最近の記事

2016年11月04日

2016年J2第39節 横浜FC-モンテディオ山形 「後悔して空を見上げるならシュートを打て」

後半31分山形・佐藤に鮮やかなボレーシュートでゴールを許して同点とされた。命運尽きたと思った。勝ち続けなければならない横浜が数的有利なのに、押されたままで遂に許した同点弾。しかも、直前にカウンターで攻め込んだ寺田がシュートを打たず選んだ横パスを相手に奪われゴールを許すという。
横浜は10月の水戸戦でも時間残りわずかなところで小野瀬が抜け出すもシュートではなく、横パスを入れて味方と合わずにチャンスをフイにするシーンがあった。

IMG_2258_20161103.jpg

ゲームは序盤から山形が攻勢だった。中3日でもメンバーを変えなかった横浜はどこか動きが緩慢だった。それでもジャッジは横浜に味方し、山形・松岡が前半29分この日2枚目のイエローカードで退場すると残り約60分を数的有利に進める事ができる。横浜側から見てもやや厳しいカードだが、その4分前にも佐藤謙介のドリブルを肘を使って止めカードが出ているので、その繰り返しという事で仕方ない部分はある。
その退場があっても横浜はゲームを優位に運べない。これでゲームを一旦落ち着かせた山形は5バックの1トップでサイドのスペースを埋め、横浜は前に進めない。

IMG_2159_20161103.jpg

そんな苦境を救ったのがイバ。鋭くカーブのかかったFKを直接ねじ込んで押されていた横浜が先制した。ただここからもテンションは上がらず横浜はゲームの主導権を握れないまま追加点の気配もなく前半終了。

ハーフタイムに修正をしたはずも、後半も数的不利の山形の方が断然動きが良い。そして、それに追い打ちをかけるかのように、リードして数的有利だからか試合の流れよりも疲労や日程を見込んで小野瀬、野村を下げたところが雲行きが怪しくなっていく。野崎、寺田は守備に長けた選手ではないので、彼らを途中から入れてもサイドの攻撃に蓋をできない。野崎は前線から追い回すが逆にスペースを与え、寺田は山形の攻撃陣に振り回されるばかりで相手の両翼を抑えられない。

IMG_2244_20161103.jpg

その中で迎えた絶好のカウンターのチャンスを寺田が横パスで潰したかと思えば、そのボールを繋がれて同点弾を許してしまう。色んな判断のある中での横パスだった。イバが走り込んでいたし、3対3位の状況なら可能性は高いと踏んだのだろうというのもわかるが、なぜシュートで終わらないのだろうか。彼が負傷から復帰してもベンチに甘んじているのはそこなのだ。奪われて後悔するなら、シュートを打って終わる方が遙かに良い。

IMG_2340_20161103.jpg

その思いを体現したのが永田だった。同点で残された時間も少ないまま迎えた後半42分、右サイド津田からのクロスは誰とも合わず走り込んでいた永田の前に。それを迷わず左足を振り抜くと山形GK・山岸の左手を掠めゴールに吸い込まれていった。最悪勝ち点1でも御の字の山形の目論見を最後の最後に打ち砕く劇的な勝ち越し弾となった。

IMG_2032_20161103.jpg

長いリーグ戦の中で、引き分けでも良しと出来るゲームもある。負けてもまだ取り返せると思える時期もあった。しかし、今横浜はこの山形戦を含めて残り4試合で勝ち点差8を追いつかないといけない。もう引き分けも許されない。勝つしかない。後悔して空を見上げる位ならシュートを打て。ゴールを狙える場所に来たならゴールを狙え。

今節は京都が敗れ、岡山と町田が引き分けた為、7位に。残り3試合で6位まで勝ち点差5。奇跡を起こすには、横浜は勝って勝ち続けるしかない。一つのゴールが足りなかった、一つの勝利が足りなかった。勝ち点差1届かなかった。後で後悔したくないだろう?後悔したくないから横浜は目の前のプレーに、試合に全てを賭ける。
posted by おかき at 07:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもメインスタンドで観戦してます。
寺田の横パスはまったく同意です。ナガタクの同点ゴールがあったから、いいようなもののアレでドローだったら、切ないですよね。どうしてもっとシュート打たないのだろうか?
Posted by 大野 at 2016年11月04日 14:37
寺田は昔からシュートを本当に打たないですよね。
それでもあのシーンは打たないと話になりません。
結果的にナガタクのゴールに救われたからよかったですが、ちょっとお粗末すぎます。

Posted by おかき at 2016年11月04日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443491921

この記事へのトラックバック