最近の記事

2017年04月22日

2017年J2第9節 横浜FC-ジェフユナイテッド千葉 「チバの閂を外したのはイバ」

今年ハイラインで鳴らす千葉。ラインを高くとり相手を狭いコンパクトなスペースの中で押さえ込み、高い位置でボールを奪ってゴールに結び付けようという策なのだろう。尤もそうしたシステムは近代的なサッカーにおいては一種ベースではあるが、センターライン付近までディフェンスラインを意図して上げるのは中々珍しい。

横浜は4-4-2で迎え撃つがこれが上手くいかない。相手の裏を取りたいからとゴールキックなどの際には両MFも最前線に並んでしまい、4-2-4の形になってしまい重いだけのシステムは機能していない。千葉の高いラインの弱点は裏のスペースだが、そこにロングボールを放り込んで下げさせようとしたが、機能しなかった。イバ、ジョンのFWに加え、野村、永田の両サイドMFも最前線に入り込んでしまい2列目から飛び出してくるオフサイドラインを破るセオリーはまるで皆無だった。

IMG_8379.JPG

ただ千葉の攻撃は、左の船山がまるでMFのような位置取りで、DFキムとの連携での突破は迫力はあったが前線に人がおらず怖さはなかった。右は町田と清武の崩しもよかったが決定的なシーンはなかった。どちらかといえば前半の最後の方は野村がきっちりとキムを抑えてここに蓋をすることで千葉は攻撃が単調になり始めていた。

後半、横浜はシステムを変更。ジョンと野村とイバで3トップに近い形を形成。この形になってゲームを動かしたのは横浜だった。後半8分、カウンターで佐藤が前を向いてボールを奪うと、裏に走りこむイバにパス。ドリブルで持ち込むと、DFのマークを2度上手く外し、ほぼフリーでシュートを放つと千葉のゴールを捉えたのだった。

IMG_8545.JPG

このゴールが横浜のゴールラッシュの幕開けとなった。その2分後にはロングスローのこぼれだまを拾った野村が左足を振りぬくと千葉GK佐藤のニアをぶち抜く豪快なゴールを決めると、その6分後には佐藤のボールを受けたジョンが千葉DFを交わすとミドルシュートを突き刺して千葉に止めを刺すと、後半24分には永田のクロスボールにダイビングヘッドで飛び込んだ野村が4点目を上げて千葉を打ち砕いた。

IMG_8514.JPG

その昔、超攻撃式を標榜するチームがあった。90分攻撃をして相手を圧倒すれば守備に4枚もいらないと2バックの2-4-4こそトレンドだと。千葉の目論見はあの日私たちが目を輝かせて信じたサッカーと似ていた。ラインを高くしてプレーゾーンをコンパクトにしてボールを高い位置で奪いゴールに近いところでゲームを支配するという意図を感じた。そして相手コートでゲームをしていれば失点は少なくなる。高い理想を掲げなければ成し遂げられない。だが、逆に高すぎる理想は重しにしかならない。横浜が本日現在ではリーグ最小失点となっている。

IMG_8559.JPG

閂は門に横木を通して堅く閉じさせるもの。そのチバの閂の横木を抜いたのはイバ。大黒柱のゴールが立ちはだかる扉に大きな穴を開けた。ただ、この1勝は大きいが、勝ち点3以上でも以下でもない。まだ、30試合以上残っている。理想はあるが、現実的に次の試合もどんな形でもよいから勝つ。
posted by おかき at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449249730

この記事へのトラックバック