最近の記事

2017年08月27日

2017年J2第30節 名古屋グランパス-横浜FC「潮目」

後半8分の名古屋・田口の退場劇がゲームをここまではっきりと変えてしまうとは。11対11でもゲームを優位に進め前半を終えて2-1で名古屋は優勢だった。無論、横浜としても名古屋にボールを支配されることは折込済で、ボールポゼッションには興味はなかった。鍵となったのは、ここまで5試合連続ゴールを挙げている青木と、とにかく凄いゴールとアシスト数を叩き出しているガブリエル・シャビエルがどれだけ前を向いてプレーしているか。そういった部分では、横浜は要所を押さえて守り、PKとCKからの失点以外はこれといった決定機は与えていたとは思えない。

IMG_3875.JPG

反面、横浜も前半9分のジョンのゴール以外はチャンスは少ない。それでもレアンドロ・ドミンゲスも前を向くチャンスもあるし、野村も元気だが名古屋陣内深くまで持ち上がれない。横浜の左サイドと名古屋の右サイドの戦いでもあった。

後半も厳しい展開が続くはずだったが、田口のこの日2枚目のカードは横浜にゲームを傾けた。それにしても軽率だった。前半でレアンドロ・ドミンゲスにタックルしにしった様に横からのタックル、2枚のイエローカードの直前にはファウルを受けた側とは言え、主審になだめられてもイバに文句を言い続けて心証を害していた様にも思う。そして、タックルを受けた野村ももらい方の上手さ。

IMG_3951.JPG

そこまで2-1でリードを許していた横浜に一気に火がついた。名古屋は5バックの様なシステムで抗するが、横浜のサイドが活性化してしまうだけだった。田口の退場から4分後、中里のロングスローのこぼれ球に、野村のボレーシュートがGK楢崎の手を掠めゴールに突き刺さると、横浜の旗印は勝利に変わった。
そこからはほぼ一方的な展開だった。中盤でボールを拾い横浜はレアンドロ・ドミンゲスが躍動。数的有利も手伝ってゲームをコントロールに出た。

IMG_3976.JPG

名古屋もフェリペガルシアを投入。前線で機動力のある選手でショートパスと連動性で勝負に出たが、横浜の守備がそれを許さない。逆に後半27分に投入された大久保がその5分後結果を出す。
野村のスルーパスに飛び出すイバ。彼がアウトサイドで上げたロビングのこぼれ球に待っていたのは大久保。左足を一閃すると豪快にゴールに突き刺さった。

IMG_4012.JPG

アディショナルタイム5分が経過して横浜は逆転勝利を挙げた。田口の退場がなければ厳しい結果を迎えていたはずだが、数的有利を生かしてしっかりと逆転したことは結果。数的有利なので中田監督もレアンドロ・ドミンゲスを下げる必要もなかったし、イバ、大久保の2トップは名古屋守備陣を自陣に釘付けにできた。
そういう意味で数的有利でなければ、まともに戦えていないのは現実ではあるが、この試合11対11でも崩された失点はなかった。名古屋に佐藤も玉田もいなかったのが幸いした。

IMG_3963.JPG

劇的な逆転勝利を挙げた横浜。名古屋相手に逆転勝利は潮目になるか。いや、潮目にする。もう残り12試合。暫定5位でもひとつ負けるとプレーオフ圏外にまで去る可能性のある厳しい戦いは終わっていない。上位はなかなか負けない。勝ってこの戦いに終止符を打つ。
posted by おかき at 03:12| Comment(2) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も豊田に行きました。
前半の審判のジャッジには疑問を感じました。
田口の得点時にはハンドがあったように見えましたが。。。
田口の退場によって流れは変わりましたがそれをちゃんと
勝ち点3にできたのは本当によかった。
J1で優勝した年の日立柏での引き分け試合の時と同じくらい
高揚して帰宅しました。
明日もそのような感じで平塚から帰りたいですね。
Posted by こうおや at 2017年09月02日 01:35
平塚では、勝ちきれなかったですが、勝ち点1をアディショナルタイムに拾いました。
上位とのアウェイゲームで勝ち点4は上々です。
しかし、これでは上位との差は詰まりません。
逃げさせなかったとみるか、追いつけなかったとみるか。
上位同士で潰し合いのある次節が鍵になりますね。
Posted by おかき at 2017年09月03日 03:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]