最近の記事

2017年04月29日

2017年J2第10節 ロアッソ熊本-横浜FC 「悶々もん」

試合終了後選手が引き上げてくる。佐藤謙介は首を傾げている。いつもの癖なのか。イバもだ。ハットトリックを達成しながら、PKを外したことが引っかかっているのか。ただ、自分も大勝したゲームの中で悶々とした思いのままタイムアップの笛を聞いた気がする。

IMG_9093.JPG

前節で攻撃陣が爆発した3バックのシステムをそのまま採用してゲームに挑む横浜。ボールは比較的支配できているが、前節見せたような雰囲気には程遠かった。熊本・グスタボの存在だろう。彼が前を向いて鋭く仕掛けると中々止められない。試合開始当初から彼にボールが渡るとチャンスになることが多く、横浜としては気をつけておかないといけない選手だったが、前半14分にグスタボが基点となり熊本が先制する。

中盤で前を向いてボールを受けたグスタボは西河が釣り出されて薄くなったスペースに走りこんだ熊本・嶋田にスルーパス。このボールを嶋田はシュートをするが、横浜GK高丘が弾いたのだが、転がったボールは熊本・平繁の足元に。押し込むだけのゴールを決めた熊本が先制点を挙げた。

IMG_8834.JPG

失点して流れを悪くしてしまうのが横浜の悪い癖で、ここからロングボールを蹴り始めてしまうが、守備面ではグスタボ中心の守備で周りがフリーになるよりも、グスタボへのボールを遮断することでこのゲームではこのゴール以降彼が目立つシーンはほぼなくなった。

IMG_8803.JPG

逆に、横浜は前半26分右サイドのジョンのクロスを熊本GK野村が弾き出せず、足元に転がった野村が狙い済まして放ったシュートは同点ゴールとなった。同点になって横浜に勢いが出ると、ここからは横浜の一方的なゲーム展開に。前半35分にはその野村が右サイドを突破してクロスを上げると、ノーマークのイバがヘディングで流し込んで逆転すると、40分には自陣低い位置から中里がサイドチェンジすると永田に渡り、そこから野村が落として、永田が中央にいたイバに送るとダイレクトでシュートを決める。シュートレンジの広さを熊本DFは見誤っていたかのようなルーズなマークだった。

一気呵成に逆転した横浜は、後半開始早々に小宮山のクロスが熊本・植田のハンドの判定でPKを得るとキッカーはイバ。これを当然決めてハットトリック達成かと思いきや、クロスバーに弾かれてしまう。ここから横浜はバタバタし始め、リードこそあるが受身の姿勢になってしまった。

IMG_9018.JPG

それでもこの流れを断ち切ったのは、そのPKを外したイバ。右サイドを抜けたジョンからのクロスに合わせてハットトリック達成。これで1-4としてゲームの行方は決めた。そしてジョンとイバを下げてペースダウンして、増山と大久保を入れて守備をしっかり整理してカウンター志向に。

ここからが問題だった。増山はボールを何度もチームメイトに要求して、面白いようにカウンターでチャンスを作る。縦横無尽に切れ込もうとするが、彼の中途半端な判断でチャンスをつぶすどころか、シュートを打って終われない始末では苦しい。
特に後半44分、縦に一人抜け出してDF1人GK1人というシチュエーションで真っ直ぐ突っ込み手詰まりになって相手にカットされるシーンでは、本人だけでなく点差に関係なく横浜サポーターなら頭を抱えただろう。ジョホールバルで岡野が外し続けたときを髣髴とさせた。悶々としたストレスだった。

IMG_8988.JPG

ゲームはそのまま横浜が1-4で勝利。先制点を許してどうなるかと思ったが、しっかり修正してから相手のミスもあり一気に逆転勝利を飾った。とはいえ、反省点も多い。首位だとしても勝ち点で3チーム並んでいるし、まだ10試合の話。全試合終わった時にどこにいるか。その時に、悶々としたところにいないように背中を押していきたい。
posted by おかき at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック