最近の記事

2017年03月13日

2017年J2第3節 横浜FC-ザスパクサツ群馬 「新しい冒険は始まったばかりだ」

前半40分、このゲームのハイライト。もっと言えば、今節のハイライトに近いプレーが訪れる。佐藤のパスを野村がスルーして、左サイドを走り込んだ田所のクロスをダイレクトでイバがシュートを打つ。群馬GK清水に弾かれるものの、走り込んでいたカズが角度のないところから放ったシュートがゴールネットを揺らした。
カズが活躍するなら「ポイントに合わせるしかない」と考えていた最中、そのおあつらえ向きのシーンが登場したのだった。

IMG_6492.JPG

とはいえ、横浜にとって群馬は決して楽な相手ではなかった。群馬は、今年の開幕から0-4、1-3と大敗しており、ここに来てシステムも含めて修正が入った。阿部巧のボランチ起用もその一つで、3バックにして守備にリスクを入れながらもサイドの主導権を握りつつ、前線の3枚が絡む事を意図していたはずだ。

このやや想定外のシステムに戸惑ったのか、佐藤が輝かない。開幕の松本戦で見られたような縦パスが影を潜め、低い位置でスイッチを入れるパスは見られない。3連敗は避けたい群馬の激しいプレッシャーに中々前を向かせてもらえない。チームとして上手くいなせていなかったし、サイドから有効に組み立てる事も出来てなかった。それでもプレスをかいくぐって、ゴールの起点となるパスを出した点は今年のキャプテンとして最低限の出来だと思っている。

IMG_6565.JPG

逆につまらないパスミスで自陣深くまで戻されるシーンもあるが、これもヒヤッとする場面は少ない。序盤のクロスバーを叩いたシュートと、正面のFKをGK高丘が落とした瞬間くらいで、崩されるシーンはなかった。このゲーム、群馬をシュート3本に封じ、枠内シュート0と安定している。特に昨年ポジションを奪われた形になった田所が相手の右サイドを封じ込めている印象。

IMG_6449.JPG
こうしたややバタバタとした展開を動かしたのがカズだった。Jリーグで最年長記録となるゴールを決めて横浜が先制。後半になると横浜が優勢で、群馬は横浜陣内への侵入すら厳しい状況だった。かろうじて横浜・藤井のサイドは狙われていたが、ジョンのプレスバックが機能して、自由にさせなかった。ジョンに変わって永田を入れて、野村を右にしても彼も精力的な動きで群馬をシャットアウト。



退屈とも言える後半もアディショナルタイムが過ぎてタイムアップ。横浜は開幕から負け無しの勝ち点7で3位と好発進を決めた。

カズはもう瞬発力はないし、90分走れるスタミナもないが、ボールを点で合わせる嗅覚は衰えていない。2年前のアウェイ水戸戦のこぼれ球を押し込んだゴールと同じような形で今回も押し込んだ。50歳を超えてのゴールはまた新しい冒険だ。年齢という意味では未知の荒野を1人で進む開拓者だ。

IMG_6525.JPG

そして新しい冒険をしているのはチームも同じ。プレーオフにすら入れなかった昨年からの捲土重来を目指す。小さな課題はところどころ見えているが、新しい冒険を始めたばかりのチームには野暮な指摘にしかならない。スタートダッシュが全てではないが、この流れは悪くないはずだ。カズが狼煙を上げた。今年こそ悲願を叶えたい。
posted by おかき at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447880058

この記事へのトラックバック