最近の記事

2017年05月04日

2017年J2第11節 横浜FC-愛媛FC 「いよいよではない、まだまだだ」

結果的に3試合連続4ゴールという横浜にとって記録的なゲームになったのだが、先制点を奪うまでは正直どちらに転んでもおかしくない試合でもあった。横浜は優勢にゲームを進めていたが決め手を欠き、いつもの愛媛戦の様相を呈していた。
前線のイバからのボールをコントロールさせてもらえない。ジョンと野村が前を向いてプレーする時間帯が少ない。愛媛の中盤は、横浜の生命線の一つであるイバとジョン、野村のラインを分断しようとしていた。
逆に横浜は、愛媛の攻撃をほぼ完ぺきに抑え込み、前半決定的と思えたのは、愛媛・河原に裏に飛び出された時くらいで、ハイボールはヨンアピンが跳ね返し続けた。

IMG_9293.JPG

前半18分に迎えたコーナーキック。中里が蹴ったボールをヘディングで合わせると、愛媛のDFとGKパクの背中に当たってゴールに吸い込まれていった。流れとは不思議なもので、この不格好なゴールでもゴールはゴール。ここから横浜の攻撃を愛媛は捕まえられなくなっていく。
前半38分、左から佐藤の上げたクロスを、イバは左足でトラップして浮かせると胸でトラップしてコントロールするとそのままノートラップで放ったシュートは愛媛ゴールに突き刺さる。愛媛もDFが2人ついていたが、個の力に屈するしかなかった。

IMG_9362.JPG

ハーフタイムにもう一度立ち上がろうとした愛媛に襲い掛かる横浜は、永田がクロスボールの跳ね返りに合わせてミドルシュートを打つと愛媛DFに当たったボールは、大きな弧を描いてこれも愛媛ゴールに吸い込まれた。このゴールが決定的に愛媛の心を折った。

IMG_9427.JPG

それでも3点差がついてペースを落とした横浜は前線の運動量が落ち、守備は受け身になって愛媛の前線からのプレッシャーで何度もボールを奪われてしまう。それでも多くはクオリティの低いパスやシュートで難を逃れ、至近距離からのシュートはGK高丘の好セーブで失点を許さなかった。

IMG_9312.JPG

後半39分には交代で出場した大久保が今シーズン初ゴールを挙げて横浜は4点差として、3試合連続4得点という早々お目にかかれない記録を達成してゲームはそのまま横浜が勝利した。
首位堅持とはいえ、上位にいる東京Vとも湘南とも、そして降格組の名古屋とも横浜は対戦していない。プレーの切り替えが早く、プレーの質が高い、運動量も豊富なチームと戦った時どこまで戦えるか。
この試合も、西河や永田のゴールはラッキーな面があった。運も実力のうちととらえるか、薄氷の勝利ととらえるか。次の東京V戦こそ横浜の位置を図る試金石となると私は考えている。

IMG_9542.JPG

いよいよは、伊予の愛媛との試合だけのこと。止まない雨がないのなら、この星では沈まぬ太陽もない。まだまだ他より少しだけ前を走っているだけなのかも知れない。だから目の前の道を信じて横浜は歩き続ける。
posted by おかき at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449573483

この記事へのトラックバック