最近の記事

2017年11月20日

2017年J2第42節 ジェフユナイテッド千葉-横浜FC「進化なくして昇格なし」

10位でシーズン終了。これが現実である。昨年は8位。順位の上では昨年を下回っているが、勝ち点も勝利数も得点数も失点数も昨年を上回っている。一時期は首位に立つことができた。それでも自動昇格どころか昇格プレーオフに進めない現実を受け止めなければならない。千葉の勝利を見届けながらそう感じていた。


前節と同じスタメンでゲームに臨む。試合開始から1分。ロングボールに飛び出したジョンが千葉・キムからボールを奪取すると、入れたグラウンダーのクロスを千葉・溝渕が触ってオウンゴールに。横浜が難なく先制した。前節で昇格の可能性がなくなった横浜と、勝利して松本が引き分け以下だと東京V-徳島のどちらかが勝利すれば昇格プレーオフに滑り込める千葉。


千葉は勝ちたい、勝たなければならない。千葉は攻勢に出る。受け身になる横浜。両サイドバックは前節からの急造若手2人で、千葉はここを集中的に攻めてくる。本来右サイドバックの新井と、本来ボランチの石井は対面の相手のスペースをケアをするので精一杯。高いラインを敷いて大きなサイドチェンジに千葉・町田、ラリベイが絡み千葉の攻撃を中々食い止められない。サイドのジョンと野村を左右交代させてからやや静まったかに見えた千葉の攻撃も、サイドを町田に突破されてしまう。ここで、クロスを選択せず右アウトサイドで乗せる様に放った町田のシュートは、GK高丘がクロスを想定して開けていたニアサイドを破る。不意を衝かれた高丘の反応が遅れゴールを割られてしまう。

猛攻を凌いでは、跳ね返し #yokohamafc #横浜fc #j2 #jleague #jef #フクダ電子アリーナ #jefunited

okakiさん(@okaki1104)がシェアした投稿 -



それでも、粘り強く横浜は守り続けた。サイドバックが機能しないので、サイドからの押し上げは出来ない。イバがこの試合、中々ボールを収めることが出来ず相手の攻撃を跳ね返すのがやっとの状態。これは後半も同じ。
千葉は、矢田、清武、指宿と攻撃に厚みを持たせて逆転の1点を奪いにくる。横浜は、石井を諦めて田所を左サイドバックに入れて、新井を右に。これでサイドからのクロスは落ち着かせたが、厚みを増した中央突破でピンチを迎える。後半29分にはカズを入れてジョンを右サイドバックにして5バック気味で厚みを持たせたが、如何せん横浜が自分たちで前線の厚みを失ってしまった。


ただ、相手のミスもありそれを跳ね返していたが、後半アディショナルタイムが2分過ぎた千葉のCKを千葉・近藤に叩き込まれて痛恨の失点。試合後には、東京V勝利を告げるアナウンスがあり千葉が昇格プレーオフに進出することになった。

この試合の失点も前節と同じ後半アディショナルタイム2分。終盤急激に下降線を辿ったチームを象徴するゲームとなってしまった。勝ってプレーオフに行きたいチームとそうでないチームの差かも知れないが、それをいうと前節は何をやっていたのかとなる。前節の反省がない。
そういう意味でバタバタしている展開をキッチリ終わらせる選手や采配がなかったのが今年の横浜だった。それはタヴァレス監督になってからも同じ。采配の遅さや方向性の不透明さも残る。諦めが悪いのはベースで、その上でどう戦えるのか。諦めの悪さなんかは本来自慢するような話ではない。諦めが悪いのに、終盤の失点は相手の方が諦めが悪いことになる。


諦めが悪いというのは自分がよくない環境にいる場合にいう言葉であって、良い位置に言うには適切ではないと思う。横浜のサポーターの伝統として、苦しいゲームを耐え抜くとか凌ぎきるは苦手。そういう時にどういう手段や表現で力を伝えていくのか。

昨年よりよかったという人がいる。それは昨年がベースにあるから。でも、昇格する基準からみると結果的には達してなかった。前向きに言うなら、今年の経験をどう来年に伝えていけるか。離れていった自分の周りのサポーターだった人は弱いからではなく「進化しない」と口を揃える。
今年クラブは、ほかのクラブなら既にやってそうなことではあるがやっと集客に着手したし、サポーターもチームの調子がよかったこともありアウェイでも人がいつもより多かった。得点王になったイバに残ってほしいと気持ちを伝えにきた方もいたと思う。まだまだ他のクラブに比べて質量とも話にならないレベルかもしれないが、今年だけの盛り上がりではなく今年にプラスアルファで各々ができるようにならないといけない。


そういう意味で、千葉・近藤のゴールは横浜とのサポーターの差を見たような気がする。重要な試合で勝つんだ、勝ちたいんだを表現したし、何度もプレーオフに進出しては苦杯を味わっている経験が彼らを鍛えたと言える。強くなったと言ってもプレーオフにすら進めていない横浜はまだそこに入るまでの課題を突き付けられた。だから、来年進化しないといけないし、進化の余地は残っている。
posted by おかき at 22:57| Comment(2) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年一年、観戦記を楽しく読ませていただきました
また来季も楽しみにしています

チームが、クラブが変わるためにはサポーターも変わらないとですね
来年の編成はまだ全く見えませんが、今年から一つでも二つでも積み重ねがあるようなことを期待したいです

あと、田園都市線は遅延しすぎですw
Posted by tsu2t at 2017年11月21日 02:00
ありがとうございます。

サポーターの人数も増えるとそれだけ喜びを共有する仲間が増えるんです。
勝って自分だけが喜ぶのではなく、みんなで喜ぶ。みんなを増やしていく。
それが実は大きな一歩になったりすると思います。


田園都市線はもうあきらめてます。。。w
Posted by おかき at 2017年11月24日 02:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]