最近の記事

2017年09月10日

2017年J2第32節 横浜FC-ツエーゲン金沢「持たせるのはボールと期待」

「やってみなはれ」とは某飲料メーカーの精神を端的に表現した言葉であるが、横浜もこの試合では前半から金沢にやってみはなれとばかりにボールを相手に持たせて金沢の攻撃を封じにかかった。金沢の攻撃は、中美と宮崎がどれだけ前を向いてゲームできるかにかかっている。金沢の前線は佐藤と杉浦と特別大柄ではないので、ロングボールを蹴ってくるなら跳ね返せると踏んでいる。無論、金沢の柳下監督がそれを最初から考えているとは思っていないが。

IMG_4430.JPG

横浜は、相手のディフェンスラインとボランチを牽制してここで簡単にボールを通させない。すると金沢はボールも人も動かなくなる。ロングボールは蹴りたくないが、パスを繋げない。ゾーンはあっても、餌を巻いているとわかるから金沢DFは出しどころに困る。金沢・沼田は唯一何度も縦に行こうとして、中美を押し上げることで全体を押し上げる意図があったと感じたが周りとの呼吸があってなかった。金沢のカウンター崩れからの高い位置で中美、宮崎が崩しに来る方が怖かった。

IMG_4519.JPG

横浜は攻撃に転じた時に構えていた分、前半は後ろで奪ってからだと前線が遠く、イバが金沢に上手く抑えられていたこともあり、中々よいフィニッシュを迎えることができていなかった。よいフィニッシュを迎えられないと、組み立ても雑になる。右サイドはジョンも藤井も孤立して、ここからゲームメイクはほとんど出来ていなかった。前半終えて0-0。ホーム側はほぼ満員のスタジアムだが、ゲーム内容は低調。

後半、横浜は前半と変わって丁寧につなぐよりも、ある程度ラフに蹴っていく中で押し込んでいくのと、謙介を少し前に出してさらに攻撃に絡ませる。前線との距離感を修正して、自分たちのストロングポイントを前面に出すと金沢は重心が下がり前線の攻撃をはより淡泊になった。
後半25分ようやくゲームが動いた。右サイドのパス交換から、レアンドロ・ドミンゲスが中に入り込むのを見て小宮山が上げたピンポイントクロスがピッタリヒット。金沢ゴールをぶち抜いた。これで2試合で3ゴールの覚醒。

IMG_4556.JPG

さらにセットプレーが弱いというデータの通り、レアンドロドミンゲスは何度も西河に合わせる。それを凌ぐ金沢だったがついに4本目で横浜がその門をこじ開けた。ほぼフリーになった西河のヘディングシュートが金沢ゴールを捉えて追加点。これでゲームの趨勢は決まった。2-0で横浜が金沢を振り切った。

IMG_4628.JPG

持たせるのは期待だけでよい。相手にボールを持たせても全体的に低くなってしまうだけ。カウンター崩れを守ろうとするとバタバタしてしまった。後半相手を待つのでなく、網にかけて誘いにいって流れを止められたし、攻撃も正直にならず長短のパスを使って食いつかせて叩いてよくなった。

IMG_4597.JPG

横浜はまだ死んでいない。福岡の足が止まった。名古屋がリズムを乱し始めた。自動昇格圏内まで勝ち点差5、3位まで勝ち点差1。THE SKY IS the LIMITとは金沢が掲げた弾幕の言葉だが、この言葉を借りるならこの不死鳥が飛ぶ空には無限の可能性が広がっている。残り10試合。下を向いてなんていられない。見るのは上だけだ。
posted by おかき at 14:47| Comment(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]