG_8950.JPG

第3Qにはパントリターンタッチダウンでさらに突き放し、終盤相手の気持ちが切れた第4Qには3つのTDでシーガルズが54-7と圧勝で終わった。

IMG_8822.JPG

ポイントになったのは、第2Q残り6分でシーガルズの自陣からのオフェンスで、パーソナルファウルとアンスポーツマンライクコンダクトを一つの流れで2カ所で犯して、1stダウン獲得まで30ヤード以上になったシチュエーションがあった。しかし、そこをシーガルズはパントにする事なく、ロングゲインを果たして1stダウンを更新した。最終的には4thダウンギャンブルの失敗で無得点に終わるのだが、そこである意味勝負があった感があった。

IMG_8748.JPG

個人的には#83の小島、#84西村とWRはルーキーにタッチダウンも生まれた。RB松森は立命館で一時代を築いたRBだが、この日は独走で抜け出してタッチダウンまで後数ヤードのところで転んでしまったので減点次回の観戦の楽しみに。次戦は、強豪LIXIL。今年からレギュラーシーズンの組み合わせが変わり、どのチームも強いチームとばかりの対戦となった。その中でこの明治安田はやや下位のチームとあり、新人の起用や主力の休養などが出来たが、LIXIL、アサヒ飲料、IBMはそうはいかない。ライスボウル奪還までいつになくハードな戦いが待っている。

IMG_8795.JPG
posted by おかき at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441901857

この記事へのトラックバック