最近の記事

2017年03月27日

2017年J2第5節 横浜FC-徳島ヴォルティス 「春眠暁を覚えずではサポーターは増えない」

前後半通して眠くなる。目が覚めた時もあった。FKがクロスバーを叩いたときや、徳島のゴールが2本も決まった時とか。プレーで選手の気持ちはわかりません。だから、どんなプレーの時にどんな思いだったかは、否定も肯定も出来ないが、横浜はとにかくミスが多すぎた。

IMG_7268.JPG

前半から横浜は寝ぼけているかのように、ミスを連発。イバが捌いたボールを、永田、野崎、カズがボールを失い続けたお陰で流れは徳島に。ボールを奪った直後のプレーで再び奪われると体力もメンタルも疲弊。両方の翼が機能しない中で、イバはそれでも前を向こうと奮闘していました。彼の苛立ったゼスチャーを何度見たことでしょうか。それは主審への苛立ちもありますが、大抵は彼の先でゲームを作れなかったことだろう。

IMG_7272.JPG

奪われてから直後に永田や野崎が再び奪い返しにいくわけでもなく、ポジションに戻るでもなく。特に野崎は、鉄砲玉の様な向かっていく強さ速さはあるけども、交わされるとその後の切り替えは遅く、預けて何かが生まれる可能性も低くく岐阜戦のような点でパンと合わせる感覚で勝負できるタイミング以外は正直怖さはない。考えさせたら相手の勝ち。

サイドでボールを奪われて、実質6人か7人のフィールドプレーヤーで守るのは至難の業。放り込んでくるだけの相手ならともかく、この日の徳島のようにボールを動かして、スペースを使って攻略してくる相手にそれは厳しい。バイタルエリアに入られて、そこを使われて、ギャップを作られて選手の距離をどんどん広げられる。失点したシーンよりずっと前から、そんな風に感じてました。

IMG_7298.JPG

最初のクロスからの失点は不運なものだったが、切り替えられないまま立て続けに失点。寝ていて浴びせられた冷や水を二回ももらってしまう。これでも目が覚めないのが横浜の伝統か。

後半、徳島がペースを下げたことや、津田が中央でトップ下のような動きでボールに絡み攻撃を整えたことで横浜に主導権がやってきたが、それでも時既に遅し。相手に守備を崩すまでには至らず。クロスバーが2回も横浜が目覚めるチャンスを邪魔をする。

IMG_7418.JPG

ちょっと疑問に感じたのは、プレスバックがほとんどないのは3バックの徳島相手の対策なのか、あるいは選手がしなかったのか。対策だとして、奪ったボールをすぐに奪われているのだから、奪った後の意識の修正をしないといけないはず。
サポーターが徳島を絶賛しているが、セカンドボールへの意識と佐藤、中里を前に出させないようにバイタルエリアを使っていた感じ。おかげでセカンドボールがほとんど奪えなかった。

IMG_7429.JPG

さて、これで今年は昇格がどうの、優勝がどうのという甘い夢を見ていたサポーターも現実に引き戻されたはず。昨年の開幕3連敗に比べたら良いだけで、この勝ち点は何の保証もない。横浜はに寝てても勝てる相手などいない。それが現実。
松本戦の勝利や、カズのJ最年長ゴールで今は話題だがこの試合もすでに4000人台。そういう一種のイベントで継続的に観客が来る時代ではない。話題になるなら、しっかりと勝ち続けること。そうでないなら、ファンは孟浩然(もうこうねん 春眠暁を覚えずの詩人)ではなく、もう来ねぇ。
posted by おかき at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448420629

この記事へのトラックバック