最近の記事

2017年05月28日

2017年J2第16節 横浜FC-名古屋グランパス 「次は中里の番だ」

佐藤謙介をレッドカードで失った後、キャプテンマークを巻いたのは中里だった。10人で1点を追いかける展開。ゴールほぼ正面でのFKを得る。イバも既に退いており、同点への期待は彼の左足に寄せられた。左足で放たれたシュートは、ゴール右隅を突いたが名古屋GK・楢崎が鋭いセーブでゴールを死守。横浜は最後とも言えるチャンスで決めることが出来ずに1-2と敗戦を迎えた。

IMG_0791.JPG

横浜は想定どおりというべきか、前線のイバを中心にボールをコントロール。彼が受けたファウルをそのまま前半8分直接FKをねじ込み横浜が先制点を挙げる。名古屋は田口、和泉を中心に横浜ゴールに迫るが、前半はそのボールが中々かみ合わないまま名古屋の攻撃という攻撃には迫力を感じないまま時間が過ぎていく。
それでも、前半から再三攻撃されているのは横浜の右サイド。野崎は守備が軽く、新井はまだディレイがやっとで奪い取るところまで出来ていない。とはいえ、藤井、野村、さらには永田も怪我でサイドの選手が薄いのは仕方ない。野崎の守備は軽いが運動量で何とかそれでも補っていたが、プレスバック出来ないのは苦しい。

IMG_0506.JPG

逆に横浜は、そういう名古屋を尻目に追加点といきたいが、ゴールを決めたFK以外でさしたる決定機を生み出すことが出来ない。この最大の要因は永田の離脱にある。彼はプレスバックも出来る、流れてきたFWを追い越すことも出来るから攻守にかなり融通が利いたのだが、彼がいないと3トップもしくは2トップをサポートできる選手がいなくなる。3トップが強調されがちだが、実はそれを支えていたのはこの左サイドの永田だった。徳島戦でも後半3トップを試しているが、全く機能しなかったのは永田が個人的なミスでボールロストを繰り返していたからだ。
この試合システムを2トップにして、前を津田にしたが結局ボールの出所はイバかロングボールでしかなく、単発のリズムの組み立てではどのチームもそう簡単にゴールを割らせてくるはずもない。

IMG_0635.JPG

後半、名古屋は内田を下げて杉本を入れて前に向かっていく姿勢を明確にした。横浜は逆にそれを受けてしまった。前線ではイバが奮闘するも、シーンの多くはそこに至る前にボールを奪われては攻撃を受け止めるばかり。後半10分、名古屋は横浜のハンドで得たPKを決めて同点に。横浜はジョンを入れて攻撃のポイントを2つにして攻撃をもう少し組み立てたかったが、そうはならない。
右サイドからカットインしてきた相手を右サイドバックが見るのか、ボランチが見るのかこれは讃岐戦でもあったのだが修正されていない。相手のミスで救われていたに過ぎなかった。名古屋相手にはしっかり突かれてしまい、挙句PKを献上して失点。逆転を許してしまった。

IMG_0762.JPG

横浜は最後大久保をイバに代えて投入して、点でゴールを狙いにいったが最後までゴールは遠く同点に追いつくことは出来ず敗戦を迎え連敗を喫した。終盤にはキャプテン佐藤をレッドカードで退場となり次節出場停止。攻撃の形も満足に作れない状態で、控えの選手層も決して厚くなく同じような選手を投入するしかないチーム事情で次の試合も難しいゲームになる。

IMG_0690.JPG

ただ、ここまでイバだ、佐藤だ、野村だ、ジョンだと攻撃の選手は何度も光を浴びてきた。中里は決して華やかな数字は残していないが、黒子のようにボールを奪い、正確な左足でボールをつなぎ続けてきた。今シーズンからはロングスローも覚えた。FKではイバ、野村に譲ってきた。最後のFKでゴールを決めていればきっとヒーローだっただろう。それでも、昨年佐藤が寺田の負傷欠場でタクトを振るい覚醒したように、今度は彼が覚醒する番だ。彼の成長なくして横浜の進化はない。
posted by おかき at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック