最近の記事

2016年11月01日

2016年J2第38節 レノファ山口-横浜FC 「イシン伝心」

これまで何度も見てきた光景が山口でも繰り返された。カズが試合中アップをするだけでざわつくスタジアム、彼が手を振ろうものなら試合内容そっちのけでメインスタンドのホーム側まで歓声が波打つ。後半40分、ウォームアップエリアからベンチに呼ばれ、それが交代出場を意味するとわかった時、この日一番の割れんばかりの拍手がスタジアム全体に広がる。その感情はフィールドにも伝わる。それが山口の猛攻を加速させるはずの応援を削いでいった。横浜は山口の反撃を無失点でしのぎ勝利した。

IMG_1900.JPG

前半は山口ペースだった。横浜は前線でファウルをもらいゲームをコントロール出来ないでいると、山口はショートパスをつなぎ横浜に攻め込んだ。ただ、流れが変わったのは前半17分。野村のカウンターを止めようとした山口・庄司にイエローカードが出て、ジャッジのバランスがそれまでややホームの山口寄りだったのが主審が思い返したのか修正される。
ここから横浜がボールを持てる時間が増えていった。山口の強さはオープンスペースのある時のショートカウンターに近い形の場合。ボールを奪う位置が低くなりすぎると、そこからサイドに展開しても、押し上げが遅くなるからプレスバックで挟み込める。ゴールに背を向けてボールを持つ岸田は怖くない。この試合を通じて、横浜はサイドにボールを持たせた時は余裕があった。
ただ前半16分のように岸田が前を向いて突破し、折り返しを山口・島屋にシュートを打たれたのは決定的だったが、藤井が足を伸ばして難を逃れた。

IMG_1756.JPG

その後、横浜は初めてと言えるコーナーキックからのチャンスで、一度は弾かれるものの中里がもう一度入れたボールに小野瀬がヘディングで押し込むとGK村上の手をすり抜け、詰めていたフリーのイバがつま先で押し込み昇格プレーオフの為には負けられない横浜が先制。試合は前半ここから横浜が流れをつかんだ。横浜は勝たなければならない。下にいるからこそ、狙いはシンプルで勝利しかない。それもあってかこの試合のアウェイゴール裏にも青いシャツを着たサポーターはいつもより多く感じた。

IMG_1722.JPG

その気持ちは後半も途切れなかった。後半6分佐藤が右サイドに展開すると、津田から小野瀬、小野瀬から津田、そしてリターンを割って入ってきた佐藤が受けて右足でシュートを放つ。これは山口GK村上にセーブされたが、こぼれたボールをイバが難なく蹴り込み横浜が追加点。山口のお株を奪う様なショートパスで山口を切り崩した。

ここから横浜は徹底的に守備モード。相手にボールを持たせると割り切った。疲れの見える小野瀬に代えて内田を、イバを下げて大久保を。攻撃も押し上げるよりも点で合わせる戦いを選ぶ。内田の好守におけるミスの多さはやや誤算だったが、、、

IMG_1807.JPG

セットプレーで失点する気配のない横浜は、最悪外に出せば何とでもなると思っていた。ペナルティエリアの左右のエリアで前を向かれる方が遥かに怖い。しかし、山口には余裕がなかった。よく言えば素直で正直、悪くというと読みやすい。エリアとしてずらされたシーンはあるけど、ミスマッチやギャップがあまりない印象で、混戦になればとりあえず打つけどDFの正面ばかり。それがJ2で長年戦ってきた選手と、当初旋風を巻き起こしたとは言えJ2初年度のチームとの経験値の差なのかもしれない。そういう意味で、先輩として威信の懸かった試合でもあった。

IMG_1893.JPG

ゲームはそのまま横浜が山口の反撃を許さず無失点で勝利。昇格プレーオフに僅かに可能性を残した。横浜は残り4試合で勝ち点差8以上を奪わなければ、京都や岡山の動向に関係なく残れない。勝ち続ければ何かが起こるかも知れないが、何も起こらないかも知れない。それでも、横浜は戦う。昇格したいから。会場となった維新公園では「夢」が流れていた。
「俺には夢がある 両手じゃ抱えきれない 俺には夢がある ドキドキするような」

結果はどうであれ、次も勝つ。目の前の試合を勝つ。それが今の俺の夢。以心伝心。心を以て心に伝う。ま、これを読んでる横浜のサポーターなら書かなくてもわかってるよな!
posted by おかき at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック